ドラマアイキャッチ

この記事では、「メイちゃんの執事」の動画1話~最終回を全話フル視聴する方法についてまとめています。

  • 「メイちゃんの執事」を無料で見る方法が知りたい。
  • Pandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトでも見れる?
  • 動画配信サービスっていくつかあるけど、どれがおススメ?
  • 水嶋ヒロ×向井理×佐藤健の執事姿が見たい!

    こんな疑問や悩みが解決できる記事になっています。

     

    宮城理子さんによる累計発行部数は750万部を突破するほどの大ヒット漫画を原作とした「メイちゃんの執事」の実写版。

    ある日両親を亡くしたことをきっかけに、大富豪の後継者へとなった主人公・メイを中心に描かれた学園ドラマです。

    主演は水嶋ヒロさん榮倉奈々さん。さらには、今や主役級を務める佐藤健さん向井理さんも登場。

    豪華イケメンキャストが勢揃いしているため、目の保養になりますし、イケメン執事がお嬢様を教育する様子には思わず羨ましいと思う人続出です!ぜひお楽しみください☆

    本記事の内容

    • 「メイちゃんの執事」の動画1話~最終回を全話フル視聴する方法を2つ厳選してご紹介
      • TSUTAYAディスカス/TV」を使う方法 おススメ
      • YoutubeやPandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトを使う方法
    • 「メイちゃんの執事」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

    この記事を書いているボクは、これまで10社以上の動画配信サービスをタダで利用し、今も複数のサービスを契約しているVODマニア。

    この記事を読めば、「メイちゃんの執事」を無料視聴するための、あなたにとって最適な方法がきっと見つかるはず。

    それでは、さっそく見ていきましょう。

    ▼説明抜きで今すぐ見たい方はコチラ▼

    ↓ ↓ ↓

    \30日間無料キャンペーン実施中/
    無料期間中の解約で、0円。

    Pandora/Dailymotion/9tsuで「メイちゃんの執事」を見るのは危険!

    違法サイトは危険

    まず、YoutubeやPandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトで、「メイちゃんの執事」の動画が見れるか確認してみました。

    違法サイト例

    • Pandora(パンドラ)
    • Dailymotion(デイリーモーション)
    • miomio(ミオミオ)
    • 9tsu
    • Kissanime
    • anitube
    • b9

    上記サイトを調査したところ、記事執筆時点では「メイちゃんの執事」の動画は見つかりませんでした。

    調査結果を見る ➔

    Pandoraを調査したところ、「メイちゃんの執事」の動画は9件ヒットしました。

    一部本編が見れる動画がありましたが、違法となるためオススメしません。

    Dailymotionを調査したところ、「メイちゃんの執事」の動画は12件ヒットしました。

    こちらでも一部本編が見れる動画がありましたが、違法となるためオススメしません。

     

    ただし、今後万が一見つかったとしても、これらの無料動画サイトで視聴するのはおススメできません

    理由はつぎのとおり。

    違法サイトをおススメしない理由

    自分では気づかずに違法行為になる可能性も。ホント怖い。

    また、以下はほんの一部ですが、実際に被害にあった事例も多数報告されています。

    違法サイトは主に海外サーバーが使われてる。取り返しがつかなくなることもあるよ。

    公的機関でも、違法動画の処罰について明記されています。

      あくまでも自己責任ですが、これだけのリスクを抱えて違法サイトで見るメリットは全くありません

      つぎに紹介する公式の動画配信サービスを使って、安心・安全に楽しもう。

      「メイちゃんの執事」の動画1話~最終回を全話フル視聴できる動画配信サービス一覧

      この投稿をInstagramで見る

       

      @drama___kirokuがシェアした投稿

      つぎに、国内の主要動画配信サービスでの、「メイちゃんの執事」の配信状況をまとめてみました。

      調査結果を確認する ➡

      〇:無料、△:有料、×:配信なし

      配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント
      U-NEXT × 31日間無料
      月額2,189円
      600P付与
      TSUTAYAディスカス/TV 30日間無料
      月額2,659円
      1,100P付与
      ディズニープラス × 31日間無料
      月額770円
      ポイントなし
      Hulu × 2週間無料
      月額1,026円
      ポイントなし
      music.jp × 30日間無料
      月額1,958円
      1,600P付与
      FODプレミアム 2週間無料
      月額976円
      500~900P付与
      ABEMAプレミアム × 2週間無料
      月額960円
      ポイントなし
      dTV × 31日間無料
      月額550円
      ポイントなし
      Paravi × 14日間無料
      月額1,017円
      ポイントなし
      Amazonプライム × 30日間無料
      月額500円
      ポイントなし
      TELASA × 15日間無料
      月額618円
      ポイントなし
      Netflix × 無料期間なし
      月額990円
      ポイントなし

       

      調査の結果、TSUTAYAディスカス/TVの1つのサービスで無料視聴できることがわかりました。

      FODプレミアムでも配信はありますが、有料作品となるため無料視聴できません。

      上記の理由から今回は「メイちゃんの執事」が無料視聴できるTSUTAYAディスカス/TVについてご紹介致します。

      おススメの方法

      1. TSUTAYAディスカス/TVを使う方法 おススメ

      TSUTAYAディスカス/TVを使って「メイちゃんの執事」の動画1話~最終回を全話フル視聴する方法

      TSUTAYAのセットプラン

      TSUTAYAディスカス/TVの概要とメリット・デメリット

      TSUTAYAディスカス/TVは、

      • 動画配信サービス(TSUTAYA TV)
      • 宅配レンタル(TSUTAYAディスカス)

      の2つがセットになったサービス。

      「メイちゃんの執事」はTSUTAYAディスカスを利用して無料で見ることができます。

      TSUTAYA_メイちゃんの執事

       

      そんなTSUTAYAディスカス/TVの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      TSUTAYAディスカス/TVの基本情報

      項目 内容
      月額料金 2,659円
      無料期間 30日間
      ポイント特典 1,100P
      作品数 10,000本以上(TSUTAYA TVのみ)
      同時視聴 1~2台(作品による)
      ダウンロード機能

      TSUTAYAディスカス/TVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカスTVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカス/TVの2つのデメリット

      TSUTAYAディスカスTVの2つのデメリット

      正直、TSUTAYA TVはほかの動画配信サービスとの違いはそこまでない。でもTSUTAYAディスカスの品揃えはマジでスゴイ。ここでしか見れない作品も多いので、要チェックだよ。

       >>TSUTAYAディスカス/TVを詳しく見る

      TSUTAYAディスカス/TVで「メイちゃんの執事」を見た後におススメの作品

      TSUTAYAディスカス/TVの無料期間は業界トップクラスの30日間。

      なので「メイちゃんの執事」が見終わったら、無料で見れるほかの作品もぜひチェックしておきたいですね。

      TSUTAYA TVのおススメ作品

      TSUTAYA TVは見放題作品をたくさん取り揃えているほか、無料お試しでもらえる1,100ポイントを使えば、有料作品も2本ほど無料で見ることができます。

      水嶋ヒロ 出演作品

      TSUTAYATV_水嶋ヒロ出演作品

      • 黒執事
      • 仮面ライダーカブト
      • 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE
      • ブラザー☆ビート
      榮倉奈々 出演作品

      TSUTAYATV_榮倉奈々出演作品

      • 図書館戦争
      • 家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。
      • 映画「娚(おとこ)の一生」
      • 映画「のぼうの城」
      • 図書館戦争 THE LAST MISSION
      • MIRACLE デビクロくんの恋と魔法
      • 僕は妹に恋をする
      • その他12作品
      佐藤健 出演作品

      TSUTAYATV_佐藤健出演作品

      • 世界から猫が消えたなら
      • いぬやしき
      • 何者
      • るろうに剣心
      • るろうに剣心 伝説の最期編
      • 8年越しの花嫁 奇跡の実話
      • るろうに剣心 京都大火編
      • その他36作品

      TSUTAYAディスカスのおススメ作品

      ご紹介する作品は、すべて準新作・旧作に絞っているので、どの作品も無料でレンタル可能です。

      水嶋ヒロ 出演作品

      TSUTAYAディスカス_水嶋ヒロ出演作品

      • BECK
      • 東京DOGS
      • MR.BRAIN
      • 絶対彼氏 ~完全無欠の恋人ロボット~ 最終章スペシャル
      • ドロップ
      • 100シーンの恋 ~石黒英雄編~
      • Room Of King
      • その他10作品
      山田優 出演作品

      TSUTAYAディスカス_山田優出演作品

      • 食べる女
      • げんげ
      • 旅の贈りもの 明日へ
      • VISION 殺しが見える女
      • チーム・バチスタ第2弾 ナイチンゲールの沈黙
      • 崖っぷちのエリー ~この世でいちばん大事な「カネ」の話
      • のだめカンタービレ 最終楽章 後編
      • その他23作品
      向井理 出演作品

      TSUTAYAディスカス_向井理出演作品

      • 10の秘密
      • わたし、定時で帰ります。
      • 連続ドラマW パンドラIV AI戦争
      • 君が君で君だ
      • 読売テレビ開局60年スペシャルドラマ 「約束のステージ」~時を駆けるふたりの歌~
      • リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
      • 黒井戸殺し
      • その他59作品

      >>おススメ作品も合わせて楽しむ!

      TSUTAYAディスカス/TVの口コミ・評判

       >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料おためし

      TSUTAYAディスカス/TVの登録・解約方法

      TSUTAYA登録方法は2ステップ

      登録・解約も簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの登録手順
      1. TSUTAYAディスカス/TVから「今すぐ30日間無料トライアル」をタップ。
      2. 名前、メールアドレス、クレジットカード情報を入力して、会員登録。
      3. 登録完了メールが届いたら、完了です。
      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの解約手順
      1. マイページから「マイメニュー」をタップ。
      2. 「登録情報の確認」から、「サービス解除申請」をタップ。
      3. 「申請を完了する」をタップし、メールが届いたら、完了です。
      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。

      「メイちゃんの執事」の作品紹介

      ここからは、「メイちゃんの執事」を120%楽しむための作品情報についてお伝えしていきます。

      気になる情報を、ぜひチェックしてみてください。

      基本情報

      タイトル メイちゃんの執事
      原作 メイちゃんの執事(コミック)
      公開 2009年1月13日
      制作会社 フジテレビ|共同テレビ
      公式サイト メイちゃんの執事
      Wikipedia メイちゃんの執事

      あらすじ・感想

      あらすじを見る ➡

      舞台は、お嬢様ひとりにつき、超イケメンで優秀な“執事”が付いてくる夢のようなスーパーお嬢様学校。ある日突然、このスーパーお嬢様学校に転入することになった、ごく普通で超庶民的な女の子が、優秀で超イケメンの“執事”と共に、性格の悪いご学友のお嬢様のイジメを乗り越え、立派なお嬢様に成長していく物語であり、そしてまた、女性の誰しもがあこがれるシンデレラストーリーです。

      感想を見る ➡

      特殊な学園ものが好きな人におすすめの作品

      両親が亡くなったメイがお嬢様になる展開が面白い

      両親を事故で亡くしたメイが実は父親が超大金持ちの長男だったことが判明して跡取りとして迎えられる展開には、この先の壮大さを感じることができてワクワクしました。執事である水嶋ヒロさんがとにかくかっこよくて漫画から飛び出してきたような姿がこのドラマにすごく合っていました。メイ役の榮倉奈々さんは髪をショートカットにしてすごくおてんば感がありますが可愛らしいヒロインを演じてくれています。聖ルチア女学院が舞台でお嬢様一人にイケメンの執事がつくというなんとも風変わりな学園生活がコミカルで面白いです。メイの行動に理人がいつも力を貸してくれる事が見ていて二人がお似合いだと感じてしまいました。この作品は水嶋ヒロさんの全盛期ですね。
      ニア(30代・男性)

      笑えるところもあってにぎやかな学園ドラマ

      メイがたくましい

      このドラマはメイの強さがかっこよかったです。どんなに周りから変に言われたり、意地悪なことをされてもめげないところが印象的です。そして理人のいつもスマートで、やさしいところはキュンとしました。メイのことを第一に考えて、執事らしく完璧な姿が良かったです。メイのことをフォローしたり、守るところはさすがだなと感じました。またメイはどこか垢抜けないところもあるけど、誰よりも家族のことを大切に想っていたのが素敵です。さらに剣人はメイのことを気にかけていたのが優しいなと感じました。お互いなんでも言える関係だからこそ、信頼しているのが伝わってきました。個性的な人がたくさんいて、つい笑えるところもある作品です。
      yui(20代・女性)

      ファンタジーの中にリアリティを感じる学園コメディ

      メイと理人の原作より大人っぽい関係が秀逸

      水嶋ヒロさん始め、執事達がイケメン揃いで、原作のファンタジー感を見事に再現していると思います。その上で、原作ではふわふわした雰囲気のメイをツンデレキャラにすることで、理人との微妙な距離感や、剣人と犬猿の仲という関係性がよりわかりやすくなっていたと思います。原作よりも執事とお嬢様の恋愛禁止というタブーに悩む理人の葛藤も強く出ていたし、この役を演じられるのは、やはり水嶋ヒロさんしかいないと思うくらい、ぴったりハマっていました。最後の最後まで自分の気持ちを抑え込んだ上でのキスシーンがとても美しかったし、それさえも茶化してコメディテイストに徹しているところも良かったです。甘さを抑えたり、過激すぎる部分の削ぎ落とし方も絶妙で、原作のいいところを凝縮したようなストーリー展開が特に秀逸でした。
      湊海(40代・女性)

      恋愛モノの中で迷ってるならコレ!

      最終回が最高すぎました!

      まず、主人公や登場人物で嫌いなキャラクターが一人もいませんでした。というか、全員良いキャラクターをしていて、とても良いです。また、作中多くのイケメンが登場するのですが、中でも水嶋ヒロさんの演技が素晴らしく、男性の私でも終始行動を目で追ってしまうほどでした。また、恋愛モノとしての脚本の完成度も高く、最終回まで余すところなく楽しめるのもポイントです。とくに、最終回は本当に良かったので、それぞれ好きなキャラクターや推しを見ながら、どのようにストーリーが展開していくのかを予想して見てみるのも楽しいと思います。漫画原作の作品なのですが、キャストがそれぞれキャラクターにハマっているため、見た目や性格などで違和感が全くないと言うのもポイントが高いと思います。様々な楽しめるポイントがある作品ですので、「恋愛モノで何か見たいけど……」と悩んでいる人には迷わずお勧めしたい作品のひとつです。
      いちもんと(20代・男性)

      改めて見ると豪華なキャストで驚く作品

      前向きなヒロインの姿勢が心に響く

      榮倉奈々さん演じるヒロインのメイは、突然訪れた悲劇にめげず自分の意見や考えをしっかり持ちながら明るく前向きに相手を思いやりながら過ごしていて、時には命を狙われたり何度もひどい目に遭わされながらも相手を信じる優しさを持っていてすごいと思います。そんなメイの前向きな姿勢や優しさに心を打たれたクラスメイト達から徐々に信頼を得ていく様子は姿はなんだか見ていてスカッとしますし嬉しくなります。誰も味方がいないような逆境でも、前を向いて自分で問題を解決していくメイの姿に心を打たれます。また、佐藤健さんや鈴木亮平さんなど執事役が豪華なキャストばかりで、改めて見ると時の流れのようなものも感じることができて面白いです。
      サリー(30代・女性)

      執事とお嬢様にキュンキュンするドラマ

      お嬢様と執事のやりとりにキュンとするドラマ

      ドラマのメイちゃんの執事は、今はテレビでは見ることがなくなってしまった水嶋ヒロや、大人気の佐藤健などの多くのイケメンが執事として出演しています。また、榮倉奈々や山田優など今では多くの方が憧れる女優も多く出演しています。また、お嬢様が困った時や、学園の中で争いや戦いが行われる時には、いつもお嬢様のそばで見守っている執事が本領を発揮し、お嬢様のために頑張る姿がとても素敵で見惚れてしまいます。ドラマの中で、お嬢様と執事の恋愛は禁止されているのですが、時々恋愛に進展しそうな場面があり、より一層見ていてドキドキしてしまいます。しかし、ドラマの話が進んでいくと、水嶋ヒロが演じる執事と榮倉奈々が演じるお嬢様はこのまま恋愛に進んでしまえばいいのにと思わせてくれて見ていて、こんな感じいいなと思ってしまいます。
      はなはなさん(30代・女性)

      イケメン大渋滞の学園ドラマ

      キュンがとまらない!

      このドラマは少女マンガが原作で、少女マンガならではの「キュンキュン」シーンがたくさんあり、かっこいい執事とともに学園生活を送る主人公達がうらやましくなります。イケメン俳優が勢揃いで、現在トップで活躍する俳優さんが多く出演しています。優雅に見える学園生活の中で次々起こる問題に勇ましく立ち向かう榮倉奈々さん演じるメイの姿、水島ヒロさん演じるその執事、理人の執事としての振る舞いには「キュンキュン」「ドキドキ」すること間違いなしです。ストーリーもただのラブコメディではなく、ドロドロした要素もあり、「ラブコメはちょっと…」という人でも楽しめるドラマです。イケメン俳優達の執事姿を見て、疲れてぽっかりあいた心の穴を塞いでみませんか?
      えんびふりゃあ(20代・女性)

      目の保養になるドラマ

      出演者が可愛すぎる

      漫画原作のドラマで、あの漫画の世界を実写で表現するのは難しいだろうと思っていましたが、キャラクター一人一人を演じる俳優さんたちがその役にぴったりだったので、まるで漫画の世界から抜け出してきたようなドラマに感じました。特に素敵だったのは水嶋ヒロさんです。美しい外見、執事らしい立ち振る舞いに見惚れてしまいました。そして女性のキャラクターたちもそれぞれの個性がしっかりと確立されていて、見ていて面白かったです。男性陣もイケメンばかりで、目の保養になるドラマでもありました。特に水嶋ヒロさんと佐藤健はタイプが違ったかっこよさで、たくさんドキドキさせてもらいました。主人公を演じる榮倉奈々さんも嫌味が全くなく、かわいかったです。
      まみ(30代・女性)

      王道のラブロマンスドラマ。胸キュンしたい人におすすめです。

      執事たちにメロメロになりました!

      本当に女性の願いを叶えてくれるドラマです。胸キュンを通り越して動悸が起きそうでした。まず水嶋ヒロの執事が素敵すぎてメロメロになってしまいました。学園で浮いているメイを必死に守る姿。女性はいつも守ってもらいたい生き物です。あんなに自分のことを分かってくれて、イケメンなら好きになっちゃいますよね。ライバルとなる佐藤健の執事もこれまた素敵なのです。タイプは違うのですがメイを巡って二人はライバル関係です。他にも向井理の謎多き執事もかっこいい。イケメン俳優勢揃いでそれだけでも目の保養になります。ストーリー的にもメイと理人が惹かれあっていく様子もドキドキしながら見れるし、学園にいる人たちの秘密も交えながら描かれて居て面白いです。そして、年齢関係なくみれますよ!
      マイ3(30代・女性)

      憧れが強くなった作品

      羨ましい話

      イケメンと美人で溢れていたドラマでした。まだ私が幼い時の作品だったので私の中で、お姫様みたいな扱いをされてみたいという願望が強く残っていたころだったので、見ていて執事というものにすごく憧れとか興味が強くなりました。学校に執事と一緒に行ってレベルを比べられるのはすごくだるいなと思っていたのですが、絶対に楽が出来るだろうから羨ましいなと思いました。ただの一般人の家庭ではありえないからお金持ちと結婚して執事を雇いたいとか思っていました。あんな生活ができたらどれだけうらやましいかと思いましたし、ちょっと闇がある部分がアニメっぽくておもしろかったです。どの執事がいいとか友達と話していたのがとても懐かしいです。
      すず(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      第1回「女性の願望叶えるイケメン執事たち!!」

      あらすじ

       柴田理人(水嶋ヒロ)は、日本最大の大企業である本郷グループに代々仕えてきた執事の家系・柴田家の若きホープ。容姿端麗で頭脳明晰、強じんな肉体と精神力を併せ持つ理人は、公式執事資格の最高位であるSランクを獲得している数少ない執事のひとりだ。そんな理人が新たに仕えることになったのは、東京郊外にあるうどん店「しののめ」のひとり娘で、17歳の女子高生・東雲メイ(榮倉奈々)だった。
      メイは、優しくて仕事熱心な両親とともに質素ながら幸せな生活を送っていた。メイは、勉強は苦手だったが、色気より食い気の明るい性格でクラスの人気者だった。幼なじみの柴田剣人(佐藤健)は、そんなメイにずっと思いを寄せていた。だが、お互いに負けん気が強く、顔を合わせればケンカになってしまうような間柄だったこともあって、剣人はその気持ちを伝えられずにいた。
      ところがある日、思わぬ不幸がメイを襲った。メイの両親が事故で他界してしまったのだ。天涯孤独の身となったメイは、親友だった仲本夏美(星井七瀬)の家に身を寄せた。剣人はメイのことが心配で仕方なかった。気丈に振舞い、葬儀の翌日には店を開けたメイは、疲れ果て、後片付けの最中にうとうとしてしまう。そこに突然現れたのが理人だった。
      「本日からお仕えいたします。メイお嬢様の執事です」。理人は、そうあいさつすると、驚くべき事実をメイに告げた。実は、メイの父・周太郎(橋爪淳)は本郷グループの現当主・本郷金太郎(津川雅彦)の実の息子だった。しかし周太郎は、19年前に家を飛び出し、メイの母・ユウ(山下容莉枝)と駆け落ちをしたのだという。つまり、周太郎が亡くなったいま、メイは本郷家の正当な跡取り候補となったのだった。そして、金太郎の命令でメイに仕えることになったという理人は、何と剣人の実兄でもあった。
      理人は、本郷家の後継者にふさわしい教育を受けてもらうために、有名な超お嬢様学校・聖ルチア女学園に転入してもらいたい、とメイに告げる。メイは、いままで通り普通の暮らしをしたい、と理人に反発した。その矢先、本郷家の後継者候補となったメイの命を狙って、何者かがメイの家を爆破するという事件が起きる。大切な周囲の人たちに危害が及ぶことを危惧したメイは、聖ルチア女学園への転校を決意した—。
      メイは、理人とともにヘリコプターで聖ルチア女学園に向った。世界最高水準の教育の下で次世代の淑女を育成するために設立された聖ルチア女学園は、庶民とはかけ離れた超お嬢様たちばかりが集まる少人数制の全寮制女学園だった。その敷地面積は東京都の約3分の1、建物間の移動手段は全てヘリコプター、学費は月1億円、おまけにお嬢様ひとりひとりにイケメン執事までついているという、あまりにも現実離れした世界だった。
      Sランクの執事・理人がやってくる、ということで、正門前広場にはお嬢様たちが集まっていた。竜恩寺泉(岩佐真悠子)とその執事・木場(夕輝壽太)、華山リカ(大政絢)とその執事・青山(真山明大)、夏目不二子(中別府葵)とその執事・根津(姜暢雄)、天羽凛(忽那汐里)とその執事・四谷(丸山智己)、麻々原みるく(吉田里琴)とその執事・大門(鈴木亮平)、山田多美(谷村美月)とその執事・神田(阿部進之介)らが見守る中、ヘリを降り立つ理人とメイ。理人が新たに仕えることになったお嬢様に強い興味を抱いていた泉やリカたちは、あまりにも庶民的で冴えないメイに対して、露骨に嫌な顔を見せた。メイは、この女学園にふさわしくないというのだ。リカは、メイに向って、あなたは2週間以内に逃げ出すことになる、と宣言した。
      メイは、理人の助言に従って、身の安全を守るために本郷家との繋がりは隠していた。だが、何者かにボーガンで狙われるなど、さっそく嫌がらせを受けてしまう。そんな中、学園内をうろついていたメイは、道の外れにあるドーム型の温室に気づき、吸い寄せられるようにして中に入った。するとそこに、真っ白な執事服を身につけた男・忍(向井理)に車イスを押されながら美しい女性が姿を見せる。それは、学園最高の淑女の称号を与えられた絶対権力者・ルチア(山田優)だった。その美しさに圧倒されてしまうメイ。ルチアは、そんなメイに優しい言葉をかけると、何故か理人をじっと見つめ…。
      メイが暮らすのは陰<オンブラ>寮と呼ばれている、ボロボロの寮だった。聖ルチア女学園は、淑女としてのランクが厳格に定められおり、1番下が『陰<オンブラ>』、次が『月<ルナ>』、そして高い実力が認められた者は『太陽<ソーレ>』として学園の自治を任されていた。寮もそのランクに合わせてグレードアップしていくのだ。メイと同じ陰寮には多美もいた。だが、多美は、いきなり執事の神田とナイフを投げ合ってサバイバルゲームを始め、メイを驚かせる。そんなメイをさらに慌てさせたのは、室内に執事用の部屋もあることだった。
      メイは、レベルの高さだけでなく、理解に苦しむような妙な授業まで行われるこの女学園についていけず、戸惑いを隠せなかった。そんなある日、メイの前に突然、剣人が現れる。こっそり潜り込んでメイのようすを見に来たのだ。実は剣人は、学園内に併設されている執事養成学校にいたことがあり、多少なりとも学園内を知っていたのだ。だが、多美と神田に見つかってしまった剣人は、抵抗もむなしく警備員に連行される。その際、剣人は、この学校には気をつけろ、とメイに言い残す。
      ほどなくメイは、生徒たちから悪質な嫌がらせを受ける。偶然出会った学園長のローズ(堀内敬子)にそれを話し、甘やかされて我まま放題をしている歪んだ連中のどこか淑女なのだ、と怒りに震えるメイ。するとローズは、本物の淑女を知らないいまのあなたには言われたくない、と返すと、歪んだ道でも間違った道でも、その道を通ることで何を得て何を失うのか、そして最後にどこにたどり着くのかが肝心なのだ、と続けた。しかしメイには、ローズが何を言おうとしているのか理解できなかった。
      理人は、すっかり元気がなくなってしまったメイのことを心配していた。リカや不二子は、そんなメイに、1週間後に行われる調理実習で勝負をしないかと持ちかける。リカたちの挑発に乗ったメイは、その勝負を受けてしまうが…。

      第2回「命をかけて守る!!」

      あらすじ

       理人(水嶋ヒロ)とメイ(榮倉奈々)は、聖ルチア女学園の学園長・ローズ(堀内敬子)のもとを訪れる。2週間の仮入学期間を乗り越えたメイは、正式に聖ルチア女学園への入学を認められたのだ。ローズは、その証として、黄金色に輝くベルをメイに手渡すと、入学祝いとして、ベルの側面にあるくぼみに星<ステラ>と呼ばれる緑色の小さな宝石をひとつはめた。聖ルチア女学園では、淑女としてのランクが厳格に定められていた。生徒たちは、学業で優秀な成績を修めたり、淑女としての正しい振る舞いが認められたりすれば、星を獲得できる仕組みになっていた。ベルには10個のくぼみがあり、一番下の陰<オンブラ>ランクは緑の星を10個集めれば月<ルナ>ランクに上がる。そこで今度は青い星を10個集めれば太陽<ソーレ>ランクに上がるのだという。ランクが上がるほど星を獲得できる条件が厳しくなるため、多くの生徒は月ランクのまま卒業し、太陽ランクまで上がれるのは100人にひとり程度らしい。話を終えたローズは、最後に学園の掟をメイに告げた。それは、お嬢様と執事との恋愛は禁止、というものだった。
      同じころ、見習い執事としてリカ(大政絢)に仕えることになった剣人(佐藤健)は、リカや不二子(中別府葵)、凛(忽那汐里)に取り囲まれていた。リカたちは、メイの正体を知りたがっていたのだ。だが、メイが本郷グループの後継者候補であることを口外しないよう理人からも口止めされていた剣人は、何も知らない、とシラを切る。そこに、理人とメイが戻ってきた。すると、リカの執事・青山(真山明大)が、ナイフを取り出して理人のジャケットを切り裂いた。学園では、執事の服装も仕えている生徒のランクで決められており、陰クラスの執事はジャケットの着用が許されていないのだ。
      ある日、メイたちがサロンでくつろいでいると、執事の忍(向井理)に車イスを押されながらルチア(山田優)がやってくる。その際、思わぬ騒動が起きた。リカに何度もお茶の入れ直しを命じられた剣人が怒ってポットを投げつけたために、飛び散ったお茶がルチアの服を汚してしまったのだ。恥をかかされたリカは、怒りの矛先をメイに向け、聖ルチア女学園の伝統である決闘<デュエロ>を申し込む。デュエロとは、お嬢様の代理として執事同士が戦い、負けた方が相手に自分の執事を差し出す、というものだった。今回のデュエロは、フェンシングで勝負することになった。だが、理人が闘うことになる相手・青山は、フェンシングのデュエロで過去4戦全勝している元世界ジュニア王者だった。

      第3回「あなたに仕えたい」

      あらすじ

       理人(水嶋ヒロ)は、メイ(榮倉奈々)の様子がおかしいことに気づく。メイが、理人を避けるようになったのだ。原因のひとつは、ルチア(山田優)が実は本郷家の人間であることを、理人がメイに話していなかったせいだった。ルチアの本名は本郷詩織。彼女は、本郷家の遠縁にあたり、メイの父・周太郎(橋爪淳)が本郷家を飛び出した後に、養女として迎えられたのだという。ルチアの執事・忍(向井理)からそれを教えられたメイは、ショックを隠せない。ルチアは、そんなメイに、優しい微笑みを向けながらある提案を持ちかける。それは、自分が本郷家を継ぐことになったら、メイの両親の遺骨を同じ墓に入れる、というものだった。そうすれば、メイも無理をして聖ルチア女学園で生活をする理由はない、というのだ。1番いい選択は何かを考えてほしい、とルチアに言われたメイは、激しく動揺していた。
      あくる朝、登校したメイの前に、慌てたようすで剣人(佐藤健)が駆け寄ってくる。メイのせいで、泉(岩佐真悠子)が聖ルチア女学園を退学させられる、という噂話が流れ、生徒たちが殺気立っているというのだ。メイが入学して以来トラブル続きだったため、泉が太陽<ソーレ>の上級生たちに睨まれた、ということらしい。不二子(中別府葵)や凛(忽那汐里)らは、メイを取り囲んで責めた。その輪に割って入ったのはリカ(大政絢)だった。リカは、メイには竜恩寺家の次期当主である泉を退学に追い込むほどの力はないと憎まれ口をたたきながらも、噂話に振り回されるのは時間の無駄、と主張して皆を抑え、メイを助けた。
      泉のことが気になったメイは、彼女の執事を務める木場(夕輝壽太)から事情を聞いた。そこで木場は、泉が竜恩寺家の次期当主ではなくなったことを告白した。4年前に竜恩寺家に嫁いできた泉の義母・都(山口香緒里)から電話があり、都が生んだ子・新之介(庄司龍成)が次期当主になることが親族会で決まった、という連絡があったらしい。泉は、その決定を受け入れ、学園を辞める決意を固めていた。さらに泉は、木場を竜恩寺家に返し、とある財閥の会長と政略結婚させられるらしい。
      泉は、当主の座を失うことよりも、執事の木場と引き離されることに心を痛めていた。そんな泉に接触した忍は、望むことがあるのならばルチアに願い出ればいい、と告げる。その条件として忍が出したのは、メイを学園から追い出すことだった。それを受け入れた泉は、メイに決闘<デュエロ>を申し込み…。

      第4回「あなたを求めてる」

      あらすじ

       理人(水嶋ヒロ)は、メイ(榮倉奈々)と泉(岩佐真悠子)の決闘<デュエロ>に立ち会わずに、とある場所に向かっていた。そんな理人の前に現れた忍(向井理)は、もうメイに仕えることはできない、と言い放つ。忍は、今回の決闘でメイが負けるよう、すでに手を打っているのだという。それでも理人は、メイの勝利を信じて疑わなかった。
      同じころ、聖ルチア女学園では、メイと泉の決闘が始まろうとしていた。今回の決闘は宝探し。学園内のどこかに隠されている宝箱を探すというものだった。宝箱には、泉の執事・木場(夕輝壽太)が1番大切にしているものが入っているのだという。タイムリミットは3時間。それまでの間に、仕掛けられた数多くのフェイクの宝箱やトラップを避け、木場自身が隠した宝箱を探し当てた者が勝者となるというルールだった。剣人(佐藤健)やリカ(大政絢)、多美(谷村美月)らが見守る中、メイと泉は、教室を飛び出した。
      森に入ったメイは、さっそくフェイクにひっかかる。その様子をモニターで見ていた学園長のローズ(堀内敬子)は、メイが獲得している星<ステラ>をひとつ没収すると彼女に告げる。一方、泉は、太陽<ソーレ>寮の近くで宝箱を探し始めるが、やはり見つけることができずにいた。
      メイのことが心配になった剣人は、こっそり彼女の後を追っていた。そのとき、不審な男たちがメイに襲いかかるのを目撃した剣人は、男たちに飛びかかってメイを救出すると、彼女の手をつかんで走り出す。
      森の奥に逃げたメイと剣人は、男たちが追ってこないのを確認し、ようやくひと息つく。そこに、泉が現れた。剣人は、泉が男たちを雇ってメイを襲わせたのではないかと強く疑い、これ以上勝負を続ける必要はない、と言い放った。それに対して泉は、自分はこの勝負に勝たなければならない、だから中止にはできない、と返す。剣人は、そんな泉に怒りをぶつけようとした。が、それを制したのはメイだった。メイは、そばにいると言ってくれた理人のために自分もこの学園で頑張りたい、と泉に告げた。その言葉を聞いた剣人は大きなショックを受け…。

      第5回「理人が抱きしめた」

      あらすじ

       理人(水嶋ヒロ)とメイ(榮倉奈々)は、突然クラスにやってきたルチア(山田優)の言葉に動揺する。ルチアは、今日からメイたちのクラスメートになったのだという。それに追い討ちをかけるかのように、ルチアの執事・忍(向井理)は、メイもルチア同様、本郷家の後継者候補であることを皆に明かす。さらに忍は、理人が1年前までルチアに仕えていたことまで話してしまう。
      ルチアが理人を取り戻すためにメイに対して嫌がらせをしていることを偶然知ってしまった剣人(佐藤健)は、理人に対して怒りをぶつけた。メイを苦しめているのは理人だというのだ。剣人は、理人がルチアの元に戻ればすべてが上手く収まるのだから、その後は自分がメイの執事になって彼女を守る、と理人に告げる。「今度メイに何かあったら、お前のこと許さねぇからな」。剣人は、そう言い捨ててその場を立ち去った。
      同じころ、由真(臼田あさ美)ら太陽生たちは、1週間後に学力テストを行い基準点に満たない者を即刻退学にすることを決める。その決定に反発した泉(岩佐真悠子)は、メイとともに戦う決意を固め、メイの学力を向上させるための特訓を開始する。
      一方、学園NO.1の超天才児でもあるみるく(吉田里琴)は、ルチアからの食事の誘いを断ってしまう。執事を使って人を陥れるような人間の取り巻きになる気はない、というのだ。ほどなく、みるくと執事の大門(鈴木亮平)の前に、3人の黒服の男が現れる。男たちはみるくの日常生活を監査するためにやってきたのだという。実はみるくは、以前から国内のとある研究所で技術開発に携わっていた。その研究所は、防衛省直轄の機関だという噂があり、大門もその組織の人間らしい。監査役の男たちは、みるくをMI7というコードネームで呼び、問題行動を起こせば研究所に連れ戻す、と宣言した。
      メイは、食事も与えられないまま、監査役の男たちに仕事を命じられているみるくのことを心配していた。大門によれば、彼らはみるくが命令どおりに研究に従事することだけを望んでいるのだという。
      そんな折、教室まで参考書を取りにいくよう命じられた剣人は、そこで作業を命じられていたみるくと、監査役の男たちの話に口を出す。「お前は組織のためのただの道具だ」と、みるくに酷い言葉を浴びせる監査役の言葉に反発し、男に詰め寄る剣人。男は、そんな剣人の腕をつかみ、取り押さえようとした。それに怒ったみるくは、監査役に本を投げつけると、教室を飛び出してしまう。剣人は、監査役の目を盗んでみるくに接触しようとしていたメイとともに、みるくの行方を追うが…。

      第6回「剣人の大告白!!」

      あらすじ

       理人(水嶋ヒロ)とメイ(榮倉奈々)が抱き合っている写真が、教室中に貼りだされた。その写真は、武装集団がみるく(吉田里琴)を狙った事件のあと、震えていたメイを理人が思わず抱きしめてしまったときの様子を何者かが隠し撮りしたものだった。写真を見たリカ(大政絢)や凛(忽那汐里)たちの間に動揺が広がった。聖ルチア女学園では、お嬢様と執事の恋愛が禁止されており、発覚した場合は退学処分になってしまうのだ。剣人(佐藤健)は、何も言わずに貼られていた写真を荒々しくはがして回ると、くだらないことをするな、と理人に掴みかかった。そこに、泉(岩佐真悠子)が現れ、事実関係の調査が済むまで理人とメイに謹慎するよう言い渡した。太陽<ソーレ>生の決定だった。
      調査の間、理人とメイは引き離され、理人は執事学校の空き部屋、メイは陰<オンブラ>寮の自室でそれぞれ過ごすことになった。さらに、今回の一件がきっかけとなって全生徒の素行調査も行われ、日ごろからその関係が怪しまれていた不二子(中別府葵)とその執事・根津(姜暢雄)も謹慎を命じられてしまう。
      ヒマをもてあましていた不二子は、メイの部屋を訪れる。そこで不二子は、禁断の恋に落ちた者同士仲良くしよう、などと言い出す。不二子の祖父は、中国マフィアの大ボスだった。その祖父は、不二子をアラブの石油王と結婚させようとしていたが、不二子は根津ひと筋なのだという。
      ほどなく、証拠不十分ということで、メイたちの謹慎処分が解かれる。由真(臼田あさ美)や聡美(ホラン千秋)ら太陽生は、誤解を招くような行為は慎むよう、理人と根津に釘を刺した。
      そんな折、聖ルチア女学園の各クラスにある通達が出される。それは、クラス内で執事を交換せよ、というものだった。執事との関わり方を見直す目的で、太陽生たちが決めたものだった。それを受け、メイのクラスでもくじ引きで執事を決める。その結果、メイの執事は剣人が務めることになった。不二子の執事は大門(鈴木亮平)になり、根津は多美(谷村美月)に仕えることになった。そして理人は、ルチア(山田優)の執事を務めることになったが…。

      第7回「オレがそばにいる」

      あらすじ

       執事の交換が中止になり、理人(水嶋ヒロ)も久しぶりにメイ(榮倉奈々)のもとへと戻った。だが、陰<オンブラ>寮にメイの姿はなかった。何故か嫌な予感に襲われた理人は、寮の部屋を飛び出してメイの行方を追った。
      そのころ、メイと剣人(佐藤健)は、多美(谷村美月)におびき出され、森の奥にある古い洋館『時間<とき>のない館』にいた。『時間のない館』とは、舞踏会の日にここまでたどり着くことができれば好きな人と永遠に結ばれる、という言い伝えが残された場所だった。しかし、誰も館の場所を知らないため、その言い伝えも半ば伝説化していた。
      多美は、事情が飲み込めないでいるメイと剣人に向って、ルチア(山田優)のためにお前たちを始末する、と告げる。泉(岩佐真悠子)との決闘<デュエロ>のときに男たちにメイを襲わせたのも、理人とメイが抱き合っている写真をばらまいたのも、すべて多美がやったことだというのだ。メイは、多美の言葉を信じることができなかった。多美によれば、この『時間のない館』は、その昔、お嬢様と執事が心中した場所で、ふたりの時間が止まったという意味からそう呼ばれるようになったのだという。
      理人は、泉やリカ(大政絢)らメイのクラスメートや彼女たちの執事にも協力してもらいメイを探していた。多美の執事・神田(阿部進之介)は、メイや剣人だけでなく、多美の姿もないことに気づく。凛(忽那汐里)の執事で、霊視能力を持つ四谷(丸山智己)は、メイに危機が迫っていることを感じているようだった。
      館では、メイと剣人が、多美の合図で現れた怪しい男たちに取り囲まれていた。館の2階へと駆け上がり、一室に逃げ込むメイたち。メイを助けるために犠牲になる覚悟を決めた剣人は、必死にドアを押さえながら、ひとりで逃げるようメイに告げた。が、次の瞬間、ドアが破られ、多美たちが侵入してきた。多美のナイフ攻撃からメイをかばおうとして傷を負う剣人。多美は、倒れたまま動かない剣人にすがりつくメイに向って、お前がこの学園に来なければ誰も苦しむことはなかった、と言い放ち…。

      第8回「決闘!!理人VS剣人」

      あらすじ

       理人(水嶋ヒロ)に別れを告げ、聖ルチア女学園を去ったメイ(榮倉奈々)は、生まれ故郷に戻り、再び仲本家に身を寄せる。メイは、あるうどん店を手伝いながら以前通っていた高校への復学準備を進めようとしていた。メイの側にいるために執事を辞めた剣人(佐藤健)は、何とかメイを元気づけようと、努めて明るく振舞っていた。
      一方、熱を出して倒れていた理人は、ルチア(山田優)の看病もあって回復する。ルチアの執事・忍(向井理)は、そんな理人に、本郷家から連絡があったことを伝えた。
      あくる朝、メイと剣人の前に、理人が現れる。そこで理人は、本郷家からの通達をメイに告げる。それは、1週間以内に聖ルチア女学園に戻らなければ学費の支払いを停止するというものだった。同時に、今後は本郷家との関わりを絶ち、財産分与等の権利も放棄せよ、という。理人の用件がそれだけだと知ったメイは、悲しみを堪えながら、何も言わずにその場を後にした。
      報告を受けた本郷家当主・金太郎(津川雅彦)は、ルチアのもとに戻るよう理人に命じた。柴田家の執事は、本郷家の後継者に仕えるのが慣わしなのだ。理人は、動揺を抑えながら、それを受け入れた。
      メイが仲本家に戻ると、そこに泉(岩佐真悠子)やリカ(大政絢)たちの姿があった。聖ルチア女学園時代のクラスメイトとその執事全員で、メイを連れ戻しに来たのだ。リカは、何故理由も言わずに学園を辞めたのか、とメイを問いただした。口ごもるメイに代わって話を切り出したのは剣人だ。メイがルチアから嫌がらせを受けていたことや、クラスメイトに危害を加えると脅されたことを明かす剣人。ルチアの本性を知る泉やみるく(吉田里琴)は、その話が真実であることを皆に告げた。その際、理人がルチアの執事に戻ったことを知ったメイは、急に不機嫌になり、迎えに来て欲しいとは頼んでいない、と強がって泉たちを追い返そうとする。言い合いになったメイは、話の流れで、自分はここで剣人と上手くやっている、と言ってしまい…。

      第9回「死なないで、理人」

      あらすじ

       理人(水嶋ヒロ)は、弟の剣人(佐藤健)から、メイ(榮倉奈々)を賭けた勝負を挑まれる。剣人と壮絶な殴り合いを繰り広げる中で迷いを吹っ切った理人は、ボロボロになりながらも立ち上がり、もう二度とそばを離れない、とメイに約束する——。
      理人同様、剣人も体中に傷を負っていた。リカ(大政絢)や青山(真山明大)から、大げさな手当てを受ける剣人。メイは、そんな彼の姿を複雑な思いで見つめていた。
      同じころ、ルチア宮では、忍(向井理)と多美(谷村美月)が対峙していた。多美は、忍を非難するかのように、これからどうするつもりなのか、と問いかけた。しかし忍は、何も言わずにただ微笑むだけだった。
      そのとき、ルチア(山田優)の寝室で大きな物音がした。忍たちが駆けつけると、床には割れたグラスや花瓶が散乱していた。ルチアは、理人はどこにいるのか、とヒステリックに叫ぶと、メイを徹底的に苦しめるよう、忍に命じた。
      あくる日、メイは、剣人を呼び出し、彼に礼を言おうとした。剣人は、そんなメイの気持ちを察して普段通りに接すると、まだお前のことは諦めていない、と告げる。理人と勝負をつけた上で、メイに選んでもらわなければ意味がない、というのだ。するとそこに、慌てた様子で泉(岩佐真悠子)たちがやってくる。クラスメイトの香織(菊里ひかり)やゆう子(秋山多奈)たちが不審な男たちに襲われそうになったというのだ。さらに、ひかる(中村知世)の実家にトラックが突っ込むという事件や、奈央(小嶋陽菜)の一族が経営する国内最大手の電機メーカーが買収騒動に巻き込まれるという事件まで起きていた。凛(忽那汐里)やみるく(吉田里琴)らは、一連の出来事はすべてルチアの仕業だと疑うが、証拠はなかった。
      そんな中、メイの前に右近(高木万平)と左近(高木心平)が現れる。ふたりは、金太郎(津川雅彦)に命じられてメイを呼びにきたのだという。メイは、理人とともに金太郎の私邸を訪れた。するとそこには、ルチア=詩織と忍の姿もあった。その席で金太郎は、メイではなく詩織を自分の後継者に指名する。さらに金太郎は、アメリカで行われる後継者発表のセレモニーに詩織とともに行くよう理人に命じる。突然のことに、メイは大きなショックを受けるが…。

      第10回「ラストkiss」

      あらすじ

       メイ(榮倉奈々)は、理人(水嶋ヒロ)を賭けての決闘<デュエロ>をルチア(山田優)に申し込む。理人がその結果に従うことを確認したルチアは、もし自分が負けたら、理人のことを諦めるのはもちろん、本郷家の後継者の座を辞退し、ルチアの称号も返して学園から去る、と言い出す。その代わり、自分が勝ったときは、メイだけでなく、泉(岩佐真悠子)やリカ(大政絢)らクラスメイト全員に学園から去ってもらう、と続けるルチア。それを聞いた泉たちは、ルチアの出した条件を受け、メイを応援すると宣言する。そのとき、多美(谷村美月)が放ったボーガンの矢が理人の腹部に突き刺さった…。
      その夜、理人は、傷を心配する剣人(佐藤健)たちの声に耳を貸さずに、決闘の会場に立った。決闘は真剣による戦い。相手の忍(向井理)は、世界中のさまざまな武術を身につけ、その強さは驚異的だという噂だった。
      学園長・ローズ(堀内敬子)の合図で決闘が始まった。忍は、凄まじい攻撃を仕掛けながら、巧みに理人の腹部の傷を狙っていた。傷のせいもあって動きも鈍く、防戦一方に追い込まれていく理人。それでもメイは、理人の勝利を信じてその光景を見つめていた。
      ルチアは、そんなメイに向かって、負けを認めるよう促す。するとメイは、リカとの決闘で理人とリカの執事・青山(真山明大)が戦ったとき、忍から言われた言葉をルチアに返した。あのとき忍は、「執事は信じられなければ力を発揮できない」、とメイに言ったのだ。メイは、毅然とした表情でルチアを見つめると、絶対に柴田理人は渡さない、と言い放つ。逆上したルチアは、メイを突き飛ばし、凶器を手に襲いかかろうとするが…。

      キャスト

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      登場キャラクター名 キャスト名
      柴田理人 水嶋ヒロ
      東雲メイ 榮倉奈々
      柴田剣人 佐藤健
      本郷詩織(ルチア) 山田優
      向井理
      本郷金太郎 津川雅彦
      キャストの詳細を見る ➔

      柴田理人(水嶋ヒロ)

      本作の主人公。メイ専属の執事。

      13歳で高校を飛び級で卒業するほど秀才で容姿端麗。メイのことをとても愛おしく思っていますが、執事という立場上何も言えずに居ます。礼儀正しくて完璧な執事ですが、メイが居ないところでは腹黒い一面も。

      東雲メイ(榮倉奈々)

      この投稿をInstagramで見る

      榮倉奈々(@nana_eikura)がシェアした投稿

      本作のヒロイン。

      交通事故で両親を失い、葬式の日に自身が大富豪の孫娘であると知らされます。そこからは執事の理人と共にお嬢様学校へ通い始めます。家事が全くできず、勉強も負けも嫌いの正義感強い女の子。理人のことが好き。

      柴田剣人(佐藤健)

      この投稿をInstagramで見る

      さくら(@takeru.satoh.321)がシェアした投稿

      メイの幼馴染。リカの見習い執事。

      頭脳明晰、容姿端麗、運動万能ということで幼い頃はモテていました。メイの事情を知り、メイのことを守るために執事へと転身します。メイのことが大好き。

      本郷詩織(ルチア)(山田優)

      この投稿をInstagramで見る

      山田優(@yu_yamada_)がシェアした投稿

      ルチアの称号を持つ特等生。

      病弱のために何度も留年を繰り返してしまいます。両親の虐待により施設暮らしをしていましたが、その時に本郷金太郎に引き取られます。その後の生活の中で当時執事として就いていた理人依存症に陥ります。そのためメイのことを心底嫌っています。

      忍(向井理)

      詩織の専属執事。

      詩織の執事になった際、「詩織の人生をもらう」と報酬を提示するほど冷酷で冷たい一面を持ち合わせています。執事の資格の他に、医学博士号を持っており、専門は睡眠医療です。

      本郷金太郎(津川雅彦)

      メイの祖父。

      とても強面であるため恐れられることが多いですが、実は外見とは裏腹に陽気で優しいおじいちゃん。理人をメイの婿養子にしたいと思っているため、あらゆる手を使ってメイと理人をくっつけようとします。

      スタッフ

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      原作 宮城理子
      脚本 古家和尚
      演出 石川淳一木下高男城宝秀則岩田和行

      主題歌:ROCK'A'TRENCH「My SunShine」

      主題歌は2009年3月4日にリリースされたROCK'A'TRENCHの「My SunShine」。

      本楽曲は「メイちゃんの執事」のために書き下ろされた1曲となっており、ドラマに沿った内容の歌詞が特徴です。

      曲の冒頭「会いたくて 会いたくて」がとても印象に残りますよね。私も一度聞くとなかなか頭から離れなくなってしまいます。

      「メイちゃんの執事」の動画1話~最終回を全話フル視聴するにはTSUTAYAディスカス/TVの無料おためしを利用しよう!

      この投稿をInstagramで見る

       

      tomo(@takeru_kairi_chitianzhidai7)がシェアした投稿

      ここまで、「メイちゃんの執事」の動画1話~最終回を全話フル視聴する方法や、Pandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトで見れるかについて見てきました。

      最後にもう一度、本記事の内容を振り返ってみます。

      本記事の内容
      • 「メイちゃんの執事」の動画1話~最終回を全話フル視聴する方法を2つ厳選してご紹介
        • TSUTAYAディスカス/TV」を使う方法おススメ
        • YoutubeやPandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトは危険
      • 「メイちゃんの執事」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

      1番のおススメは「TSUTAYAディスカス/TV」の30日間無料キャンペーンを利用する方法だったね。

      ただし、いつこのお得なキャンペーンが変更・終了するかわからないので、早めに無料体験するのがおススメです。

      あなたに合った動画配信サービスで、ぜひ素敵な動画ライフを楽しんでね。

      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。
      ※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。