この記事では、「ヒメアノール(映画)」のフル動画配信を無料視聴する方法についてまとめています。

  • 「ヒメアノール(映画)」を無料で見る方法が知りたい。
  • Pandora/Dailymotionなどの違法サイトでも見れる?
  • Amazonプライム/Netflix/Huluなどの動画配信サービスっていくつかあるけど、どれがおススメ?
  • 森田剛演じる猟奇的な殺人犯を見たいし、非日常な日常を味わいたい!

    こんな疑問や悩みが解決できる記事になっています。

     

    独特の作風で人気の漫画家・古谷実さん原作の同名コミックを映像化した「ヒメノア~ル」。平凡な毎日に焦りを感じる青年たちと、欲望のままに殺人を繰り返すサイコキラーの闇を描く異色のサスペンス青春ドラマです。

    ビル清掃会社に勤める岡田は、同僚からカフェ店員・ユカとの恋の橋渡し役を依頼されます。岡田がカフェを訪れるとそこには高校時代の同級生・森田がいました。ユカは森田からストーキング被害に遭っていることを相談してくるのですが…。

    狂気の殺人鬼を初主演のV6の森田剛さんが熱演し、その鬼気迫る演技が高く評価されました。

     

    本記事の内容

    • 「ヒメアノール(映画)」のフル動画配信を無料視聴する方法を2つ厳選してご紹介
      • TSUTAYAディスカス/TV」を使う方法 おススメ
      • YoutubeやPandora/Dailymotionなどの違法サイトを使う方法
    • 「ヒメアノール(映画)」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

    この記事を書いているボクは、これまで10社以上の動画配信サービスをタダで利用し、今も複数のサービスを契約しているVODマニア。

    この記事を読めば、「ヒメアノール(映画)」を無料視聴するための、あなたにとって最適な方法がきっと見つかるはず。

    それでは、さっそく見ていきましょう。

    ▼説明抜きで今すぐ見たい方はコチラ▼

    ↓ ↓ ↓

    \30日間無料キャンペーン実施中/
    無料期間中の解約で、0円。

    Pandora/Dailymotionで「ヒメアノール(映画)」を見るのは危険!

    違法サイトは危険

    まず、YoutubeやPandora/Dailymotionなどの違法サイトで、「ヒメアノール(映画)」の動画が見れるか確認してみました。

    違法サイト例

    • Pandora(パンドラ)
    • Dailymotion(デイリーモーション)
    • miomio(ミオミオ)
    • 9tsu
    • Kissanime
    • anitube
    • b9

    上記サイトを調査したところ、記事執筆時点では「ヒメアノール(映画)」の動画は見つかりませんでした。

    調査結果を見る ➔

    Pandoraを調査したところ、「ヒメアノール(映画)」の動画は1件もヒットしませんでした。

    Dailymotionを調査したところ、「ヒメアノール(映画)」の動画は1件もヒットしませんでした。

     

    ただし、今後万が一見つかったとしても、これらの無料動画サイトで視聴するのはおススメできません

    理由はつぎのとおり。

    違法サイトをおススメしない理由

    自分では気づかずに違法行為になる可能性も。ホント怖い。

    また、以下はほんの一部ですが、実際に被害にあった事例も多数報告されています。

    違法サイトは主に海外サーバーが使われてる。取り返しがつかなくなることもあるよ。

    公的機関でも、違法動画の処罰について明記されています。

      あくまでも自己責任ですが、これだけのリスクを抱えて違法サイトで見るメリットは全くありません

      つぎに紹介する公式の動画配信サービスを使って、安心・安全に楽しもう。

      「ヒメアノール(映画)」のフル動画配信を無料視聴できる動画配信サービス一覧

      この投稿をInstagramで見る

       

      小林卍丸(@manjimaru67)がシェアした投稿

      つぎに、国内の主要動画配信サービスでの、「ヒメアノール(映画)」の配信状況をまとめてみました。

      調査結果を確認する ➡

      〇:無料、△:有料、×:配信なし

      配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント
      U-NEXT × 31日間無料
      月額2,189円
      600P付与
      TSUTAYAディスカス/TV 30日間無料
      月額2,659円
      1,100P付与
      ディズニープラス × 31日間無料
      月額770円
      ポイントなし
      Hulu × 2週間無料
      月額1,026円
      ポイントなし
      music.jp × 30日間無料
      月額1,958円
      1,600P付与
      FODプレミアム × 2週間無料
      月額976円
      500~900P付与
      ABEMAプレミアム × 2週間無料
      月額960円
      ポイントなし
      dTV × 31日間無料
      月額550円
      ポイントなし
      Paravi × 14日間無料
      月額1,017円
      ポイントなし
      Amazonプライム × 30日間無料
      月額500円
      ポイントなし
      TELASA × 15日間無料
      月額618円
      ポイントなし
      Netflix × 無料期間なし
      月額990円
      ポイントなし

       

      調査の結果、TSUTAYAディスカス/TV、1つのサービスで無料視聴できることがわかりました。

      今回は唯一「ヒメアノール(映画)」が無料視聴出来るTSUTAYAディスカス/TVについて、詳しくご紹介していきます。

      おススメの1つの方法

      1. TSUTAYAディスカス/TVを使う方法 おススメ

      それでは、解説していきます。

      TSUTAYAディスカス/TVを使って「ヒメアノール(映画)」のフル動画配信を無料視聴する方法

      TSUTAYAのセットプラン

      TSUTAYAディスカス/TVの概要とメリット・デメリット

      TSUTAYAディスカス/TVは、

      • 動画配信サービス(TSUTAYA TV)
      • 宅配レンタル(TSUTAYAディスカス)

      の2つがセットになったサービス。

      「ヒメアノール(映画)」はTSUTAYAディスカス、もしくはTSUTAYA TVを利用して無料で見ることができます。

      TSUTAYA TV_ヒメアノール

       

      そんなTSUTAYAディスカス/TVの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      TSUTAYAディスカス/TVの基本情報

      項目 内容
      月額料金 2,659円
      無料期間 30日間
      ポイント特典 1,100P
      作品数 10,000本以上(TSUTAYA TVのみ)
      同時視聴 1~2台(作品による)
      ダウンロード機能

      TSUTAYAディスカス/TVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカスTVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカス/TVの2つのデメリット

      TSUTAYAディスカスTVの2つのデメリット

      正直、TSUTAYA TVはほかの動画配信サービスとの違いはそこまでない。でもTSUTAYAディスカスの品揃えはマジでスゴイ。ここでしか見れない作品も多いので、要チェックだよ。

       >>TSUTAYAディスカス/TVを詳しく見る

      TSUTAYAディスカス/TVで「ヒメアノール(映画)」を見た後におススメの作品

      TSUTAYAディスカス/TVの無料期間は業界トップクラスの30日間。

      なので「ヒメアノール(映画)」が見終わったら、無料で見れるほかの作品もぜひチェックしておきたいですね。

      TSUTAYA TVのおススメ作品

      TSUTAYA TVは見放題作品をたくさん取り揃えているほか、無料お試しでもらえる1,100ポイントを使えば、有料作品も2本ほど無料で見ることができます。

      森田剛出演作品

      TSUTAYA TV_森田剛出演作品

      • ハードラックヒーロー
      • ホールドアップダウン
      • COSMIC RESCUE-The Moonlight Generations-
      • ラブストーリーズ 「愛の果実」
      • 別れた女房の恋人
      • 農家の嫁-三十五歳、スカートの風 【LOVE&EROS】
      • 灼熱の闘牌録!鉄火場のシン 生き残るモノの覚悟
      • 他2件
      濱田岳出演作品

      TSUTAYA TV_濱田岳出演作品

      • 偉大なる、しゅららぼん
      • アヒルと鴨のコインロッカー
      • 喜劇 愛妻物語
      • ポテチ
      • 破門 疫病神シリーズ
      • 永遠の0
      • 世界から猫が消えたなら
      • 他36件
      吉田恵輔監督作品

      TSUTAYA TV_吉田恵輔監督作品

      • 犬猿
      • 麦子さんと
      • 愛しのアイリーン

      TSUTAYAディスカスのおススメ作品

      ご紹介する作品は、すべて準新作・旧作に絞っているので、どの作品も無料でレンタル可能です。

      森田剛出演作品

      TSUTAYA ディスカス_森田剛出演作品

      • ハロー張りネズミ
      • リスクの神様
      • 大河ドラマ 平清盛 総集編
      • 平清盛
      • 人間失格
      • 喰いタン
      • 喰いタン スペシャル
      • 他6作品
      濱田岳出演作品

      TSUTAYA ディスカス_濱田岳出演作品

      • おらおらでひとりいぐも
      • 心の傷を癒すということ
      • 決算!忠臣蔵
      • ヒキタさん!ご懐妊ですよ
      • インハンド
      • マスカレード・ホテル
      • フルーツ宅配便
      • 他71作品
      吉田恵輔監督作品

      TSUTAYA ディスカス_吉田恵輔監督作品

      • 銀の匙 Silver Spoon
      • ばしゃ馬さんとビッグマウス
      • さんかく
      • BUNGO -日本文学シネマ- 檸檬
      • 純喫茶磯辺
      • 机のなかみ
      • なま夏
      • 他3作品

      >>おススメ作品も合わせて楽しむ!

      TSUTAYAディスカス/TVの口コミ・評判

       >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料おためし

      TSUTAYAディスカス/TVの登録・解約方法

      TSUTAYA登録方法は2ステップ

      登録・解約も簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの登録手順
      1. TSUTAYAディスカス/TVから「今すぐ30日間無料トライアル」をタップ。
      2. 名前、メールアドレス、クレジットカード情報を入力して、会員登録。
      3. 登録完了メールが届いたら、完了です。
      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの解約手順
      1. マイページから「マイメニュー」をタップ。
      2. 「登録情報の確認」から、「サービス解除申請」をタップ。
      3. 「申請を完了する」をタップし、メールが届いたら、完了です。
      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。

      「ヒメアノール(映画)」の作品紹介

      この投稿をInstagramで見る

       

      映画通な高校生(@chip_sab)がシェアした投稿

      ここからは、「ヒメアノール(映画)」を120%楽しむための作品情報についてお伝えしていきます。

      気になる情報を、ぜひチェックしてみてください。

      基本情報

      タイトル ヒメアノ〜ル
      原作 ヒメアノ〜ル(漫画)/古谷 実
      公開 2016年5月28日
      制作会社 ジャンゴフィルム
      公式サイト ヒメアノ~ル | 映画 | 日活 (nikkatsu.com)
      公式SNS ヒメアノ~ル - ホーム | Facebook
      Wikipedia ヒメアノ〜ル - Wikipedia
      作品情報を見る➡

      「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」など数々のヒット作で知られる漫画家・古谷実さん原作の「ヒメアノ~ル」を映像化した本作品は、冴えない日々を送る青年たちと、殺人を繰り返す一人のサイコキラーの闇を交錯させて描く異色のサスペンス青春映画です。

      清掃会社で働く岡田は、同僚の安藤からカフェ店員・ユカとの恋の橋渡しを依頼されカフェを訪れます。

      そこで岡田は高校時代の同級生・森田と再会しますが、ユカから彼にストーキングされていることを相談され…。

      監督の吉田恵輔さんは”サイコキラー・森田”のキャラクターを原作漫画とは違う手法で描き、難しい役柄をV6の森田剛さんが巧みに演じ切りました。

      濱田岳さん、佐津川愛美さん、ムロツヨシさんという豪華キャストの共演からも目が離せない見応えのある作品です。

       

      物語はこの場面以降、ガラリと雰囲気が変わります。

      前半のコミカルな雰囲気とは打って変わり、後半は森田の暗い高校時代の様子や凄惨な殺人シーンが次々と描かれ、視聴者は目を覆いたくなるかもしれません。

      高校時代の岡田と森田の関係性なども描かれ、森田が単なるサイコキラーではないことが分かります。

      この森田を演じた森田剛さんの素晴らしい演技は必見です!

      どうしようもなく暗くやりきれない気分にはなりますが、多くの方に観て頂きたい心に刺さる素晴らしい作品であることは間違いありません。

      あらすじ・感想

      あらすじを見る ➡

      岡田進(濱田岳さん)は高校卒業後に何のあてもなく上京し、ビル清掃会社のパートタイムの仕事をしながら平凡な日常を過ごしていました。

      ある日、会社の先輩・安藤(ムロツヨシさん)からカフェ店員のユカ(佐津川愛美さん)に片思いしていることを相談され、二人で店を訪れます。

      偶然にもカフェには高校時代の同級生・森田正一(森田剛さん)の姿があり、岡田は彼に話し掛けます。

      高校時代に壮絶ないじめを受けていた森田は岡田のことを覚えており、二人は連絡先を交換します。

      その様子をユカはじっと見つめているのでした。

      岡田は安藤に「ユカに恋人がいるのかどうか確認してこい」と命じられ、仕方なくユカの仕事が終わるまで待ち伏せすることになりました。

      仕事が終わったユカは岡田に気付き、自分の方から「森田と親しいのか」と尋ねてきました。

      たいして親しい関係ではないと岡田が答えると、ユカは森田からストーカー被害に遭っていることを相談し、彼の行為を止めてくれないかと懇願します。

      岡田は森田を呼び出し二人で飲みに行くことにし、「もしストーキングしているのなら止めた方がいい」と忠告するつもりでした。

      森田は飲みながら「俺もお前も人生終わってるんだよ。何も持ってない奴が底辺から抜けだすことなんか出来ない。金持ちとは違うんだ」と言い、その絶望的な様子に岡田は忠告することなどできず、それどころか精神的にダメージを負わされてしまうのでした。

      ある日、岡田は安藤から「ユカの気持ちを確認してきてくれ」と依頼されます。

      仕事が終わったユカに岡田はさりげなく話を振るのですが、驚くことにユカは岡田に対して恋心を抱いていると告げるのでした。

      困った岡田でしたが、結局安藤には内緒でユカと交際することにしました。

      初デート後、ユカの部屋で二人は結ばれます。

      しかし二階の角部屋にあるユカの部屋を下からずっと見張っていた森田は二人に殺意を抱き…。

      感想を見る ➡

      リアルホラーを求めている人におすすめの作品

      終始画面から目が離せない!

      前半はカップル店員との恋愛映画のような感じで、ゆっくりと話が進んでいきますが、途中から急展開。精神を病んでいる犯人が、一人殺したことをきっかけに殺しに対して罪悪感を抱かなくなってからは、登場人物全員殺されるのではないかというスリル満点の映画になります。前半とのギャップが凄すぎて、同じ作品とは思えないほどです。グロいシーンや凌辱シーンなどがかなりリアルに表現されているので、気分が悪くなる方もいるかもしれません。子どもとは絶対一緒に見ないほうが良い作品です。その殺人鬼役を演じている森田剛さんの演技が上手過ぎて、「本当にこんな人格なんじゃないか」と思わされます。それほど作品の中に引き込まれます。一度見たら忘れることができない、インパクトが強い作品です。
      くのいち(20代・女性)

      終始ドキドキハラハラのサスペンス作品

      心休まるラストが見どころ

      後半で森田が暴れまくるためハラハラされられっぱなしでしたが、気持ちの落ち着くラストで良かったです。前半は恋愛シーンもありまだ穏やかですが、後半になると森田の荒々しいシーンの連続で、その暴走ぶりは止められるんだろうかと心配になるくらいでした。最後の方で白い犬が登場するシーンが見どころです。森田が白い犬を連れた老人を避けようとして車のハンドルを切るところでホッとしました。後に昔森田と岡田が出会った頃が流れるのですが、そこを観るとなぜ森田が老人を避けたのかがわかるようになっています。これから観る人は二人の過去の風景をよく観察してほしいです。過去をうまく用いて心が休まるラストを考えた監督はすごいなあと思いました。
      E.I.(30代・女性)

      森田剛の一人舞台。

      物語が予測不能。

      この映画を観るまで森田剛をただのアイドル位にしか思っていなかったのですが、この映画の森田君は凄い。アイドルにここまで演じさせて良いのかと思うほどの役柄です。映画前半は恋愛に奥手な岡田の物語として進行して行き、後半は韓国映画バリの殺伐としたシーンの連続です。日本の映画でここまで妥協の無い表現をするのはかなり珍しい事であり、まさに森田剛なくしてこの映画は成り立たないと思える位の演技です。森田剛演じる森田はどこにでもいそうな人間でありながら、不満の捌け口として場当たり的に人を殺して行く男を淡々と演じています。そんな森田の最後のシーンはこんな男にも普通に生きていた時代があるのだと、しみじみさせられました。あまりにも凄い内容なのですべての人におすすめとは行きませんが、意外なまでな良作だと思います。
      脩尚(50代・男性)

      胸糞悪いけど、また見たくなる作品です。

      キャストもストーリーも良かったです。

      V6の森田剛さんの役名が「森田」という名前なので、リアリティが増してました。正真正銘のサイコパスなので、彼には悪気がありません。悪気が無いのでもちろん、反省や罪悪感もありません。清々しいほどでした。胸が苦しくなる場面があれば、心が揺さぶられたり涙が出る展開もありました。前半は明るい雰囲気で、ラブコメ調だったのですが…後半になると残忍な連続殺人が描かれるのでどんどん不安になっていきます。人間の怖さを、思う存分に見せつけられているような作品です。主要キャラの全員が演技力が素晴らしいのですが、何と言っても森田剛さんですね。アイドルとしての活躍も魅力的ですが、役者としての姿をもっと見たいと思いました。
      つなっぴ(20代・女性)

      非日常的な日常を味わいたい人へおすすめな映画

      日常と非日常を掛け合わせた映画作品

      今作では私は原作の作者である古谷実さんの大ファンで今回実写映画化されると聞いて映画館にて拝見しました。原作では全4巻で構成されていますが、それを今作では2時間にまとめましたという感じが否めませんでしたが良作ではあったなという感じです。ヒロインの佐津川愛実さんもかなり可愛かったですし主人公を演じた濱田岳さんも森田を演じたV6の森田さんもみんな演技力がかなり高かったです。森田がなぜこのような犯行を至ったかの経緯は原作と映画版では若干違いますが殺人方法や殺害シーンは映画では生々しく描かれてよりリアルさがあって良かったなと思いました。映画版では安藤が銃撃されますが原作ではそうでは無かったのでわざわざ銃撃されなくても良かったのでは?と思いました。
      DANLI(20代・男性)

      森田剛さんの意外な演技が観れる作品

      出演者の演技がみんな個性が強い!

      特に男性陣ですが出演されている役者さんのインパクトが強くそれぞれの個性がきっちり出ていて主役はもちろんみんなキャラクターが際立っていてはっきりとした雰囲気が良かったです。清掃業者のムロツヨシさんは一見気持ち悪いところもあってバイトでかつ童貞役である岡田こと濱田岳さんとのコミカルなやりとりやその展開は森田剛さんと比べると雰囲気が真逆すぎて観進めていくうちに驚きが強くなっていきました。森田剛さんは同じ役名で出演されているいわゆるサイコパスな男で鋭さはかなり凄みがありましたが観ていてかわいそうな生き方をしてきたんだなと切なく思えました。どこで道を踏み外してしまったのか、彼の周りに誰か一人でも味方する人がいたら何か違う方向にいっていたかもと思うとやりきれない心情はありました。
      やす(30代・男性)

      日常が壊される恐怖を体現した映画

      後半から緊迫感にアクセルがかかる

      この映画は前半のほのぼのとした日常的な感じ、後半の誰が殺されてしまうのかが分からない緊迫した非日常的な雰囲気の対比がとても上手いです。特に平和なパートが終わったあとに「ヒメアノ~ル」というタイトルが画面に写し出されて、BGMも不穏な感じに変化していく演出が見事でした。この映画の中の登場人物の一人である森田は、あることをきっかけに殺人衝動がおさえられなくなってしまっている状態にあります。最初はそんな森田が普通に会話しているシーンを見せているので異常な雰囲気は出てないのですが、殺人が始まってからは彼の狂気が全面に出ていてかなり怖かったです。そしてそんな一人の異常者に巻き込まれて人生が崩壊していく主人公がかわいそうに思えました。
      みん(20代・男性)

      心が根底からねじ曲がってしまった人間の、底知れない怖さを存分に味わわされる映画。

      アイドルと侮るなかれ!V6・森田剛がジャニタレの新境地を拓いたサイコスリラー

      ジャニーズの人気グループ・V6。そのメンバーが「サイコスリラーの悪役で出る映画」と聞いたら、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。爽やかだから怖くなさそう?そんな期待はアッサリと良い方向に裏切られます! 『砂の器』や『模倣犯』で中居クンが見せた演技力をほうふつとさせるような、森田剛の悪者ぶり。初登場時からどこか一癖ありそうな、いわくありげな雰囲気を巧妙に漂わせる表情やセリフ回しは、役者としての森田クンの可能性を嫌というほど見せてくれます。 ダブル主人公の濱田岳が醸し出す、底抜けに頼りなさそうなひ弱キャラ。ムロツヨシがここぞとばかりに演じ切る、アクの強いお間抜けキャラ。ひとクセもふたクセもある共演者の存在感を引き立たせつつも、唯一無二の恐さをじんわりと滲みださせる剛クンから目を離せません!「危険なニオイのするアブナイ男が好き」なジャニーズファンの女性には、絶対にチェックして欲しい作品です。
      ジャニ愛歴ウン十年(40代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      キャスト

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      登場キャラクター名 キャスト名
      森田正一 森田剛
      岡田進 濱田岳
      阿部ユカ 佐津川愛美
      安藤勇次 ムロツヨシ
      和草浩介 駒木根隆介
      キャスト詳細を見る ➔

      森田正一(森田剛)

      この投稿をInstagramで見る

       

      みぃ(@g_o220)がシェアした投稿

      岡田進の高校時代の同級生。

      無口で無表情なため何を考えているかわかりませんが、高校時代は岡田進とお互いの家を行き来するほど仲が良かったです。

      しかし同級生からのいじめや岡田進の裏切りにより性格が破綻してしまい、首を絞めて人を殺めることで性的快感を覚えるサイコキラーへとなってしまいました。

      岡田進(濱田岳)

      この投稿をInstagramで見る

       

      @netflixwotsukaltuteruがシェアした投稿

      本作の主人公、清掃会社でアルバイトをしており、良いことと悪い事の分別ができる常識人。

      一見弱々し印象を持たれがちですが、しっかりと自分の意見を言うなど男らしい一面も。現場の先輩・安藤勇次の紹介により阿部ユカを知り、後に交際を始めます。

      ひょんなことから森田正一と再会を果たし、過去の雰囲気と違うことに気づきながらも関わることをやめられず・・・。

      阿部ユカ(佐津川愛美)

      この投稿をInstagramで見る

       

      muku(@mk282828_)がシェアした投稿

      岡田進の彼女、カフェでアルバイトをしています。

      お客として来店していた岡田進と交流しているうちに惹かれ、自分から告白して交際を始めます。

      森田正一から付きまとわれており、次第に行動がエスカレートしていくことで身に危険を感じ、岡田進と共に横浜へ引っ越しますが・・・。

      安藤勇次(ムロツヨシ)

      この投稿をInstagramで見る

       

      @r_u_movieがシェアした投稿

      岡田進が勤めている清掃会社の先輩。

      阿部ユカのことを好きですが、何も行動に移すことができない根性無しで意気地なしですが、根は純粋でいい人。

      森田正一から狙われている岡田進や阿部ユカを守るなど、男らしい一面も持ち合わせています。

      和草浩介(駒木根隆介)※写真左側

      この投稿をInstagramで見る

       

      ulfulkeisuke(@ulfulkeisuke)がシェアした投稿

      岡田進と森田正一の高校時代の同級生。

      ホテルマンとして働いており、高校時代は森田正一同様に同級生から壮絶ないじめを受けていました。

      しかしある出来事がきっかけで高校卒業後も森田正一から常い恐喝されており、「もう森田を殺すしか無い」と心に決め行動に移しますが・・・。

      スタッフ

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      監督・脚本 吉田恵輔
      原作 古谷実
      企画 石田雄治
      プロデューサー 有重陽一小松重之
      スタッフの詳細を見る➡

      監督・脚本を務める吉田恵輔さん

      1975年5月5日生まれ・埼玉県出身の彼は、東京ビジュアルアーツに在学中から自主映画を制作し、監督の塚本晋也さんの作品制作にも参加していました。

      2006年「なま夏」で映画監督デビューを果たし、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭のファンタスティック・オフシアター・コンペティション部門でグランプリを受賞します。

      その後も塚本監督の元で照明技師として活動しながら自身の映画制作にも取り組み、「さんかく」「銀の匙」「犬猿」「愛しのアイリーン」などの作品をコンスタントに発表していきます。

      2008年には小説家としてもデビューし、処女作「純喫茶磯辺」は自身の手で映像化し話題となりました。

      映画界から熱い視線を浴び続ける、才能溢れる若手映画監督です。

      「ヒメアノール(映画)」のフル動画配信を無料視聴するにはTSUTAYAディスカス/TVの無料おためしを利用しよう!

      この投稿をInstagramで見る

       

      TIAKI.(@tiaki.sept.1)がシェアした投稿

      ここまで、「ヒメアノール(映画)」のフル動画配信を無料視聴する方法や、Pandora/Dailymotionなどの違法サイトで見れるかについて見てきました。

      最後にもう一度、本記事の内容を振り返ってみます。

      本記事の内容
      • 「ヒメアノール(映画)」のフル動画配信を無料視聴する方法を2つ厳選してご紹介
      • 「ヒメアノール(映画)」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

      1番のおススメは「TSUTAYAディスカス/TV」の30日間無料キャンペーンを利用する方法だったね。

      ただし、いつこのお得なキャンペーンが変更・終了するかわからないので、早めに無料体験するのがおススメです。

      あなたに合った動画配信サービスで、ぜひ素敵な動画ライフを楽しんでね。

      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。
      ※本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。