今期注目のドラマ「イチケイのカラス」

竹野内豊さんの11年ぶりの月9ドラマというだけあって、イケおじぶりに最高!といった声がありますよね。

そんなドラマ「イチケイのカラス」でもうひとつ話題になっているのが、女優の臼田あさ美さんが登場するとの情報です!

あまりにも少ないシーンだったようで、ラストのテロップで名前が出てきたとき、どの場面に出てきた??と声があがっています。

そこで、「イチケイのカラス臼田あさ美はいつどこで出てた?シーンや何役かについても」と題し、リサーチしてみます。

\無料で「イチケイのカラス」を見る/
無料期間中の解約で、0円。

イチケイのカラス臼田あさ美はいつどこで出てた?シーンや何役かについても

1話の冒頭、竹野内豊さん演じる入間みちおの11年前の弁護士時代のフラッシュバックのシーンに臼田あさ美さんは出演していました。

もやがかかり、ハッキリと顔は映らなかったようですが、臼田あさ美さんと窪塚俊介さんが出演。

臼田あさ美さんと思われる人物は、白いトレーナー風の衣装を着た女性です。

「私は無実です。」というメモを残して窪塚俊介さんと思われる被告人が獄中死(病死か自殺?)します。

その亡くなった男性を前に号泣する女性が臼田あさ美さん。

このシーンは開始1分以内ですので、あっという間に終わったことになりますね。

そのシーンだけでしたので、役名などはあけされずに終わってしまっちゃいました。

まとめると、イチケイのカラス臼田あさ美は1話の最初の開始1分ごろの回想シーンで泣きじゃくる女性を演じていました。

無念の死を遂げた窪塚俊介さん演じる男性の奥さんもしくは恋人という役柄なのかと予想しましたが、結局、何の役かなど詳細は語られていませんでした。

しかし、みちおが弁護士バッチを外し辞める事を決意したシーンに登場しているので相当重要なキャラクターなのかなと個人的には思いました。

今後のストーリー展開に目が離せませんね。

イチケイのカラス臼田あさ美は原作と違う?


続いて、臼田あさ美さん登場する回想シーンと原作についてリサーチしてみます。

「イチケイのカラス」の原作は「モーニング」で連載された浅見理都さんの同名漫画です。

その原作に「救えなかった人」という章があります。

原作内容

当時のみちおは、法律事務所所属の有望株の若手刑事弁護人として、専門誌からクローズアップされるほどの熱心な弁護士。

冤罪に対し、一生立ち向かう覚悟を持った正義感の強いみちおでしたが、心底絶望させた冤罪事件を経験します。

タクシーとバイク事故の控訴審の依頼を受け、タクシー運転手のシングルマザーである雨宮さんは、信号無視をし、バイクの運転手の高校生を即死させ有罪になります。

みちおは何度も現場検証を実施し、目撃証人も集め、公判初日には目撃者にも在廷してもらう準備をしますが、肝心の公判で、申請した証拠を全て却下し、異議も却下。

雨宮さんは、ビラを配布し、証拠のビデオを何度も撮り、熱心に弁護してくれるみちお達に感謝するも、これだけやって言い分すら聞く耳持たれず、裁判って何のためにあるの、とみちおに問い詰めます。

言葉が見つからないみちお。

裁判後、みちおと被告人の雨宮さんの周りには人が集まり「今さら信号無視してないとか恥を知れ」などと罵声を浴びせられてしまいます。

雨宮さんは土下座してその場を収めます。

みちおは何もできなかったと落ち込み、公園で弁護士バッチを捨てようとし、それを子供に渡します。

みちおは涙を流してしまい、その子供からどこか痛いの?と聞かれ、痛いと答えると、痛いのは生きている証拠なんだよと返す子供。

そのまま実家に戻り、実家で、ひたすら折り紙を折ったりする日々を送ります。

そんな時、妹のみちこからメールが。

みちこからイベントでおつかいを頼まれ、そこで(ドラマでは小日向文世さんが演じる)駒沢と出会います。

そこで駒沢が売っていた、裁判官のなんたるかを説いた同人誌にみちおは深く感動して、10冊近く購入します。

駒沢から裁判官に向いていると言われたみちおは「人の弱さがわかる裁判官になろう」と決意します。

ある事件がきかっけで、弁護士の仕事に絶望して辞める決意をし、駒沢から裁判官になることを進められる展開は同じですが、臼田あさ美さんが演じた事件の内容は全く異なるようです。

タクシー運転手とバイクの接触事故で獄中自殺をするとも思えませんし、きっとドラマオリジナルの事件なのではないでしょうか。

今後の放送で詳細が明らかになってくるんでしょうね。

まとめ

ここまで、「イチケイのカラス臼田あさ美はいつどこで出てた?シーンや何役かについても」と題し、リサーチしましたが、いかがでしたでしょうか。

臼田あさ美さん出演に関して、クレジットでも名を連ねていてそれをみて気付いた方が多かったようですね。

出演シーンは多くはなかったものの今後、主人公のみちおが弁護士時代に担当した事件と何らかの関係がある重要なキャラクターを演じているのではと予想しました。

まだまだはじまったばかりの本作。今後のストーリ展開に目が離せませんね。

\無料で「イチケイのカラス」を見る/
無料期間中の解約で、0円。
おすすめの記事