ドラマアイキャッチ

この記事では、「男女7人夏物語」の無料動画をフル視聴する方法についてまとめています。

  • 「男女7人夏物語」を無料で見る方法が知りたい。
  • Pandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトでも見れる?
  • 動画配信サービスっていくつかあるけど、どれがおススメ?
  • 明石家さんま×大竹しのぶによるテンポ抜群の掛け合いのトレンディードラマの元祖を見たい!

    こんな疑問や悩みが解決できる記事になっています。

     

    1986年7月からTBS系で放映され、最終回では、最高視聴率31.7%をマークするほど爆発的人気を博した「男女7人夏物語」。

    鎌田敏夫が脚本を手掛け、明石家さんま大竹しのぶが主演を務め、その2人を中心に個性豊かな男女7人が織りなす恋模様はトレンディドラマの元祖とされる恋愛ドラマの傑作です。

    主演の2人のほか、池上季実子片岡鶴太郎賀来千香子ら豪華キャストが集結。

    もはや伝説化とされる明石家さんま×大竹しのぶの漫才のようなテンポ抜群の掛け合いや片岡鶴太郎さんが見せるシリアスな演技は見どころです。

    シーンの随所に、当時のトレンド、カルチャーが散りばめられた、一大ブームを巻き起こした恋愛ドラマをお楽しみください。

     

    本記事の内容

    • 「男女7人夏物語」の無料動画をフル視聴する方法を3つ厳選してご紹介
      • TSUTAYAディスカス/TV」を使う方法 おススメ
      • Paravi」を使う方法
      • YoutubeやPandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトを使う方法
    • 「男女7人夏物語」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

    この記事を書いているボクは、これまで10社以上の動画配信サービスをタダで利用し、今も複数のサービスを契約しているVODマニア。

    この記事を読めば、「男女7人夏物語」を無料視聴するための、あなたにとって最適な方法がきっと見つかるはず。

    それでは、さっそく見ていきましょう。

    ▼説明抜きで今すぐ見たい方はコチラ▼

    ↓ ↓ ↓

    \30日間無料キャンペーン実施中/
    無料期間中の解約で、0円。

    Pandora/Dailymotion/9tsuで「男女7人夏物語」を見るのは危険!

    違法サイトは危険

    まず、YoutubeやPandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトで、「男女7人夏物語」の動画が見れるか確認してみました。

    違法サイト例

    • Pandora(パンドラ)
    • Dailymotion(デイリーモーション)
    • miomio(ミオミオ)
    • 9tsu
    • Kissanime
    • anitube
    • b9

    上記サイトを調査したところ、記事執筆時点では「男女7人夏物語」の動画は見つかりませんでした。

    調査結果を見てみる ➡

    pandora_男女7人夏物語

    Pandoraを調査したところ、「男女7人夏物語」の動画は1件もヒットしませんでした。

    dailymotion_男女7人夏物語

    Dailymotionを調査したところ、「男女7人夏物語」の動画は2件ヒットしました。

    ただし、本作ではない数分程度の動画ばかりで、本編を見れる動画はありませんでした。

    ただし、今後万が一見つかったとしても、これらの無料動画サイトで視聴するのはおススメできません

    理由はつぎのとおり。

    違法サイトをおススメしない理由

    自分では気づかずに違法行為になる可能性も。ホント怖い。

    また、以下はほんの一部ですが、実際に被害にあった事例も多数報告されています。

    違法サイトは主に海外サーバーが使われてる。取り返しがつかなくなることもあるよ。

    公的機関でも、違法動画の処罰について明記されています。

      あくまでも自己責任ですが、これだけのリスクを抱えて違法サイトで見るメリットは全くありません

      つぎに紹介する公式の動画配信サービスを使って、安心・安全に楽しもう。

      「男女7人夏物語」の無料動画をフル視聴できる動画配信サービス一覧


      つぎに、国内の主要動画配信サービスでの、「男女7人夏物語」の配信状況をまとめてみました。

      調査結果を確認する ➡

      〇:無料、△:有料、×:配信なし

      配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント
      U-NEXT × 31日間無料
      月額2,189円
      600P付与
      TSUTAYAディスカス/TV 30日間無料
      月額2,659円
      1,100P付与
      ディズニープラス × 31日間無料
      月額770円
      ポイントなし
      Hulu × 2週間無料
      月額1,026円
      ポイントなし
      music.jp × 30日間無料
      月額1,958円
      1,600P付与
      FODプレミアム × 2週間無料
      月額976円
      500~900P付与
      ABEMAプレミアム × 2週間無料
      月額960円
      ポイントなし
      dTV × 31日間無料
      月額550円
      ポイントなし
      Paravi 14日間無料
      月額1,017円
      ポイントなし
      Amazonプライム × 30日間無料
      月額500円
      ポイントなし
      TELASA × 15日間無料
      月額618円
      ポイントなし
      Netflix 無料期間なし
      月額990円
      ポイントなし

       

      調査の結果、TSUTAYAディスカス/TVParaviの2つのサービスで無料視聴できることがわかりました。

      今回はこの中から、おススメの次の2つの方法をご紹介します。

      おススメの2つの方法

      1. TSUTAYAディスカス/TVを使う方法 おススメ
      2. Paraviを使う方法

      それぞれ1つずつ解説していきます。

      TSUTAYAディスカス/TVを使って「男女7人夏物語」の無料動画をフル視聴する方法

      TSUTAYAのセットプラン

      TSUTAYAディスカス/TVの概要とメリット・デメリット

      TSUTAYAディスカス/TVは、

      • 動画配信サービス(TSUTAYA TV)
      • 宅配レンタル(TSUTAYAディスカス)

      の2つがセットになったサービス。

      「男女7人夏物語」はTSUTAYAディスカスを利用して無料で見ることができます。

      TSUTAYAディスカス男女7人夏物語

      そんなTSUTAYAディスカス/TVの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      TSUTAYAディスカス/TVの基本情報

      項目 内容
      月額料金 2,659円
      無料期間 30日間
      ポイント特典 1,100P
      作品数 10,000本以上(TSUTAYA TVのみ)
      同時視聴 1~2台(作品による)
      ダウンロード機能

      TSUTAYAディスカス/TVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカスTVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカス/TVの2つのデメリット

      TSUTAYAディスカスTVの2つのデメリット

      正直、TSUTAYA TVはほかの動画配信サービスとの違いはそこまでない。でもTSUTAYAディスカスの品揃えはマジでスゴイ。ここでしか見れない作品も多いので、要チェックだよ。

       >>TSUTAYAディスカス/TVを詳しく見る

      TSUTAYAディスカス/TVで「男女7人夏物語」を見た後におススメの作品

      TSUTAYAディスカス/TVの無料期間は業界トップクラスの30日間。

      なので「男女7人夏物語」が見終わったら、無料で見れるほかの作品もぜひチェックしておきたいですね。

      TSUTAYA TVのおススメ作品

      TSUTAYA TVは見放題作品をたくさん取り揃えているほか、無料お試しでもらえる1,100ポイントを使えば、有料作品も2本ほど無料で見ることができます。

      明石家さんま出演作品

      TSUTAYATV明石家さんま出演作品

      大竹しのぶ出演作品

      TSUTAYATV大竹しのぶ出演作品

      • 後妻業の女
      • メアリと魔女の花
      • 真田十勇士
      • のみとり侍
      • 鉄道員(ぽっぽや)
      • 旅立ちの島唄~十五の春~
      • GONIN2
      • その他21作品
      賀来千香子出演作品

      TSUTAYAV賀来千香子出演作品

      • ハルウララ
      • 刑事物語5 やまびこの詩
      • ぼくらの七日間戦争
      • 二流小説家 シリアリスト
      • グッドライフ
      • ドラマ特別企画「最高のオヤコ」

      TSUTAYAディスカスのおススメ作品

      ご紹介する作品は、すべて準新作・旧作に絞っているので、どの作品も無料でレンタル可能です。

      明石家さんま出演作品

      TSUTAYAディスカス明石家さんま出演作品

      • 空から降る一億の星
      • さとうきび畑の唄
      • 心はロンリー気持ちは「・・・」
      • 男女7人秋物語
      • いこか・もどろか
      • とられてたまるか!?
      • ハタチの恋人
      • その他24作品
      大竹しのぶ出演作品

      TSUTAYAディスカス大竹しのぶ出演作品

      賀来千香子出演作品

      TSUTAYAディスカス賀来千香子出演作品

      • 誰にも言えない
      • ずっとあなたが好きだった
      • 松本清張スペシャル 共犯者
      • 火曜サスペンス劇場 3 黒の回廊
      • 家政婦は見た!
      • ぼくらの七日間戦争
      • 末っ子長男姉三人
      • その他15作品

      >>おススメ作品も合わせて楽しむ!

      TSUTAYAディスカス/TVの口コミ・評判

       >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料おためし

      TSUTAYAディスカス/TVの登録・解約方法

      TSUTAYA登録方法は2ステップ

      登録・解約も簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの登録手順
      1. TSUTAYAディスカス/TVから「今すぐ30日間無料トライアル」をタップ。
      2. 名前、メールアドレス、クレジットカード情報を入力して、会員登録。
      3. 登録完了メールが届いたら、完了です。
      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの解約手順
      1. マイページから「マイメニュー」をタップ。
      2. 「登録情報の確認」から、「サービス解除申請」をタップ。
      3. 「申請を完了する」をタップし、メールが届いたら、完了です。
      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。

      Paraviを使って「男女7人夏物語」の無料動画をフル視聴する方法

      Paravi

      2番目は「Paravi」。

      ParaviはTBSやテレ東のコンテンツに強い動画配信サービス。

      「男女7人夏物語」も配信されていますので、無料で見ることができます。

      Paravi男女7人夏物語

      そんなParaviの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      項目 内容
      月額料金 1,017円
      無料お試し期間 14日間
      ポイント特典 なし
      作品数 非公開
      同時視聴 1台
      ダウンロード機能
      Paraviの3つのメリット
      • 14日間の無料トライアル実施中
      • 国内バラエティ・ドラマが豊富
      • TBSやテレ東の作品ならParavi一択
      Paraviの2つのデメリット
      • 初回登録ポイントが付与されない
      • TBSやテレ東以外の作品が少ない

      TBSやテレ東のドラマやバラエティを楽しみたい方におススメ!

       >>Paraviを詳しく見る

      「男女7人夏物語」の作品紹介

      この投稿をInstagramで見る

       

      きょん(@kympsm)がシェアした投稿


      ここからは、「男女7人夏物語」を120%楽しむための作品情報についてお伝えしていきます。

      気になる情報を、ぜひチェックしてみてください。

      基本情報

      タイトル 男女7人夏物語
      原作 鎌田敏夫
      公開 1986年7月
      制作会社 TBS
      公式サイト 男女7人夏物語
      Wikipedia 男女7人夏物語

      あらすじ・感想

      あらすじを見る ➡

      さんま&しのぶの丁々発止の掛け合いが人気を博した80年代を代表する恋愛ドラマの第1巻。旅行代理店に勤める平凡なサラリーマン・今井良介とフリーライターの神埼桃子を中心に、個性豊かな男女7人が織り成す恋愛模様を描く。

      感想を見る ➡

      今頃になって青春がやってきた

      不器用な人達が恋愛に発展するドラマ

      結婚適齢期になっている男女7人は、不器用なりに精一杯生きています。青春時代に恋愛をしていないせいか、ぎごちない風格が備わっています。遅く来た青春ですが、結婚を視野に入れた恋愛模様がありました。年をとってしまうとなかなかいい相手に恵まれないので、焦る気持ちが強いです。どんどん難しくなってしまう結婚ですが、まずは恋愛からスタートします。今井良介と桃子は、再会することで縁がある人だと思ったはずです。完全に疎遠になってしまう人は縁がなかった人だと思うからです。これは偶然ではない運命かもしれないと思います。二人の駆け引きはまるで漫才みたいで愉快でしたが、共通している面もたくさんあります。二人は似た者同士なのかもしれません。
      ふじお(50代・男性)

      人を好きになる気持ち、人を大切に思う気持ちにあらためて気づきを与えてくれる作品。

      現代の若者たちもハマるドラマだと思う…

      明石家さんまさんと大竹しのぶさんの出会いとなった作品。男女のファッション・女性の髪型、メイクの仕方など、今から30年前の作品ということでギャップを感じるかもしれませんが、逆にそこが新鮮に感じると思います…。良介と桃子は会えば口喧嘩ばかり。何だか素の明石家さんまさんと大竹しのぶさんを見ているみたいで思わず笑ってしまう場面も多々あります。男女7人の間ですれ違う恋模様が30年以上も前のドラマとは思えない程に深く描かれており、現代の若者も十分ハマってしまう面白さがあると思います。良介と桃子の恋模様が注目されますが、私個人としては君章と香里の関係の変化や、千秋と貞九郎の人間性にも注目してほしい!それぞれの男女の思いが心に染みる素晴らしい作品です!是非多くの人に見て欲しいと思います!
      sun(50代・女性)

      夏に男女が恋愛に没頭するドラマ

      トレンディドラマの決定版

      トレンディドラマを体現しているようなドラマです。リアルタイムではもちろん見たことがなかったのですが再放送で見る機会があって見てみたらかなり面白かったです。この作品がきっかけになって明石家さんまさんと大竹しのぶさんが付き合うようになったわけですから記念の作品と言っていいと思います。さんまさんが恋愛ドラマに出ているという違和感が初めのうちはありました。でも見た目が若いのですぐに俳優として見ることができて話にのめり込めました。男女7人それぞれが相手を思い合っていて、すれ違いが起きたり喧嘩したりを繰り返していくのですがそのやりとりが本当に楽しいです。脚本の作り方がそもそもうまいように感じたので今のドラマもこのくらいテンポの良いものにしてほしいですね。
      ヤンマ(30代・男性)

      男性も女性もあらゆる方面から楽しめるドラマ

      さんまさんのはまり役

      まず最初にびっくりしたのはさんまさんの演技力です。いつも笑った顔と冗談を言っている姿しか見た事がなかったので、真剣な顔をみたのは初めてでした。他の俳優さんも実力派ばかりだったので今も有名な方達もばかりで、今思えばかなり贅沢なドラマだったと思います。大人の恋愛模様で、あの当時十代だった私は興味を持つ年頃だったので見ていましたが、飽きる事なく引き込まれていき、最後まで楽しく見させて頂きました。今とは時代が違い、勿論携帯電話等は出てきませんので、簡単に人と会い、恋愛に発展する経緯がかなり異なっております。連絡を密に取れる状況ではない中で、一人の人を見つけて、縁を重ねてお互いを意識し、愛し合う過程は今のドラマでは考えられないと思います。それ程愛というのは純粋で奇跡的なものだと思わせられます。携帯電話で恋人との関係をこじらせている方々に見てほしいですね。
      oksan(40代・女性)

      7人の恋模様を描いた習作

      最高の恋愛ドラマ

      明石家さんま、大竹しのぶを中心に池上季実子、奥田瑛士、片岡鶴太郎、賀来千賀子らが出てくる恋愛ドラマでした。明石家さんまと大竹しのぶのアドリブ連発の掛け合いが最高でした。会うと喧嘩ばかりする二人、特にコインランドリーでの掛け合いは最高でした。ドラマは二人を中心にコメディタッチに進んでいきますが、内容としては30歳前後の若者の人生をどうしていくかというテーマが隠れています。当時は30で独身というのは結婚にはかなり遅い部類に差し掛かると見られていました。そんな状況の中で夢に向かうのか現実に向き合っていくのかに悩む姿なども隠されています。嵐の中でさんまがしのぶに告白するシーンは他のドラマでもそうは見られない名シーンとなっています。
      まあな(50代・男性)

      各々が出世のきっかけとなったドラマ

      今のドラマにはない、来週も必ず観たいと思えるドラマ

      明石家さんまと大竹しのぶのダブル主役のドラマです。はじめは明石家さんまも大竹しのぶも俳優としてはこれからといったところであったが、このドラマ(夏と秋バージョン)で大竹しのぶは女優として確固たる地位を築いたと思う。ドラマの内容も当時のバブル経済の影響をモロに受けた内容になっていたので、この年代の若者を中心としてとても身近に感じられた。共演者も若き時代の奥田瑛二や片岡鶴太郎、池上季実子、賀来千香子が出ており、出演している人が概ね俳優として成功している人ばかりであった。明石家さんまの関西弁でのあの喋りが全国区になったドラマでもあり、とても明るく楽しいドラマであったと思う。あと、主題歌もインパクトのある曲だったのもよかった。
      マトコウ(40代・男性)

      とにかく痛快かつ泣ける最高のラブストーリー

      あのさんまが…

      稀代の芸人である明石家さんまが人気、実力派の俳優さん達が揃っている中でどこまで通用するのかな?って思って見始めましたが、そんな心配を一瞬で吹き飛ばす最高のラブストーリーです!ただし最高の芸人たるコメディ部分は山ほどあり、大竹しのぶとのさまざまな掛け合いはまるで昔から長く相方だったのではないかと思わせます。また、芸人仲間の片岡鶴太郎も俳優さんではない不器用さがそのまま役の不器用さと重なって愛くるしいほどです。その他3人の役者さんがしっかりと脇を固めているので、コメディ部分はあくまで一部分で、しっかりとしたラブストーリーに仕上がっています。最後の空港でのさんまとしのぶの別れのシーンはドラマの歴史に残る名シーンで泣いてしまいました。
      kenichi(50代・男性)

      さんまさんがかっこよく見える作品

      しっかりとしたラブストーリー

      明石家さんまさんが主演なので、コメディちっくな面白いドラマなのかと思いましたが、しっかりとしたラブストーリーで目が離せませんでした。男女7人の恋愛模様が複雑に描かれていて、どのように展開していくのか続きが気になって仕方なくなる作品です。特にさんまさんと大竹しのぶさんのやりとりが最高です。テンポがよく、2人の相性のよさが窺えます。そしてさんまさんが意外なことにとてもかっこよく見えます。キザなセリフも出てくるのですが、そう見えないのがこの作品の魅力だと思います。2人意外のキャラクターもかなり個性的で、くすっと笑えるシーンも満載です。今の時代には見られないような男女のやり取りやすれ違いのあるくせになるようなドラマです。
      まみ(30代・女性)

      掛け合いが面白くじれったい作品

      掛け合いが面白い

      まず主題歌が小気味良く良い曲なので、毎回最初からワクワクできます。 男女7人それぞれの恋模様も 味があって面白いのですが 何と言っても 一番おすすめなのは、さんまさん演じる良介と 大竹さん演じる桃子との掛け合いです。息がぴったりで 心地よくつい引き込まれました。お笑い ベースで行くのかと思いきや、恋愛部分も繊細で 切なく展開されていく点がギャップがありすぎです。さんまさんや大竹しのぶさんたちもとても若くフレッシュで 輝いています。お二方は後に実際に結婚するんだなということも踏まえてみると、ついニヤニヤしてしまいました。さんまさんの普段のキャラクターからは想像つかないシリアスな場面の演技力にも注目です。
      かな(30代・女性)

      まるでさんまさんのリアルの恋物語のようなドラマ

      さんまさんの存在感が大きかった面白い作品

      今改めて思う事はメインの7人のメンバーを見渡してみるともの凄い贅沢な組み合わせだったということです。勿論当時からかなり売れっ子のメンバーばかりでしたが7人全てが後々まで大活躍をしている事で、当時この7人の起用を決めた側の人を見る目の確かさには驚愕するばかりです。7人の内訳も全てが役者さんが本職ではない点も面白く特に目立っていたのが明石家さんまさんで、ドラマにおいても普段の話ことばと同様に関西弁を丸出しで演じていた事で、ドラマではなく素のさんまさんを見ているかのような錯覚にも陥りました。一組二組の恋ではなく複数による恋物語というのも魅力的でしたし、数あるドラマの中でも主題歌がこれほど印象に残るドラマもなかなかなく、男女7人夏物語と聞けば即座に石井明美さんのCHA-CHA-CHAが浮かぶほどこの歌が相当強烈なイメージとして残っています。
      natsu(50代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価


      第1回「今晩、おヒマ?」

      あらすじ

      今井良介(明石家さんま)30歳・独身。未だ人生定まらず、何となくふらふらと青春の名残を残して生きている。キッチリ生活しているわけではないが…こんなことは初めてだ。朝起きてみたら、自分のベッドに見知らぬ女が寝ていた。神崎桃子(大竹しのぶ)28歳。独身でこれまた人生定まっていない。でも…定まらぬといってもこれはヒドイ。目覚めたら知らない男の部屋のベッドで、男のパジャマの上だけを着て寝ていた。2人ともひどく酔っぱらっていて何事も起こらなかったようだが、相手のせいだとやりあって別れた。「なんちゅう女や」「最低男」と互いに最悪の第一印象でもう二度と会いたくないと思っていた2人だが、ひょんなことからその翌日に再会してしまう。良介は学生時代の友人・野上君章(奥田瑛二)、大沢貞九郎(片岡鶴太郎)と一緒で、桃子はコンパニオン・ガール時代の仲間・浅倉千明(池上季実子)、沢田香里(賀来千香子)、椎名美和子(小川みどり)と一緒だった。季節は夏、男3人、女4人。運命の糸が絡まり、男女7人の右往左往が始まる…。

      第2回「接吻」

      あらすじ

      香里(賀来千香子)に男を紹介するために、桃子(大竹しのぶ)が仕組んだビアホールでの見合いは思わぬ展開に…。相手のグループに最低男・良介(明石家さんま)がいたのだ。そして肝心の香里の相手は、男3人の中で一番女にモテないタイプの貞九郎(片岡鶴太郎)だった。それに不満を持った香里は早々に貞九郎をパスし、一番男前の君章(奥田英二)にアタックを開始。その様子を冷静に見ていた千明(池上季実子)は、香里を心配する。一方、橋を挟んで川向いに住んでいる桃子と良介は、何かと顔を合わせることが多く…。

      第3回「男と女の電話」

      あらすじ

      男におぼれやすく、何度泣かされても懲りずにほれてしまう照明デザイナーの香里(賀来千香子)は、君章(奥田瑛二)に夢中。だが、心底女にほれないタイプの君章は、もう香里から逃げようとしていた。一方、女に逃げられて、暗い日々を送っていた貞九郎(片岡鶴太郎)は、千明(池上季実子)からの誘いを受けて舞い上がる。だがそこで、貞九郎はなかなか思いを伝えられないばかりか、「弟みたい」と言われ肩を落とす。そんな貞九郎の気持ちを知らない千明は、海外ツアーの仕事から帰ったばかりの良介(明石家さんま)とのデートにウキウキしていた。そして、良介は相変わらず桃子(大竹しのぶ)に振り回されっぱなしで…。

      第4回「夜の橋」

      あらすじ

      両親の不和が原因で男を本気で愛せない千明(池上季実子)。そんな千明が、ふと、人を好きになってみようかという気持ちになった。相手は良介(明石家さんま)。良介の「オレ、いま、人間が好きです。人間って面白いですよ」という言葉に、心を動かされたのだ。一方、その良介は、また桃子(大竹しのぶ)から無理難題を持ち込まれていた。桃子に一目ぼれした男が、両親を連れて結婚の申し込みに来るから、その時だけ恋人の役をやってほしいというのだ。しかし、桃子はそこへ来合わせた君章(奥田瑛二)にちゃっかり乗り換え、恋人役を君章にやってもらった後、恋人気分でデートを楽しむ。ある日、久しぶりに全員で飲もうと集合した男3人と女4人だったが、酔いが進むとそれぞれの思惑が絡み合い、つい本音が出てしまい…。

      第5回「あなたが好き」

      あらすじ

      深夜、良介(明石家さんま)に思い切って電話をした千明(池上季実子)は「あなたが好き」と言い電話を切った。翌日、千明は貞九郎(片岡鶴太郎)を呼び出し、悩みを打ち明ける。貞九郎だけには、なぜか素直になれる千明だった…。一方、良介は、仕事で必要な金を銀行で引き出すことができずに困り果てる。そして、桃子(大竹しのぶ)の勧めで、千明から借金することになってしまうが…。

      第6回「隣りの席」

      あらすじ

      良介(明石家さんま)のマンションで一夜を明かした千明(池上季実子)は、翌日、再び貞九郎(片岡鶴太郎)を訪ねた。好きな人と結ばれたはずなのになぜか不安が残る千明を、貞九郎は自分の気持ちを押し隠し、必死に励ます。一方、君章(奥田英二)に冷たくされた香里(賀来千香子)は、ひとり思い出のバーへ向かう。しかし、そこで見たのは、君章が見知らぬ女と仲睦まじく肩を並べる姿だった。そんなある日、美和子(小川みどり)が、都内見物バスツアーの切符を7枚持ってくる。いつもの男3人、女4人全員でバスツアーに参加するが…。

      第7回「嵐の日」

      あらすじ

      元カノにばったり会い、彼女がいるとウソをついてしまった貞九郎(片岡鶴太郎)は、元カノとお互いのパートナーと4人で会う約束をしてしまう。千明(池上季実子)に恋人役を頼もうとする貞九郎だったが、貞九郎の前でウソはつきたくない、と千明は恋人役を美和子(小川みどり)に頼むことに…。一方、仕事で香港に行っていた良介(明石家さんま)は、帰国後、なぜか千明に連絡するのをためらっていた。その後、久しぶりにデートした良介と千明は、互いにどこかちぐはぐした空気になり、戸惑いを感じる。ある雨の夜、桃子(大竹しのぶ)のアパートの窓枠が壊れて部屋中ビショ濡れに。遊びに来ていた千明も手伝って応急処置をしていると、心配した良介がやってきて…。

      第8回「こころの傷」

      あらすじ

      君章(奥田瑛二)は会社の女子社員・世津子(高倉美貴)に、妊娠したから責任をとってほしいと結婚を迫られてしまう。覚悟を決めて結婚するか、会社を辞めて逃げ出すか、君章は頭を悩ませる。同じころ、良介(明石家さんま)にも厄介な問題が持ち上がっていた。昔、同棲していた出口明美(井原千寿子)が突然訪ねてきて、マンションに居ついてしまったのだ。しかもそれを桃子(大竹しのぶ)に見つかってしまい、良介は桃子と千明(池上季実子)に呼び出されて問い詰められる。さらに、君章も呼び出され、良介と共につるし上げられて…。

      第9回「笑うな!」

      あらすじ

      良介(明石家さんま)の姉・千歳(加賀まりこ)が大阪からやって来る。しかも、幼なじみの亜紀子(円浄順子)を良介の嫁にと連れてきたのだ。聞けば、大阪の家族は全員、良介と亜紀子の結婚を望んでいるという。困った良介は、桃子(大竹しのぶ)を千歳に紹介するが、それが逆効果に。「こんなややこしい人やめとき」と、母から全権を委任されてきた千歳は強硬な態度を示す。同じころ、桃子のところにも、田舎に帰ると電話したまま音沙汰無しの娘を心配した父・徳治(早崎文司)が上京してきて…。

      第10回「Yes or No」

      あらすじ

      ある日、桃子(大竹しのぶ)のもとに、マイケル・ジャクソンの全米ツアーに密着して記事を書かないかという、思いがけない仕事の話が舞い込む。ノンフィクションライターを目指す桃子には魅力的な話だが、この仕事を引き受けると半年間アメリカに滞在しなければならなくなる。悩んだ桃子は良介(明石家さんま)に相談。良介の本音は、桃子を行かせたくない。だが、桃子の夢を大切にしてやりたいという思いもあり…。一方、盛岡への転勤が決まり悩んでいた貞九郎(片岡鶴太郎)は、千明(池上季実子)にそれを打ち明ける。頼りにしていた貞九郎の急な転勤に大きなショックを受けた千明は…。そして、君章(奥田瑛二)も香里(賀来千香子)との関係にある覚悟を決める。

      キャスト

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      登場キャラクター名 キャスト名
      今井良介 明石家さんま
      浅倉千明 池上季実子
      大沢貞九郎 片岡鶴太郎
      沢田香里 賀来千香子
      神崎桃子 大竹しのぶ
      キャストの詳細を見る ➡

      今井良介(明石家さんま)

      この投稿をInstagramで見る

       

      小林新一郎(@koba_young55)がシェアした投稿

      本作の主人公。

      日本橋中州のマンションに住み、仕事に対しても誇りをもち、生きがいを感じる30歳の独身男性。

      仕事は、旅行代理店に勤めるツアーコンダクター。

      持ち前の明るい性格で、人に対し、肯定的な思いやりをもった優しい面がある。

      桃子と逢えばケンカばかりするが、好みが似通っている。

      浅倉千明(池上季実子)

      この投稿をInstagramで見る

       

      @noi.noi111がシェアした投稿

      桃子のコンパニオン・ガール時代の仲間。

      為替ディーラー。不器用なところがあり、正反対の性格の良介に惹かれるも、何よりの支えは貞九郎の存在と気付くようになる。

      大沢貞九郎(片岡鶴太郎)

      桃子と学生の時からの友人。

      結婚式場に勤めている。

      沢田香里(賀来千香子)

      照明デザイナーの見習いとして働いている。

      桃子・千明とはコンパニオン・ガール時代の仲間。

      神崎桃子(大竹しのぶ)

      28歳で独身。ノンフィクションライターを目指し、江東区清澄一丁目のアパート暮らし。

      思いついたらパッと行動するタイプ。

      ノンフィクションライターの夢を叶えるためにアメリカに渡航する。

      スタッフ

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      pプロデューサー 武敬子
      原作 鎌田敏夫
      脚本 鎌田敏夫
      演出 生野慈朗清弘誠

      主題歌

      主題歌は、石井明美の「CHA-CHA-CHA」。

      石井明美のデビュー曲となったこのナンバーは、イタリアのグループ「フィンツィ・コンティーニ」が1985年にヒットさせたカヴァーです。

      本ドラマが高視聴率をマークし、それにシンクロするように本ナンバーも大ヒットを飛ばし、ディスコ=遊び人文化の発信地から生まれたダンス・ミュージック、主にユーロ系ダンス・ポップの日本語カヴァーの先駆けとなった曲。

      大ヒット当時を知らなくても愛されるメロディで、本ドラマには欠かせないナンバーです。

      「男女7人夏物語」の無料動画をフル視聴するにはTSUTAYAディスカス/TVの無料おためしを利用しよう!

      この投稿をInstagramで見る

       

      wabi わび(@wabi1201)がシェアした投稿


      ここまで、「男女7人夏物語」の無料動画をフル視聴する方法や、Pandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトで見れるかについて見てきました。

      最後にもう一度、本記事の内容を振り返ってみます。

      本記事の内容
      • 「男女7人夏物語」の無料動画をフル視聴する方法を3つ厳選してご紹介
        • TSUTAYAディスカス/TV」を使う方法おススメ
        • Paravi」を使う方法
        • YoutubeやPandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトは危険
      • 「男女7人夏物語」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

      1番のおススメは「TSUTAYAディスカス/TV」の30日間無料キャンペーンを利用する方法だったね。

      ただし、いつこのお得なキャンペーンが変更・終了するかわからないので、早めに無料体験するのがおススメです。

      あなたに合った動画配信サービスで、ぜひ素敵な動画ライフを楽しんでね。

      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。
      ※本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。