この記事では、「HERO(ドラマ1期)」の無料動画1話~最終回を全話フル視聴する方法についてまとめています。

  • 「HERO(ドラマ1期)」を無料で見る方法が知りたい。
  • pandora/dailymotion/9tsu/フリドラなどの違法サイトでも見れる?
  • 動画配信サービスっていくつかあるけど、どれがおススメ?

    こんな疑問や悩みが解決できる記事になっています。

     

    「HERO(ドラマ1期)」は、「ガリレオ」シリーズ、「海猿」シリーズなどを手掛ける福田靖さんが脚本を担当した法廷ドラマ

    型破りで正義感の強い主人公・九利生公平が在籍する東京地検城西支部を舞台に、同僚検事・検察事務官たちとともに事件解決に立ち向かっていく物語です。

    平均視聴率34.3%にも及び、放送された2001年には第28回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 最優秀作品賞ほか多くの賞を受賞しました。

    本作以外にも特別ドラマ2回放送、映画2本、続編となる連続ドラマが2014年に放送されるなど大人気作品。

    主人公を演じるのは歌手・俳優の木村拓哉さん。ヒロインには女優の松たか子さん。他にも大塚寧々さん、阿部寛さん、勝村政信さん、八嶋智人さん、小日向文世さんなど豪華なキャストが脇を固めています。

    仲間たちとの楽しいやり取りやテンポの良いストーリー展開、「真実」を明らかにする正義が魅力的となっています。

     

    「HERO」のシリーズ作品はこちら↓↓↓

    あわせて読みたい

     

    本記事の内容

    • 「HERO(ドラマ1期)」の無料動画1話~最終回を全話フル視聴する方法を2つ厳選してご紹介
      • TSUTAYAディスカス/TV」を使う方法 おススメ
      • Youtubeやpandora/dailymotion/9tsu/フリドラなどの違法サイトを使う方法
    • 「HERO(ドラマ1期)」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

    この記事を書いているボクは、これまで10社以上の動画配信サービスをタダで利用し、今も複数のサービスを契約しているVODマニア。

    この記事を読めば、「HERO(ドラマ1期)」を無料視聴するための、あなたにとって最適な方法がきっと見つかるはず。

    それでは、さっそく見ていきましょう。

    ▼説明抜きで今すぐ見たい方はコチラ▼

    ↓ ↓ ↓

    \30日間無料キャンペーン実施中/
    無料期間中の解約で、0円。

    pandora/dailymotion/9tsu/フリドラで「HERO(ドラマ1期)」を見るのは危険!

    違法サイトは危険

    まず、Youtubeやpandora/dailymotion/9tsu/フリドラなどの違法サイトで、「HERO(ドラマ1期)」の動画が見れるか確認してみました。

    違法サイト例

    • Pandora(パンドラ)
    • Dailymotion(デイリーモーション)
    • miomio(ミオミオ)
    • 9tsu
    • Kissanime
    • anitube
    • b9

    上記サイトを調査したところ、記事執筆時点では「HERO(ドラマ1期)」の動画は見つかりませんでした。

    調査結果を見てみる ➡

    pandora_HERO(ドラマ1期)

    Pandoraを調査したところ、「HERO(ドラマ1期)」の動画は1件もヒットしませんでした。

    dailymotion_hero

    Dailymotionを調査したところ、「HERO(ドラマ1期)」の動画は2件ヒットしました。

    ただし、本作と関係のない動画ばかりで、本編を見れる動画はありませんでした。

    ただし、今後万が一見つかったとしても、これらの無料動画サイトで視聴するのはおススメできません

    理由はつぎのとおり。

    違法サイトをおススメしない理由

    自分では気づかずに違法行為になる可能性も。ホント怖い。

    また、以下はほんの一部ですが、実際に被害にあった事例も多数報告されています。

    違法サイトは主に海外サーバーが使われてる。取り返しがつかなくなることもあるよ。

    公的機関でも、違法動画の処罰について明記されています。

      あくまでも自己責任ですが、これだけのリスクを抱えて違法サイトで見るメリットは全くありません

      つぎに紹介する公式の動画配信サービスを使って、安心・安全に楽しもう。

      「HERO(ドラマ1期)」の無料動画1話~最終回を全話フル視聴できる動画配信サービス一覧

      つぎに、国内の主要動画配信サービスでの、「HERO(ドラマ1期)」の配信状況をまとめてみました。

      調査結果を確認する ➡

      〇:無料、△:有料、×:配信なし

      配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント
      U-NEXT × 31日間無料
      月額2,189円
      600P付与
      TSUTAYAディスカス/TV 30日間無料
      月額2,659円
      1,100P付与
      ディズニープラス × 31日間無料
      月額770円
      ポイントなし
      Hulu × 2週間無料
      月額1,026円
      ポイントなし
      music.jp × 30日間無料
      月額1,958円
      1,600P付与
      FODプレミアム × 2週間無料
      月額976円
      500~900P付与
      ABEMAプレミアム × 2週間無料
      月額960円
      ポイントなし
      dTV × 31日間無料
      月額550円
      ポイントなし
      Paravi × 14日間無料
      月額1,017円
      ポイントなし
      Amazonプライム × 30日間無料
      月額500円
      ポイントなし
      TELASA × 15日間無料
      月額618円
      ポイントなし
      Netflix × 無料期間なし
      月額990円
      ポイントなし

       

      調査の結果、TSUTAYAディスカス/TVの1つのサービスで無料視聴できることがわかりました。

      今回はこの唯一視聴可能な、おススメの次の方法をご紹介します。

      おススメの1つの方法

      1. TSUTAYAディスカス/TVを使う方法 おススメ

      それでは、詳しく解説していきます。

      TSUTAYAディスカス/TVを使って「HERO(ドラマ1期)」の無料動画1話~最終回を全話フル視聴する方法

      TSUTAYAのセットプラン

      TSUTAYAディスカス/TVの概要とメリット・デメリット

      TSUTAYAディスカス/TVは、

      • 動画配信サービス(TSUTAYA TV)
      • 宅配レンタル(TSUTAYAディスカス)

      の2つがセットになったサービス。

      「HERO(ドラマ1期)」はTSUTAYAディスカスを利用して無料で見ることができます。

      TSUTAYA_HERO

       

      そんなTSUTAYAディスカス/TVの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      TSUTAYAディスカス/TVの基本情報

      項目 内容
      月額料金 2,659円
      無料期間 30日間
      ポイント特典 1,100P
      作品数 10,000本以上(TSUTAYA TVのみ)
      同時視聴 1~2台(作品による)
      ダウンロード機能

      TSUTAYAディスカス/TVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカスTVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカス/TVの2つのデメリット

      TSUTAYAディスカスTVの2つのデメリット

      正直、TSUTAYA TVはほかの動画配信サービスとの違いはそこまでない。でもTSUTAYAディスカスの品揃えはマジでスゴイ。ここでしか見れない作品も多いので、要チェックだよ。

       >>TSUTAYAディスカス/TVを詳しく見る

      TSUTAYAディスカス/TVで「HERO(ドラマ1期)」を見た後におススメの作品

      TSUTAYAディスカス/TVの無料期間は業界トップクラスの30日間。

      なので「HERO(ドラマ1期)」が見終わったら、無料で見れるほかの作品もぜひチェックしておきたいですね。

      TSUTAYA TVのおススメ作品

      TSUTAYA TVは見放題作品をたくさん取り揃えているほか、無料お試しでもらえる1,100ポイントを使えば、有料作品も2本ほど無料で見ることができます。

      松たか子 出演作品

      TSUTAYATV_松たか子出演作品

      大塚寧々 出演作品

      TSUTAYATV_大塚寧々出演作品

      • 水上のフライト
      • HERO
      • アヒルと鴨のコインロッカー
      • Dr.コトー診療所 特別編【フジテレビオンデマンド】
      • 最上の命医 2017 【テレビ東京オンデマンド】
      • おっさんずラブ
      • 医龍 Team Medical Dragon2【フジテレビオンデマンド】
      • その他20作品

      TSUTAYAディスカスのおススメ作品

      ご紹介する作品は、すべて準新作・旧作に絞っているので、どの作品も無料でレンタル可能です。

      阿部寛 出演作品

      TSUTAYAディスカス_阿部寛出演作品

      • まだ結婚できない男
      • 下町ロケット -ゴースト-/-ヤタガラス- 完全版
      • のみとり侍
      • 北の桜守
      • 空海-KU-KAI-美しき王妃の謎
      • 祈りの幕が下りる時
      • 海辺のリア
      • その他116作品
      勝村政信 出演作品

      TSUTAYAディスカス_勝村政信出演作品

      • ドクターY ~外科医・加地秀樹~ 3
      • ドクターY ~外科医・加地秀樹~ 4
      • アリバイ崩し承ります
      • Heaven?~ご苦楽レストラン~
      • ドクターX ~外科医・大門未知子~6
      • ラスト・ホールド!
      • ドクターY ~外科医・加地秀樹~ 2
      • その他58作品
      田中要次 出演作品

      TSUTAYAディスカス_田中要次出演作品

      • 実りゆく
      • HYDRA ヒドラ
      • いけいけ!バカオンナ~我が道を行け~
      • 逆位置のバラッド
      • グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~
      • 「広告会社、男子寮のおかずくん」劇場版
      • 面白南極料理人
      • その他130作品

      >>おススメ作品も合わせて楽しむ!

      TSUTAYAディスカス/TVの口コミ・評判

       >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料おためし

      TSUTAYAディスカス/TVの登録・解約方法

      TSUTAYA登録方法は2ステップ

      登録・解約も簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの登録手順
      1. TSUTAYAディスカス/TVから「今すぐ30日間無料トライアル」をタップ。
      2. 名前、メールアドレス、クレジットカード情報を入力して、会員登録。
      3. 登録完了メールが届いたら、完了です。
      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの解約手順
      1. マイページから「マイメニュー」をタップ。
      2. 「登録情報の確認」から、「サービス解除申請」をタップ。
      3. 「申請を完了する」をタップし、メールが届いたら、完了です。
      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。

      「HERO(ドラマ1期)」の作品紹介

      ここからは、「HERO(ドラマ1期)」を120%楽しむための作品情報についてお伝えしていきます。

      気になる情報を、ぜひチェックしてみてください。

      基本情報

      タイトル HERO
      公開 2001年1月8日
      制作会社 フジテレビ
      公式サイト HERO(2001年)
      Wikipedia HERO (テレビドラマ)

      あらすじ・感想

      あらすじを見る ➡

       久利生公平は元不良で中卒、大検を受け、司法試験に合格し検事になった。服装はダークスーツではないラフな格好。エリート検事にはない、ストリートで養った独自のカンとクレバーさを持っている。
      物語は彼が青森から東京地検の城西支部の刑事部に赴任するところから始まる。当然のことながら、古い習慣にとらわれ、出世や保身ばかり気にする他の検事や事務官たちと軋轢が生まれる。

      雨宮舞子は事務官だが、ゆくゆくは副検事になることに希望を持っている。仕事に一途で、いわゆるカタイ女性の典型。上層思考の強い舞子は、優秀と噂されている久利生公平の事務官に立候補。しかし実際の久利生の姿を目にしたら、彼の破天荒な仕事ぶりに驚き、あきれるばかり・・・.

      そのほか、検事には中村美鈴、江上達夫、そして主任検事の芝山貢、事務官の末次隆之、遠藤賢司、刑事部部長の牛丸豊、がいる。彼らも、久利生が事件の大小関係なく熱心に捜査したり、ラフな服装で仕事をしたりする姿に違和感を覚え、彼のことが理解できない。唯一、次席検事の鍋島利光だけは、久利生公平に期待を寄せているのだが・・・。

      久利生は表には出さないが、人一倍正義感が強く、また人を見た目で判断することなく常に真実を求める男なのだ。久利生が事件の大小関係なく熱心に捜査をしたり、ラフな服装で仕事をしたりする姿に違和感を覚え、彼のことが理解できない城西支部の面々。彼らは久利生と出会ったことによって、ある時は反発を覚え、ある時は感化されていく。このドラマは、そういう個性の強い人間達が巻き起こす、群像劇なのだ。そして最も個性の強い、変わり種の久利生がどんな活躍を見せるのか・・・?

      感想を見る ➡

      一度見出すと最後まで続けて見たくなる作品

      1番好きなドラマ

      法的をテーマにしたドラマには珍しく弁護士ではなく検事にスポットライトが当たってて、シリアスあり、笑いあり、そうくるかという良い意味で裏切られる展開もあり、初見の人にも楽しんで頂けるドラマだと思います。もちろん評価は星5。1話見たら次々と先の話しを見たくなる作品です。演じる方々のキャラもたっていて、笑いどころも沢山あります。そして難事件に挑む久利生検事の諦めない姿勢にはカッコ良さも感じます。演じる木村拓哉さんがかっこいいのはありますが、松たか子さん演じる雨宮を振り回したり常識にとらわれない考え方など最後まで楽しく飽きずに見続けれると思います。今までで色々なドラマを見てきましたが個人的に1番好きな作品です。
      SABO(30代・男性)

      熱い性格の主人公に心を打たれる作品

      心が熱くなる結末

      木村拓哉さん演じる久利生は正義感に満ちた熱い性格の検事ですが、彼には最後まで熱い気持ちにさせられました。作中で久利生と麻木が鍋島次席のお墓参りをするシーンがとても印象的でした。久利生の鍋島への思いには感動しました。久利生は鍋島がいたから検事という仕事を続けられたと語っています。そして検事を続けられて良かった理由に「どんなことがあってもブレずにいられるから」と言う久利生は光っていたように思います。このセリフには心が熱くなりました。これまでまっすぐに事件に向き合ってきた久利生を見ているとそのセリフがしっくりときました。久利生は最後までブレていなかったように思います。久利生の性格が際立っていた作品でした。
      E.I.(30代・女性)

      どんな人でも楽しめる、明るくてコミカルで爽快な検察ドラマ

      底抜けに明るくコミカルでカッコいい、爽快な気分になれるドラマ

      放送されたのはずいぶん前で、時代感覚もズレているはずなのに、今観ても十分楽しめて面白い。主演の木村拓哉のどうにも憎めない愛嬌のある主人公と、松たか子の真面目で融通の利かないヒロイン役が、まさに名コンビと言えるコミカルな掛け合いを繰り広げている。脇を固める癖のある面々も最高で、大笑いさせられることもしばしばだ。それぞれの人物が、それぞれの個室から登場し、中央部の部屋に集まるというまるで舞台のような展開も、奇抜で新鮮である。なにより、やっぱり、キムタクがカッコいいし、明るく楽しい展開の上、勧善懲悪の結末にもスカッとできて、観終わった後は気分爽快だ。こんな時期だからこそ、気分をあげるために観たいドラマの一つである。
      ひまわり(50代・女性)

      検事が主人公だが難しくなく軽妙な感じのポップなドラマ

      個性豊かなキャスト陣

      木村拓哉さん主演ドラマですが、脇を固める俳優陣が実力派揃いで、個性的な城南支部のメンバーをうまく演じています。主演もはれる阿部寛さんや名バイプレイヤーとして名高い小日向文世さんら名だたる俳優さんが出演しています。木村拓哉さんは演技面では何を演じてもキムタクにしか見えないと酷評されることがあり、確かにHeroでもそういった印象は否めませんが、実力派俳優たちとの絡みが面白いのでそういったマイナスな印象も幾分カバーされています。ストーリーはテンポよく展開していき、その軽快さが検事が主人公のドラマを堅苦しくなくポップな感じにしています。城南支部のメンバーのキャラ設定も絶妙で毎回毎回コミカルなやりとりが話の筋とは関係なしに面白かったです。特に木村拓哉さんのファンではなかったのですが、それでも毎週楽しみにしていたのはそういったコミカルなやりとりが面白かったからだと思います。難しい法律用語が多用されることもなく気軽に見れました。
      しゃんこ(50代・女性)

      中弛み無く一話一話分けて見れる楽しい作品です

      見ててスカッとします

      悪いことをしたら許さないという点では、刑事や警察ものに近いものがありますが、検察という目線はとても面白いものがあります。犯人が解っている中での、納得いかない、証拠不十分な所を捜査して真実を突き止めていくのが大筋であり、裁判や弁護士とのやり取りもあってとても面白いです。主人公久、利生の考えは、被害者の味方になれるのは検事だけだと劇中で語っています。真実を突き止める事が被害者や被害者の家族の為になると信じているので、その正義感溢れる部分も見所だと思います。また、久利生の周囲の職場の同僚も個性的であり、新人の久利生に振り回されながらもなんだかんだ助けてくれる所や、人間関係をコミカルに描いていたり、結びに必ず出てくるBARのマスターの決め台詞(あるよ)が最高です。
      迅(30代・男性)

      異色検事が繰り広げるスカッと爽快のドラマ

      スカッと爽快ドラマ

      本作は元SMAPの木村拓哉さんが主演された異色の検事が仲間と共に繰り広げる爽快なドラマで事件を解決する部分はスカッと気持ちよくて見ていてとても楽しいです。共演の松たか子さんを始め、八嶋智人さん小向文世さんら共演者達と繰り広げられる騒動もコメディータッチで描かれており、とても見やすく軽い気分でみられるストーリーです。裁判シーン等もよくある弁護士目線からではなく検事側からの目線で話が進んでいくので新鮮な感覚で見れます。一番の見どころは行きつけのバーのマスターが客の食べたいものをなんでも「あるよ」と言って用意してくれるところが毎回どんなものが用意されているのか楽しみにすることができます。木村拓哉さんと松たか子さんが何とも言えない関係で最後にお互いが思い合うのかどうなのかも気になるところです。
      D.Dax(30代・女性)

      幅広い年代に受け入れられる作品

      主人公の人物像が魅力的

      検察官の仕事を描いた作品であり、最初は難しいドラマになるのではないかと感じていましたが、木村拓哉さん演じる久利生のカジュアルな身なり軽い口ぶり、そして通販好きという一面などから検察官という硬いイメージを払拭してくれました。型破りな人物像に面白みを感じつつ、その型破りさから感動さえ感じさせられ、他の検事とは違った視点とフットワークの軽さから納得できないことはすぐに捜査に向かう姿にカッコよさを感じ、またそこから誰もが見落としていた重要な証拠を掴む展開に心震えます。事件の大小に拘らず、また権力者が関わる事件であろうと揺るがない久利生の姿は魅力的で、自分がどうなろうと被害者第一の考え方は胸が熱くなります。また、久利生に振り回されながらも久利生の考え方に感化されていく松たか子さん演じる検察事務官・雨宮との掛け合いは見どころで、最初は型破りな久利生といがみ合っていた雨宮が、徐々に同じ方向を向いて事件解決に挑んでいく姿は見ていて最後まで力が入りました。何度見ても久利生という人物像に魅力を感じる作品です。
      parapi(30代・女性)

      明日への希望と活力をくれる作品

      どうあがいても久利生さんが地上の星

      世渡りが下手な人って組織のなかで潰されがちで、世間に不満かかえたり不信感抱いたり、余計に他人を悪く思いがちになると思うんだけど、久利生さんはそうじゃない。久利生さんは跳ねっ返りだしあることないこと批難されまくって検察官人生送ってきたけど、ずっと愚直に人間愛を貫いてきた。そうしてそれに誇りを持ってきた。だから必要以上にやさぐれない。かっこよすぎる。そう、人間愛といって彼は、弁護士じゃなくて検察官で。検察官は、人間の弱い部分を真っ向から見つめる立場にある。人の嫌なところなんて近い人でも見たくないと思うのに、久利生さんは真っ向から見つめてしっかりとらえる。懐が深すぎる。そして誰に対しても対等に、まっすぐな言葉で接する。見るたび惚れ惚れする。
      にぼしかん(30代・女性)

      観ていて楽しい

      かっこいい

      なんと言っても木村拓哉さんのカジュアルなファッションが様になっていてめちゃくちゃかっこよかったです。お堅い仕事なのに普通にジーンズで仕事場に行っちゃう破天荒なところも男らしくて凄く素敵で最高でした。また、仕事に対して決して手を抜かない誠実な部分が素晴らしかったです。社会人としてと言うよりも一人の人間として久利生さんのことを尊敬したいなと思いました。真剣すぎるあまり事務官の雨宮さんをことごとく振り回しているのは観ていて面白くて、そんな2人の些細なやり取りがとても大好きでした。振り回されながらも懸命について行く雨宮さんの真面目さもめちゃくちゃ好ましくて、久利生さんのみならず彼女のことも好きだと思ったし尊敬できるなと思いました。久利生&雨宮、まさにベストパートナー感があってたまらなかったです。
      おとは(20代・女性)

      ストーリー性が崩れていない作品

      最初から最後まで作りが丁寧でした。

      HEROのドラマ第2弾は、キャストを半分入れ替えながらHEROらしさを失わなかったので本当に楽しいドラマでした。最近テレビを見ることが少ない私でも毎週テレビを見ました。そこまで影響力の高かったドラマでした。良く悪く言ってもHEROらしさそのまま出ていました。それで良い仕上がりと思います。下地が完全に存在し、久利生は感情的にブレることは無いのを見て尊敬出来ると感じました。その辺は変な風に掘り下げ、新しい久利生の一面とかをやるよりも久利生らしさを見せてこそHEROだろうと改めて思いました。何話あってもストーリーの元々ある要素を崩さない作品だったので見る価値は十分にありました。脚本家のセンスが良いと感じる作品でした。
      まり(30代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      第1回「最悪の出会い」

      あらすじ

       東京地検城西支部の検事たちは、刑事部部長 牛丸豊(角野卓造)の指揮で、海王建設と岬代議士(清水省吾)の黒い癒着事件の強制捜査に踏み切った。「午前八時着手」。牛丸の命令に、検事、事務官たちは、報道陣が詰めかける建設会社本社や岬宅での家宅捜索を開始。岬代議士の身柄確保を手際よく進めていった。岬は、雨宮舞子(松たか子)中村美鈴(大塚寧々)に両側をガードされ、車の中に。

      一方海王建設本社では、芝山豊(阿部寛)、末次隆之(小日向文世)、遠藤賢司(八嶋智人)が証拠品を押収していた。  こうした間も、検事、事務官たちの関心は、この度青森から赴任してくる新任検事のこと。どんな奴が来るのだろう・・・。上昇志向の強い舞子は自ら担当事務官に立候補する。

      果たして翌朝、ラフな格好の久利生が登頂してきた。 みずから担当事務官になるとは言ったものの舞子は、久利生の格好に、そのうえ、いわば中卒で、司法試験を取り、検事になった彼の経歴を聞いて唖然とする。

      久利生は下着泥棒を担当。「犯行時間、家でテレビを見ていた。ビデオも撮った」と主張する被疑者。久利生は、犯人が逃走途中に自転車を乗り捨てた現場や、被疑者宅を再検分したり、被害者の女性達を呼んで事情を聞いたり。こんな小さな事件に、執拗に取り組む久利生の行動に牛丸も警察の領分を侵すなと注意をする。舞子は担当を外して欲しいと頼むが、他に久利生の担当をする事務官はいない。他の検事や事務官も久利生公平の行動が理解できない。しかし次席検事の鍋島利光(児玉清)だけは久利生に期待を寄せているようだが・・・。

      そんな折、久利生は、舞子をヨットハーバーに連れていく。岬代議士は、家族とクルーザーで写した写真を基にアリバイを主張していた。その写真を見ていた久利生は、確認の為にヨットハーバーに舞子を連れていったのだった。そして、そのアリバイを主張する写真が、不可解であることに気づく久利生だったが・・。

      第2回「帰れないふたり」

      あらすじ

       「検事は悪者で、弁護士は人権を守る正義の味方」。東京地検城西支部では、検事の芝山(阿部寛)や美鈴(大塚寧々)、事務官の遠藤(八嶋智人)らが、そんな話をしていた。江上(勝村政信)の部屋から被疑者の女性が泣いて訴えているのが聞こえ、芝山らは、なにかむなしくなるのだった。

      舞子(松たか子)は江上からK1に誘われるが「恋人ではないことを確認しておきたい」と一応、釘を刺すのだった。  舞子が、久利生(木村拓哉)の部屋に入っていくと、久利生は通販で買った腹筋トレーニングマシンで、トレーニング中。そんな姿に舞子は「ン!もう」とウンザリ。

      その久利生の前に連れてこられたのは、すれ違った男性に、いきなり十発も殴られたという高井戸謙介(大柴邦彦)21歳。顔は青あざだらけ。殴ってきた男は、謙介が身をかわしたはずみに、階段を転落、死亡してしまった。傷害致死罪などが想定されるが、謙介は「正当防衛」を主張していた 。

      謙介と一緒にいた二人の友人から聴取した警察の調書は、謙介の主張を裏付けていた。久利生が、謙介の取り調べを始めるとほぼ同時に、謙介の身柄引き取りに、大物弁護士の坂ノ上(神山繁)が牛丸(角野卓造る)を訪ねてきた。坂ノ上は、代議士である謙介の父親の顧問弁護士でもあり、鍋島次席(児玉清)の友人でもあった。牛丸は、恐縮しきりだが、久利生は、謙介の完全黙秘から、何かを感じ、街に飛び出していった。慌てる舞子。牛丸に、「ついて行け」と命じられ、舞子は久利生を追った。

      久利生が本来処理する仕事を回され、それぞれ予定があった芝山や江上、美鈴や遠藤は、渋々と処理し始める。

      久利生は、正当防衛を裏付けた証言をする謙介の友人に会った。さらに、殴った男の務めていた和菓子店にも現れた。黙々調査する久利生。

      日も暮れ「迷惑な奴」と芝山たちは思うが、納得するまで久利生は捜査を止めようとしない。手を大切にする菓子職人が、いきなり人を殴るか?K1選手でもないのに、十発も連続して殴れるか?。久利生の中で疑問が広がる・・・・。

      第3回「恋という名の犯罪」

      あらすじ

       行きつけのバーで、江上(勝村政信)と舞子(松たか子)が話しているそばで、久利生(木村拓哉)は、テレビを見ていた。すると、店の隅のテーブルで男女が言い争う声。ふと見ると、女性から別れ話を持ち出されたらしい男性が逆上、次第に暴れ出し、近くにあったステーキナイフを手にして女性に切りかかろうとしていた。久利生が男性に飛びかかり、事態を治めた。

      翌日、久利生の前に引き出された加害者の男性・宮川雅史(宮迫博之)はシュンとしておとなしい。「なんであんなことを」という久利生に、料理を作ってくれ、そのうえ「生まれ変わっても一緒になろうね」と その女に言われたと情けなく話す。

      一方被害者の女性・島野紗江子(森口瑤子)は料理研究家として最近注目されていた。久利生には「彼への気持ちがさめたんです」とそっけなく話した。取り調べが終わり、久利生の部屋から出てきた紗江子の美貌やスタイルに事務官の遠藤(八嶋智人)や末次(小日向文世)はうっとり。そのうえ、美鈴(大塚寧々 )が不格好にむいたリンゴを見つけた紗江子が鮮やかにリンゴをむき、「さすが」と感心する。舞子も仕事に打ち込みたいという紗江子を尊敬のまなざしで見る。

      ところが、紗江子の身辺を調べると、結婚詐欺で複数訴えられていた。宮川同様、料理を作ってくれ「生まれ変わっても一緒になろうね」と同じ殺し文句を紗江子は男たちに話していた。

      結婚詐欺は、男女の気持ちが底流にあり、犯意の立証が難しいのが常識。それを理解している久利生は難しい事件の前に消極的。反対に舞子は「リングに上がる前、引き下がるK1選手」ときっぱり。

      久利生は、宮川をたきつけ、詐欺の被害届をださせるのだった。訴状を手に久利生は紗江子のキッチンスタジオに向かうのだった・・・。

      第4回「彼に教わったこと」

      あらすじ

       条件の良い弁護士転身を希望する芝山(阿部寛)が大手弁護士事務所から、打診を受けているとき、舞子(松たか子)は江上(勝村政信)らとともにストーカーに殺害された若い女性の解剖に立ち会っていた。真剣な眼差しの舞子だが、江上は時折、もどしそうになる。

      容疑者の小山田秀二(北山雅康)は腰を強打し動けないことから入院中だった。刑事の壇原段(宇梶剛士)は早く身柄を逮捕したかったが、江上は凶器の鋭利な刃物が見つかっていないことや、小山田が「被害者の部屋の前を通りかかったら、突然ドアが開き、抱きつかれた」、「隣の姉の部屋に行くところだった。やってない」と供述したことから、逮捕を見送ることにした。

      ところが、その小山田が病院から抜け出し逃げ出した。警察は抗議の文書が届き、牛丸部長(角野卓造)は自分も「責任を取らされる」とハラハラ。江上は、容疑者が逃げたことで「やはり犯人だったか」と自己嫌悪にも陥ってシュンとしていた。「検察の判断ミスか」「検察と警察の対立激化」などマスコミにも取り上げられる中、検事たちは、逃げた男が犯人なのか、別に犯人がいるのか、捜査に乗り出す。

      現場はマンションの三階。美鈴(大塚寧々)は舞子とともに、凶器を探すが見つからない。芝山は犯行の再現に取り組む。そんな検事たちの様子に「捜査ごっこ」と現場の刑事たちは馬鹿にした様子。

      久利生(木村拓哉)は、ストーカー殺人の現場近くにあるレストランで無銭飲食して捕まった男を取り調べていた。一日粘り、五十食以上食べた男に久利生は「よく食べるわ」とウンザリ気味。

      そんな中、友人宅に隠れていた小山田が捕まる。「犯行を自供した模様」とテレビニュースは伝え、ストーカー殺人の事件現場のマンションに住む小山田の姉 美奈子(森下涼子)が責任を感じ、自殺を図る。ちょうどその時、久利生や舞子がマンションに来ており、助けることができた。再度現場を確かめる久利生は・・・・。

      第5回「二人きりの夜」

      あらすじ

       不倫がもとで、検察職員が地方に飛ばされるという話で、城西支部はもちきり。美鈴(大塚寧々)の挑発に乗せられ、舞子(松たか子)は「大人の恋愛しています。相手には妻子があり・・・・・」と不倫交際宣言。事務官たちは「エッ!」とびっくり。舞子のことが好きな江上(勝村政信)はショック。牛丸部長(角野卓造)も部下の不倫は一大事とハラハラ。

      久利生(木村拓哉)と舞子が担当することになったのは、不倫関係の清算を妻と愛人を交え話し合っているうち、激昂して妻を切りつけた夫、矢口徹(小原雅人)の傷害事件だった。愛人の朝美(桜井幸子)も切りつけたのは矢口と証言していたが、被疑者の矢口は「二人はウソをついている。俺じゃない」と言い張るのだった。

      愛している男の弁護をしない朝美は何かヘン。直感した久利生は朝美に会いに行くことにする。舞子も渋々ついて行く。  朝美は千葉で旅館をやっている実家に帰っていた。久利生が、事件の経過を確認すると、朝美は調書の証言を繰り返すばかり。久利生は、朝美の持っている財布を偶然見て、何かおかしいと感じる。そして東京に帰らず、この旅館に泊まって一晩ねばると言い出す。舞子は、牛丸部長に呼ばれていることもあり、東京に帰ろうとする。が、「部長には不倫相手のことを聞かれるぞ」と久利生に言われ、舞子も仕方なく泊まることにする。  果たして久利生は朝美から新事実を引き出すことができるのか?

      第6回「彼女の一番大切なモノ」

      あらすじ

       深夜閑散とする東京地検城西支部。一人テレビを見ていた舞子(松たか子)は、通販番組を見て、思わず注文してしまった。通販にハマっている久利生(木村拓哉)を小馬鹿にしていた舞子だが、誰にも内緒で購入し、大切に持っていた。  久利生は、非番の警察官をチョットしたトラブルで刺殺してしまった被疑者を取り調べていた。

      いつものバーで、久利生が、他の客とダーツで遊んでいると舞子がやってきた。久利生と一緒にいた客真壁哲也(村井克行)は、スーツを颯爽と着こなすビジネスマン。真壁に誘われて、舞子はクラブに付いていく。カタブツの舞子が、ナンパについていくなんてと久利生も内心驚き。

      舞子と真壁がいい雰囲気で話していると、そのクラブに男たちが乱入。「皆、動くな!」と客に命令口調で指示し始めた。実は、この店は賭博容疑で摘発されたのだった。その混乱の中、舞子は買ったばかりの通販商品をバッグから落としてしまった。探す間もなく警察に同行された舞子。やっと事情聴取が終わると深夜。久利生が舞子をもらい下げに来てくれた。

      翌日、舞子は牛丸(角野卓造)に呼ばれ雷を落とされる。「賭博の現場にいるなんて」と牛丸はカンカン。そんなことより、舞子は通販で買った物がどこへ行ったか心配だった。舞子は警察署に行き、押収品リストを見せろと要求したり、摘発を受けたクラブに忍び込もうとする。事務官たちは、そんな舞子を見て「もしや、何かヤバイことでも?」と勘ぐり出す。そんな話を聞くにつけ牛丸は自分の「出世に響く」と胃がきりきりするのだった。

      久利生は、警察官殺しで新たに逮捕された太田川晋平(升毅)の取り調べを始めた。先に久利生が調べた男は、借金のため太田川の身代わりになったらしい。太田川は犯行時間に九州の温泉にいたとアリバイを主張。旅館も男の話を裏付ける証言をしていた。久利生はアリバイ崩しの捜査を始めた。押収したマッチの中に、賭博容疑で摘発されたクラブのマッチがあった。久利生は舞子とともにそのクラブへ向かう。

      第7回「君に会えてよかった」

      あらすじ

       末次(小日向文世)、遠藤(八嶋智人)、舞子(松たか子)ら事務官たちは、様々な仕事を検事たちに申しつけられ、日ごろの不満がたまっいる。「俺たちになんでも押しつけやがって」など、こぼす末次や遠藤だが、舞子は牛丸(角野卓造)が張り出した副検事任用試験の張り紙を見て、チャンスが来たと燃えるのだった。

      しかし、試験は事務官経験十年以上が暗黙の条件。舞子は、なんとか受験させてもらおうと、牛丸に頼みこむ。  城西支部に新しい事務官、正木(金田昭夫)がやってきた。正木は舞子とともに、久利生公平(木村拓哉)、美鈴(大塚寧々)の担当をすることになった。しかし正木はもうすぐ事務官を辞めてクレープ屋を始めようと計画していた。奴隷のような仕事はやっていられないと末次、遠藤も共鳴。一緒にやろうと話が盛り上がる。

      久利生は、痴漢事件の捜査をしていた。被疑者は大手貿易会社の専務の綿貫(寺田農)。綿貫は痴漢の常習容疑がかかっていいた。しかし綿貫は会社での自分の立場を盾にし、毎日車で通勤しているからと容疑を否定。名誉毀損、誤認逮捕で訴えると久利生に毒づくのだった。すべて、弁護士に指導されてのことだった。

      久利生が、執拗に捜査を進めようとすると、弁護士の神林(石丸兼二郎)は「起訴するなら、被害者の女性の過去を持ち出す」と脅してきた。

      被害者の女性、智美(松永玲子)は実は綿貫の会社の社員。しかし事件後不当に解雇されていた。そのうえ、智美が過去に不倫問題があった事実を裁判で持ち出すと脅かしてきたのだ。婚約者もでき、間もなく結婚する予定の智美。智美のことを考えると下手な動きはできない。汚いやり方に舞子は憤る。何かを思案する様子の久利生。そんな二人を見ている正木。

      久利生は、綿貫の運転手に、舞子は、綿貫の秘書にアタックするが、二人とも専務と口裏を合わせていて、壁は厚い。果たして智美を傷つけることなく、綿貫を起訴に持ち込めるのか?

      第8回「過去を知る女」

      あらすじ

       痴漢事件公判で、女性弁護士・巽江里子(飯島直子)に反論され、美鈴(大塚寧々)はぶ然として、城西支部に戻ってきた。その頃、久利生(木村拓哉)は、牛丸(角野卓造)から医療過誤事件を担当するよう命じられていた。医療過誤は立証が難しく検事たちは嫌っていた。

      城西支部に颯爽と現れた江里子は久利生と親しい様子。周囲の芝山(阿部寛)、江上(勝村政信)、そして舞子(松たか子)は2人の仲を詮索し始める。

      江里子に入れ知恵されたためか、被疑者の医師は一転否認に転じる。勾留すべきか、久利生が迷っていると、江里子が起訴か不起訴かと迫ってくる。そんな江里子に舞子は、「久利生検事はえん罪を作らないためにも、調べをきっちりします」ときっぱり言うのだった。

      久利生は、舞子とともに手術後死亡した被害者の家族に会い、続いて病院に出向いた。田所理事長(田山涼成)、笹本院長(津山應志)にも会うが、明らかに口裏合わせしていた。

      さらに久利生は、事件直後に病院を辞めた準看護婦がいることを突き止め、会いに行く。その準看護婦・淳子(木内晶子)は待遇の良い病院に勤めていた。これも、江里子の策らしい。事件の日のことについて語ろうとしない淳子だったが、久利生と舞子の懸命な説得でやっと重い口を開き「医療過誤があった」と証言した。医師を起訴した久利生。江里子も負けてはならじと、一層策を巡らし始める。

      いよいよ公判初日、証言に立った淳子は久利生の質問に、証言を一転させた。目が点の久利生、一方、江里子はニンマリほくそ笑むのだった。

      第9回「俺がずっとそばにいる」

      あらすじ

       出勤途中に石膏像が落ちるというハプニングに見回れた舞子(松たか子)、しかし彼女の話に全く関心が無い芝山(阿部寛)、美鈴(大塚寧々)ら検事、事務官たち。  しばらくして、宅配のピザが届けられた。「だれが頼んだのかしら」と、舞子が代金を払おうとすると、ピサの箱から突然モクモク煙が上がりだし、煙に紛れ配達人が棒状の物を振り回し、暴れ出した。男はすぐ逃げていったが、警察が現場検証に来るなど地検支部は、大混乱。

      久利生公平(木村拓哉)は、犯人が「カチカチ」という音をさせて逃げていったのが妙に気になっていた。舞子は、男の指先に緑の塗料がついていたのを覚えていた。久利生は「SMOKY」と書かれたピザ箱のデザインから、犯人像を推理し始める。

      牛丸(角野卓造)は「検察を襲うことは、法秩序に対する挑戦」と、記者会見で怒りを露わにする。その一方で、安全のため、単独行動はせず、一緒に行動するよう検事達に指示する。自分が狙われているかもしれないと疑心暗鬼になる城西支部の面々。

      眼鏡を壊してしまった舞子は、久利生と共に眼鏡店へ。「こっちが似 合う」「イヤ、かちっとしたものがいい」など、二人が眼鏡を選んでいると、久利生は舞子のバッグに、不審な箱を見つけた。耳を当てると、カチカチという音。危険と思った久利生は、人通りの少ない路地に箱を持っていく。案の定その箱はボンと爆発した。舞子は大怪我したかもしれない。久利生は一人で家に帰すのは危険と、自分の部屋に誘う。動揺して眠れない舞子を励ます久利生。さらに彼は犯人像を推理していた。そして、あることを思いつき、担当の高梨刑事(高橋克実)に指示すると、ピザ箱のデザインとよく似た特徴ある文字をいたずら描きしていた男、市村(相島一之)が捕まった。支部に来たピザ配達人はこの男と舞子も証言、証拠品も出てきて、牛丸らもホッと安堵の息。

      なぜ舞子を狙ったのかと、久利生が市村に問いただすが、市村は雨宮のことを知らない様子。ハッとする久利生だった・・・。

      第10回「別れの予感」

      あらすじ

       久利生(木村拓哉)は、人気女性キャスターを襲ったとして逮捕され、傷害罪で送検されてきた古田(高橋一生)を取り調べていた。「どうなんですか?」という舞子の質問にわずかにうなずく古田。久利生は取り調べ中、古田が小刻みにふるえているのを見逃さなかった。古田は「そんなことしてない」と小さく話した。自供から一転否認へ。久利生と舞子の捜査が始まった。

      被害者の女性キャスター榎本由起(羽田美智子)に会うと、自分を襲ったのは古田に間違いないという。古田は以前、不法投棄しようとしたところを由起に取材され、それが古田の動機と見られていた。しかし、久利生は証拠不十分を理由に古田を不起訴にした。

      しぶしぶ古田を留置所から出す矢口刑事(梅沢富美男)たち。この不起訴処分を不服として、由起は検察審査会に審査の申し立てをし、久利生は審査会に臨むことになった。会場を出てくると、二人は報道陣にもみくちゃにされる始末。検察への風当たりが強くなっているのだ。

      そのころ、テレビ局の由起のもとに脅迫状が届いていた。急遽、記者会見を開いた由起は「番組への挑戦であり、ヒーローを気取る検察官に失望」と手厳しい。

      その夜由起は再び何者かに襲われた。服装、特徴なども一致、同じ犯人とみられ、矢口刑事が古田の自宅を訪ねると行方不明。警察は「不起訴にするからだ」と久利生に反発を強める。

      さらに久利生に逮捕歴があったことが明るみになり、マスコミ、警察からもバッシングを受ける久利生。一向に久利生は気にしてなさそうだが、舞子は心配していた。

      古田はどこに行ったのだろうと考えていた久利生のもとへ古田から電話が入った。「検事さん、僕は本当にやっていないんだよ・・・」  電話口からパトカーのサイレンが聞こえ、電話は切れた・・・。追いつめられた古田は?そして窮地に立たされている久利生は?

      第11回「最後の事件」

      あらすじ

       キャスター暴行事件で、結果的に世間を騒がした久利生(木村拓哉)に対するバッシングが高まった。鍋島次席(児玉清)と牛丸(角野卓造)は、久利生自信は間違ったことはしていないと、高検検事を説得するが、やはり何らかの処分をしなければならない状況が生まれていた。検察上層部は久利生を転勤させる決定を下す。

      久利生と舞子(松たか子)は、サッカースタジアムで警備員が刺殺された事件の現場検証、関係者の事情聴取をしていた。被害者は同僚たちから良くは思われてなかったらしいが、久利生には刺される理由がわからなかった。そこに被害者の息子・良太(今野雅人)が現れる。母親もすでに無くなっており、独りぼっちになった良太の気持ちを考えてしまう久利生。

      転勤を命じられた久利生は、そんなことを気にかける様子もなく、取り調べを進める。警備員刺殺事件の被疑者は逮捕されているが、完全黙秘。動機もはっきりしない。そんな時、東京地検特捜部の検事城島和生(篠井英介)、庄野怜治(小木茂光)がやってくる。被疑者を優先して調べると言い出す特捜の検事たち。「なんで殺人事件に特捜が介入してくるのか?」と疑問を持つ久利生。エリート意識丸出しの彼らに、城西支部の面々も苦々しく思う。  良太が城西支部にやってきた。行くところがない良太だが、腕白ぶりを発揮。芝山(阿部寛)、江上(勝村政信)、美鈴(大塚寧々)らは振り回される。そんな良太のためにも、事実を明らかにしなければならないと強く思う久利生。

      特捜が乗り込んできたことで、一致団結する城西支部のメンバーは、久利生を応援しようと、警備員刺殺事件の捜査や、特捜が追う事件の中身を明らかにしようとと動き出す。そして久利生と舞子の必死の捜査で、この刺殺事件には、大物政治家がからんでいることが明らかになる。

      キャスト

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      登場キャラクター名 キャスト名
      久利生公平 木村拓哉
      雨宮舞子 松たか子
      中村美鈴 大塚寧々
      芝山貢 阿部寛
      江上達夫 勝村政信
      末次隆之 小日向文世
      遠藤賢司 八嶋智人
      バーテン 田中要次

      久利生公平:木村拓哉

      この投稿をInstagramで見る

       

      Takuya Kimura(@takuya.kimura_tak)がシェアした投稿

      本作の主人公。

      元不良で中卒、大検を受けた後に司法試験に合格後に検事になった異色の経歴の持ち主。

      やんちゃをしていた頃に当時担当していた検事にお世話になたことで、猛勉強し自身も検事になった経緯があります。

      ジーンズにダウンジャケットのラフな格好でスーツを着ない型破りな検察官。

      自ら現場に足を運び捜査(通称:お出かけ捜査)することで、独自の観点から事件解決の糸口を見つます。

      一本筋が通り、正義感が強く、真実に挑み事件を解決。

      趣味はテレビ通販での買い物であり、部屋は常に通はグッズで溢れています。

      久利生公平を演じるのは木村拓哉さん

      1972年11月13日生まれ、東京都出身。

      「キムタク」の愛称でジャニーズアイドルグループSMAPの元メンバー。

      ドラマ『ロングバージョン』『ビューティフルライフ』『プライド』など多くの有名ドラマに出演し、「視聴率男」とまで形容されるようになります。

      俳優として一躍有名を集めた作品は1993年放送『あすなろ白書』。

      過去に石原裕次郎新人賞エランドール賞新人賞、映画『武士の一分』では第30回日本アカデミー賞にて13部門で受賞を果たしました。

      直近では主演ドラマ『グランメゾン東京』では第103回テレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞するなど、俳優としての地位を確立しています。

      私服がとてもオシャレなことから、ベストジーニスト賞では殿堂入りするほど。

      雨宮舞子:松たか子

      本作のヒロイン、主人公・九利生公平の検察事務官。

      自立したキャリアウーマンに憧れており、検察庁の内部試験から検事になることを目指しています。

      とても真面目な性格であることから、自由奔放な九利生公平にいつも振り回されることで不満を抱いています。

      当初青森地検から異動してきた九利生公平を有能であると思っていましたが、中卒ということで軽視。

      しかし多くの事件を九利生公平と共に解決していくことで、九利生公平の実力を認めつつ男性として意識するようになっていきます。

      雨宮舞子を演じるのは松たか子さん

      1977年6月10日生まれ、東京都出身。

      1993年歌舞伎座『人情噺文七元結』で初舞台、1996年放送『ロングバケーション』で注目を浴びます。

      映画『ヴィヨンの妻』では日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞など数多くの賞を受賞したことで女優としての地位を確立します。

      2014年にはディズニー映画『アナと雪の女王』で主演・エルサ役の吹き替えを担当

      続編『アナと雪の女王2』の挿入歌である「イントゥ・ジ・アンノウ」を各国のエルサ役声優と共に第92回アカデミー賞授賞式で日本人初歌唱したことでも話題になりました。

      歌手・声優としての実力も評価されており、女優業と平行して活躍しています。

      スタッフ

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      脚本 大竹研福田靖秦建日子田辺満
      演出 鈴木雅之平野眞澤田鎌作加門幾生

      主題歌:宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」

      主題歌は、宇多田ヒカルの「Can You Keep A Secret?」。

      本作の主題歌に決定した際、宇多田ヒカルがサビの一部を書き直された楽曲。

      ダンサブルなリズムで、「近づきたいよ 君の理想に」というフレーズが本作の主人公である検察官の真理追究の姿勢にピッタリ一致しています。

      この曲を聴くと、ドラマも見たくなると感じさせる相乗効果は絶大といえ、本作同様の心に残る大ヒット曲です。

      「HERO(ドラマ1期)」の無料動画1話~最終回を全話フル視聴するにはTSUTAYAディスカス/TVの無料おためしを利用しよう!

      ここまで、「HERO(ドラマ1期)」の無料動画1話~最終回を全話フル視聴する方法や、pandora/dailymotion/9tsu/フリドラなどの違法サイトで見れるかについて見てきました。

      最後にもう一度、本記事の内容を振り返ってみます。

      本記事の内容
      • 「HERO(ドラマ1期)」の無料動画1話~最終回を全話フル視聴する方法を2つ厳選してご紹介
        • TSUTAYAディスカス/TV」を使う方法おススメ
        • Youtubeやpandora/dailymotion/9tsu/フリドラなどの違法サイトは危険
      • 「HERO(ドラマ1期)」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

      1番のおススメは「TSUTAYAディスカス/TV」の30日間無料キャンペーンを利用する方法だったね。

      ただし、いつこのお得なキャンペーンが変更・終了するかわからないので、早めに無料体験するのがおススメです。

      あなたに合った動画配信サービスで、ぜひ素敵な動画ライフを楽しんでね。

      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。
      ※本ページの情報は2021年8月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。