2018年に放送されたNHK朝の連続ドラマ「半分、青い。」。

片耳を失調したヒロイン・鈴愛(すずめ)が家族や幼なじみに支えられながら漫画家になるという夢を追いかけ奮闘する姿を描いています。

ヒロインには永野芽郁さん、幼なじみの律には佐藤健さんの若手実力派俳優が出演。さらに松雪泰子さん、滝藤賢一さん、小西真奈美さん、中村倫也さん、間宮祥太朗さんら豪華俳優陣が脇を固めました。

平均視聴率も21%を超え、朝ドラとしては好成績!

しかし、ドラマ放送直後には、視聴者が「#半分青い。反省会」「#半分白目」「#半分ホラー」など批判的なハッシュタグがつけられ、Twitter上で、ストーリー、セリフに関しての批判感想や討論が連日繰り広げられていました。

そんなにひどかったのでしょうか?

そこで今回は「半分、青い。はつまらないしひどい?最終回がひどいやさやすずめが嫌いの声も」と題して、リサーチしていきます。

※ネタバレも含みますので、ご注意ください!

 

「半分、青い。」を無料視聴する方法や、詳しいあらすじやキャストとについてはこちらの記事をどうぞ↓↓

半分、青い。はつまらないしひどい?※ネタバレ注意

この投稿をInstagramで見る

 

さおり(@a_sao_takeru)がシェアした投稿

では、「半分、青い。」のつまらないし、ひどいというTwitter上の声をご紹介し、その理由を考察していきます。※ネタバレ注意です。

脚本がつまらないし、ひどい

一番多かったものが脚本がひどいしつまらないという声です。

脚本を担当した北川悦吏子さんですが、かつてはトレンディドラマの女王という異名をもち、「ロングバケーション」「オレンジデイズ」などヒット作品を数々手掛けてきました。

期待値は高かったのですが、「半分、青い。」の脚本は酷評されています。

脚本どんな酷評?
  • 話の展開が早すぎる
  • 主人公に感情移入ができない
  • ストーリーが雑すぎる
  • 恋愛要素が強すぎる
  • 伏線回収しなさすぎる
  • 歌を歌いすぎる

主人公・すずめがドラマ冒頭では漫画家を目指していたのに、挫折。結婚し、出産するけど、離婚。仕事もコロコロ変えたり、言ってることもやってることも唐突。最終的に「いったいなにがしたかったの?」となってしまいます。さらには、幼馴染・律(佐藤健)の初めての彼女に「律を返せ!」と暴言を吐くなど理解不能なヒロインでした。

こんな感情移入もできなさそうなヒロインを生み出してしまった脚本はひどいですね…。

また、話の展開が早すぎるし、急に歌を歌いだす謎の演出があったりで、毎日見ていても「何話か見逃したかな?」、「こんなこといつ起きてた?」など視聴者がついていけない、理解できないという流れになっていたようです。

この急展開ぶりだと伏線回収も無理です。25年前くらいのトレンディドラマなら良かったかもしれませんが、しかも朝ドラなので、丁寧に描いて欲しいと期待していた視聴者の方には、トンデモ(ない)脚本という評価になったようです。

脚本家自身がネタバレ?

また、北川さん自身がTwitter上にネタバレをする投稿が目立ち、これも批判に繋がりました。

「スズメと律は恋にならない…」など、視聴者が結末を楽しみにしていることをまだ放送前の段階でツイート。

さらに、番組放送前には「神回です!」などとツイートを繰り返しており、安易に何度もアピールされることにげんなりした方も多いようです。

たしかに、楽しみにしているドラマのネタバレをされたら辛いですね。

登場人物が死にすぎてつまらないし、ひどい

つぎに、登場人物が死にすぎて、ひどいしつまらないという声がありました。

第4話でいきなりの鈴愛の祖母・廉子(風吹ジュン)の死。亡くなる描写はなくナレーションのみで死を伝えるという“ナレ死”。

次に、第118話で祖父の仙吉(中村雅俊)が縁側のようなところで眠るように突然、死亡。(さっきまでしゃべってたよ?)

さらには、第125話で鈴愛の幼馴染の律(佐藤健)の母・和子(原田知世)が重病にかかっておりいつの間にか死亡。

設定が戦時中ならわかりますが、「半分、青い。」の時代設定は1970年代〜現代なのに、これはちょっと亡くなり過ぎですね。

できることなら、そんな辛いシーンは見たくないですよね。

震災の扱いに批判炎上

第150話ですずめの親友・裕子(清野菜名)が東日本大震災に巻き込まれて死亡。これには「震災の扱い方が強引で軽々しすぎ」という批難の声も上がっています。

同じ朝ドラの「あまちゃん」は、舞台が東北で、時代設定的にも震災を描かなければならないけれど、「半分、青い。」に関しては、描く必要性も感じなかったし、しかも、幼馴染を死亡させてしまうという流れは、震災をお涙頂戴の単なるアイテムとしか思ってないように視聴者の方は感じたようです。

こんなふうに扱われるなんて、実際に震災を経験した方には耐えがたいことですね。

半分、青い。は最終回がひどい?※ネタバレ注意

ひどいと炎上もした「半分、青い。」ですが、最終回は一体どんな感想を皆さん持ったのしょうか?Twitter上の声をご紹介していきます。※ネタバレ注意

何も解決してない、ひどい最終回だった

伏線をはりまくったと思ったら、何も解決していなかったという声がありました。

一番の回収されなかった伏線は、漫画家を目指していたはずなのに、すずめは最後は会社を設立し、律ともに扇風機の開発に取り組んだことです。

「なんだこの流れは…」「漫画家として成功してほしかった」とちょっと消化不良に。

何かを最後に成し遂げたのはいいのですが、ここに至るまでの鈴愛は、やることがコロコロ変わっていた(100均一でバイトしたり)ので、結局、何が言いたいドラマなのかわからなかったという感想もありました。

個人的に印象に残っていたシーンに、すずめが秋風先生に弟子入りしたとき「漫画家に耳が聴こえないのは、関係ない!」と言われて、すずめが感激するという流れがありました。このまま、ハンディキャップを超えて漫画家になる!というストーリーが続くかとおもっていたら、まさかのあっさりドロップアウト。

できたら、すずめには、めげずに漫画家になって終わってほしかったですね。

結局、恋愛ドラマなのね…というひどい最終回だった

最終回まで、くっつくのかどうなのかわからない、すずめと律でしたが、最終的には結ばれました。

ハッピーエンドなので、喜ぶべきことですが、2人はすでに40代のバツイチ子持ち同士。一旦はそれぞれ違う相手を選んだんですよね。しかも、すずめは律への当てつけで結婚したようなものですし…。

夢にむかって努力し、挫折しながらも夢を叶えるという朝ドラの王道な展開もなく、最終的には恋愛だけは成就するのか…とくっついたけれど、なぜか腑に落ちない「いったい今まで何を見せられていたんだ」と感じてしまうひどい最終回だったようです。

半分、青い。さやすずめが嫌いの声※ネタバレ注意

つぎに、律(佐藤健)を取り合って、すずめ(永野芽郁)と律の恋人・さや(古畑星夏)が女の戦いを繰り広げるのですが、これに関してさやすずめが嫌いになったという声が上がりました。

では、以下で、どんな理由でさやすずめが嫌われたのかを考察していきます。

※ネタバレ注意

さやとすずめ 修羅場のながれ
7月7日の誕生日が同じすずめとりつ。
秋風先生(豊川悦司)がパーティーを開いてくれることになり、裕子(清野菜名)とすずめはりつをアパートに呼びに行きます。
そこで、いつものようにすずめは笛で律を呼び出します。
しかし、窓から顔を出したのはさや。
さや:「ひとの恋人笛で呼ぶのやめてくんない?」
「律に私の知らない過去があるのが、嫌なんだよね。それが過去でも」
と言い放ちます。
そして、2人は律とすずめの思い出の梟会(ふくろうかい)の写真を引っ張り合います。
さや:「消えろよ」

と怒鳴りあっているとき、破れた写真を見て、

さや:「オウンゴールだね…」と高笑い。

すずめ:「律を返せ!律は私のものだ!」

と、言ってはいけないことを言い、食って掛かりました。

お互いに自己中だから嫌いという声

このシーンには、視聴者もドン引きしたのではないかと思います。

「オウンゴールだね」というセリフが「さや怖い」「性格最低」「表情が鬼だった」など、さやの嫉妬からの豹変ぶりが怖くてそこから嫌いになったという声が多数あがっていました。

また、すずめも「律を返せ!」という図々しい主張をするのもおかしいという声もありました。彼女であるさやにすずめが「返せ」と迫るのはおかしな話です。

他には、どちらかというと、さや寄りの意見もでています。

たしかに、自分の彼氏にこんなヤバそうな(笛で呼ぶような)幼なじみがいたら気が気じゃないです。ちょっと嫉妬でおかしくなりそうですよね。

しかし、結局は、さやもすずめも、どっちも自己中心的で嫌われてしまったと考察しました。

半分、青い。への好意的な声

かなり酷評されている「半分、青い。」ですが、中には、好意的な感想をもった方もいます。そのTwitter上の声をご紹介します。

ひどいと言われすぎて逆に気になった

ひどい脚本だが、俳優の演技は良かった

朝ドラっぽくないところが逆に良かった

皆さん、脚本はひどいと言いつつも

  • 「展開が気になって仕方なかった」
  • 「役者はとてもよかった」
  • 「朝ドラっぽくないところがよかった」

という好意的な感想が上がっています。

こんな酷評されているのに、見たくなるという、ほんとに不思議なドラマだなと感じました。

役者さんに関しては、ここまでひどい脚本を丁寧に演じる演技力は確かなもので、ヒロインの永野芽郁さんは、すずめのイメージがついてしまうのはかわいそうという声がありました。

また、個人的には、アパートの隣人で中村倫也さんがふわふわ系男子で登場したことがよかったです。彼の今のイメージって、このドラマがきっかけだったのではないでしょうか。

さらに、さわやかで応援したくなるヒロインがでてきて…という要素がまったくない「半分、青い。」ですが、そこがあえてよかったという声もあり、作品としてはよかったけれど、朝ドラという枠にはめると疑問に思ってしまう方のほうが多かったのでしょうね。

 

ちょっと気になってきたという方に、「半分、青い。」を無料視聴できる方法を次でお知らせします!

半分、青い。を無料視聴できる方法

「半分、青い。」を無料視聴できる方法を2つご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVで無料視聴できる方法

方法の一つめは、TSUTAYAディスカス/TVを利用すること!

TSUTAYAのセットプラン

TSUTAYAディスカス/TVは、

動画配信サービス(TSUTAYA TV)
宅配レンタル(TSUTAYAディスカス)

の2つがセットになったサービス。

「半分、青い。」はTSUTAYAディスカス(宅配レンタルDVD)を利用して無料で見ることができます。

半分、青い。TSUTAYA

永野芽郁さんの出演作品もあります!

永野芽郁 出演作品
永野芽郁TSUTAYAひるなかの流星、俺物語!!、帝一の國 …など

佐藤健さんの出演作品もあります!

佐藤健 出演作品
佐藤健TSUTAYApng
るろうに剣心シリーズ、いぬやしき、亜人 …など

月額2,659円だけど、30日の無料期間中に見れば、実質0円!!

この機会にお気軽に試してみるのもいいね☆

>>TSUTAYAディスカス/TVを詳しく見る

FODプレミアムで無料視聴できる方法

2つ目は、FODプレミアムを利用すること!

FODプレミアム無料登録

FODプレミアムはフジテレビ系のコンテンツに強い動画配信サービス。

「半分、青い。」はFODプレミアムで全話無料で見ることができます。

fod 青い

永野芽郁 出演作品

fod 永野

サマー・ストーカーズ・ブルース、いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう、僕たちがやりました、ミックス…など

佐藤健 出演作品
佐藤健FODpng
ビターブラット、メイちゃんの執事、亜人、いぬやしき…など
2週間の無料トライアル実施中
毎月最大1,300円分のポイントがもらえる

この機会にお気軽に試してみるのもいいね☆

 >>FODプレミアムを詳しく見る

 

 

無料視聴できる方法をもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください↓↓

まとめ

ここまで、「半分、青い。はつまらないしひどい?最終回がひどいやさやすずめが嫌いの声も」と題して、リサーチしてきましたがいかがだったでしょうか?

賛否両論というより、酷評する方のほうが多い印象です。

しかし、視聴率21%を記録したということもあり、嫌いなのに見てしまう、なにか惹きつけられてしまうそんなドラマなのかもしれません。

この機会に、「半分、青い。」をご覧になったことがない方は、どんなところがひどいのかなど、あえて見てみるのも面白そうですね!

ぜひ、TSUTAYAディスカス/TVFODプレミアムをお気軽に利用してくださいね!

 

また、詳しい無料視聴の方や、あらすじやキャストの情報が知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください!↓↓