この記事では、「ルパンの娘1(2019)」の見逃し無料動画(1話~最終回)を全話視聴する方法についてまとめています。

  • 「ルパンの娘1(2019)」の再放送情報が知りたい。
  • 「ルパンの娘1(2019)」を無料で見る方法が知りたい。
  • Pandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトでも見れる?
  • 動画配信サービスっていくつかあるけど、どれがおススメ?

    こんな疑問や悩みが解決できる記事になっています。

     

    原作は、横関大さんの累計発行部数17万部突破のロングセラー小説「ルパンの娘」、シリーズ第二弾「ルパンの帰還」をテレビドラマ化『ルパンの娘1(2019)』。

    泥棒を生業とする一家“Lの一族”の娘・三雲華(みくも・はな)と代々警察一家の息子、警視庁捜査一課の桜庭和馬が、様々な困難に見舞われながら、決して許されない恋愛を描くラブコメディー。

    主演の三雲華役は「下妻物語」で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞深田恭子さん、桜庭和馬役にはテレビドラマ版「恋空」の瀬戸康史さん

    原作は「再会」で江戸川乱歩賞を受賞横関大さん、脚本徳永友一さんが務め、映画「テルマエ・ロマエ」シリーズ、大ヒット映画「翔んで埼玉」に関わったスタッフが今作品を手がけます。

    深田恭子さんの仮面姿やセクシーなキャットスーツ姿はもちろん、時々始まるミュージカルシーンや映画「ミッション:インポッシブル」などのパロディシーンは必見です。

     

    ※「ルパンの娘」のシリーズ作品はコチラ↓↓↓

    あわせて読みたい

     

    本記事の内容

    • 「ルパンの娘1(2019)」の再放送情報
    •  「ルパンの娘1(2019)」の見逃し無料動画(1話~最終回)を全話視聴する方法を3つ厳選してご紹介
    • 「ルパンの娘1(2019)」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

    この記事を書いているボクは、これまで10社以上の動画配信サービスをタダで利用し、今も複数のサービスを契約しているVODマニア。

    この記事を読めば、「ルパンの娘1(2019)」を無料視聴するための、あなたにとって最適な方法がきっと見つかるはず。

    それでは、さっそく見ていきましょう。

    ▼説明抜きで今すぐ見たい方はコチラ▼

    ↓ ↓ ↓

    \30日間無料キャンペーン実施中/
    無料期間中の解約で、0円。

    「ルパンの娘1(2019)」再放送の放送日時と放送地域(放送局)

    「ルパンの娘1(2019)」一部の地域で再放送されています。

    放送日時、内容は変更になる可能性もありますので、詳しくは各放送局の番組表でご確認ください。

    新潟総合テレビ(NST)
    話数 放送日 放送時間
    第5話 2021年7月19日(月) 深夜1:30~深夜2:25
    第6話 2021年7月25日(日) 深夜1:30~深夜2:25
    第7話 2021年8月8日(日) 深夜1:30~深夜2:25
    第8話 2021年8月15日(日) 深夜1:25~深夜2:20
    第9話 2021年8月22日(日) 深夜1:25~深夜2:20
    第10話 2021年8月29日(日) 深夜1:30~深夜2:25
    第11話 2021年8月30日(月) 深夜1:30~深夜2:25
    富山テレビ(BBT)
    話数 放送日 放送時間
    第2話 2021年7月20日(火) 深夜0:40~深夜1:40
    高知さんさんテレビ(KSS)
    話数 放送日 放送時間
    第1話 2021年7月19日(月) 午後3:50~午後4:50
    第2話 2021年7月20日(火) 午後3:50~午後4:50
    第3話 2021年7月21日(水) 午後3:50~午後4:50

    Pandora/Dailymotion/9tsuで「ルパンの娘1(2019)」を見るのは危険!

    違法サイトは危険

    まず、YoutubeやPandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトで、「ルパンの娘1(2019)」の動画が見れるか確認してみました。

    違法サイト例

    • Pandora(パンドラ)
    • Dailymotion(デイリーモーション)
    • miomio(ミオミオ)
    • 9tsu
    • Kissanime
    • anitube
    • b9

    上記サイトを調査したところ、記事執筆時点では「ルパンの娘1(2019)」の動画は見つかりませんでした。

    調査結果を見る ➔

    Pandoraを調査したところ、「ルパンの娘1(2019)」の動画は1件もヒットしませんでした。

    Dailymotionを調査したところ、「ルパンの娘1(2019)」の動画は7件ヒットしました。

    しかし外部サイトへ誘導するリンクや、ドラマに関係ない動画で本編を見ることはできませんでした。

     

    ただし、今後万が一見つかったとしても、これらの無料動画サイトで視聴するのはおススメできません

    理由はつぎのとおり。

    違法サイトをおススメしない理由

    自分では気づかずに違法行為になる可能性も。ホント怖い。

    また、以下はほんの一部ですが、実際に被害にあった事例も多数報告されています。

    違法サイトは主に海外サーバーが使われてる。取り返しがつかなくなることもあるよ。

    公的機関でも、違法動画の処罰について明記されています。

      あくまでも自己責任ですが、これだけのリスクを抱えて違法サイトで見るメリットは全くありません

      つぎに紹介する公式の動画配信サービスを使って、安心・安全に楽しもう。

      「ルパンの娘1(2019)」の見逃し無料動画(1話~最終回)を全話視聴できる動画配信サービス一覧

      つぎに、国内の主要動画配信サービスでの、「ルパンの娘1(2019)」の配信状況をまとめてみました。

      調査結果を確認する ➡

      〇:無料、△:有料、×:配信なし

      配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント
      U-NEXT × 31日間無料
      月額2,189円
      600P付与
      TSUTAYAディスカス/TV 30日間無料
      月額2,659円
      1,100P付与
      ディズニープラス × 31日間無料
      月額770円
      ポイントなし
      Hulu × 2週間無料
      月額1,026円
      ポイントなし
      music.jp × 30日間無料
      月額1,958円
      1,600P付与
      FODプレミアム 2週間無料
      月額976円
      500~900P付与
      ABEMAプレミアム × 2週間無料
      月額960円
      ポイントなし
      dTV × 31日間無料
      月額550円
      ポイントなし
      Paravi × 14日間無料
      月額1,017円
      ポイントなし
      Amazonプライム × 30日間無料
      月額500円
      ポイントなし
      TELASA × 15日間無料
      月額618円
      ポイントなし
      Netflix × 無料期間なし
      月額990円
      ポイントなし

       

      調査の結果、TSUTAYAディスカス/TVFODプレミアムの2つのサービスで無料視聴できることがわかりました。

      今回は「ルパンの娘1(2019)」が視聴できる、2つの方法をご紹介します。

      おススメの2つの方法

      1. TSUTAYAディスカス/TVを使う方法 おススメ
      2. FODプレミアムを使う方法

      それぞれ1つずつ解説していきます。

      TSUTAYAディスカス/TVを使って「ルパンの娘1(2019)」の見逃し無料動画(1話~最終回)を全話視聴する方法

      TSUTAYAのセットプラン

      TSUTAYAディスカス/TVの概要とメリット・デメリット

      TSUTAYAディスカス/TVは、

      • 動画配信サービス(TSUTAYA TV)
      • 宅配レンタル(TSUTAYAディスカス)

      の2つがセットになったサービス。

      「ルパンの娘1(2019)」はTSUTAYA TVを利用して無料で見ることができます。

      TSUTAYATV ルパンの娘2019

       

      そんなTSUTAYAディスカス/TVの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      TSUTAYAディスカス/TVの基本情報

      項目 内容
      月額料金 2,659円
      無料期間 30日間
      ポイント特典 1,100P
      作品数 10,000本以上(TSUTAYA TVのみ)
      同時視聴 1~2台(作品による)
      ダウンロード機能

      TSUTAYAディスカス/TVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカスTVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカス/TVの2つのデメリット

      TSUTAYAディスカスTVの2つのデメリット

      正直、TSUTAYA TVはほかの動画配信サービスとの違いはそこまでない。でもTSUTAYAディスカスの品揃えはマジでスゴイ。ここでしか見れない作品も多いので、要チェックだよ。

       >>TSUTAYAディスカス/TVを詳しく見る

      TSUTAYAディスカス/TVで「ルパンの娘1(2019)」を見た後におススメの作品

      TSUTAYAディスカス/TVの無料期間は業界トップクラスの30日間。

      なので「ルパンの娘1(2019)」が見終わったら、無料で見れるほかの作品もぜひチェックしておきたいですね。

      TSUTAYA TVのおススメ作品

      TSUTAYA TVは見放題作品をたくさん取り揃えているほか、無料お試しでもらえる1,100ポイントを使えば、有料作品も2本ほど無料で見ることができます。

      深田恭子出演作品

      TSUTAYATV 深田恭子出演作品

      • 超高速!参勤交代
      • 超高速!参勤交代リターンズ
      • ルームメイト
      • 映画「下妻物語」
      • 豆富小僧
      • 初めて恋をした日に読む話
      • 隣の家族は青く見える【フジテレビオンデマンド】
      • 他23作品
      瀬戸康史出演作品

      TSUTAYATV 瀬戸康史出演作品

      • JUDGE/ジャッジ
      • 海月姫【フジテレビオンデマンド】
      • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
      • 貞子3D2~2Dバージョン~
      • 貞子3D ~2Dバージョン~
      • 事故物件 恐い間取り
      • ナラタージュ
      • 他27作品
      人気の禁断の恋愛作品

      TSUTAYATV 禁断の恋愛作品

      • 百日のセツナ 禁断の恋 【LOVE&EROS】
      • 新 くノ一忍法伝 禁断の恋鎖
      • PとJK
      • ウォーム・ボディーズ
      • あなたには帰る家がある
      • First Love
      • 妹の恋
      • 他27作品

      TSUTAYAディスカスのおススメ作品

      ご紹介する作品は、すべて準新作・旧作に絞っているので、どの作品も無料でレンタル可能です。

      深田恭子出演作品

      TSUTAYAディスカス 深田恭子出演作品

      • 永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎
      • 空飛ぶタイヤ
      • ハロー張りネズミ
      • 下剋上受験
      • ダメな私に恋してください
      • セカンド・ラブ
      • ジョーカー・ゲーム
      • 他53作品
      瀬戸康史出演作品

      TSUTAYAディスカス 瀬戸康史出演作品

      • 私の家政夫ナギサさん
      • 人間失格 太宰治と3人の女たち
      • パーフェクトワールド
      • 寝ても覚めても
      • 連続テレビ小説 まんぷく 完全版
      • 透明なゆりかご
      • ミックス。
      • 他52作品
      人気の禁断の恋愛作品

      TSUTAYAディスカス 禁断の恋愛作品

      • 禁断の恋
      • マチルダ 禁断の恋
      • 情愛中毒
      • 真幸くあらば
      • 魔女の条件
      • 美しい絵の崩壊
      • 夜明けまで離さない
      • 他54作品

      >>おススメ作品も合わせて楽しむ!

      TSUTAYAディスカス/TVの口コミ・評判

       >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料おためし

      TSUTAYAディスカス/TVの登録・解約方法

      TSUTAYA登録方法は2ステップ

      登録・解約も簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの登録手順
      1. TSUTAYAディスカス/TVから「今すぐ30日間無料トライアル」をタップ。
      2. 名前、メールアドレス、クレジットカード情報を入力して、会員登録。
      3. 登録完了メールが届いたら、完了です。
      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの解約手順
      1. マイページから「マイメニュー」をタップ。
      2. 「登録情報の確認」から、「サービス解除申請」をタップ。
      3. 「申請を完了する」をタップし、メールが届いたら、完了です。
      \30日間無料キャンペーン実施中/

       

      無料期間中の解約で、0円。

      FODプレミアムを使って「ルパンの娘1(2019)」の見逃し無料動画(1話~最終回)を全話視聴する方法

      FODプレミアム無料登録

      2番目は「FODプレミアム」。

      「ルパンの娘1(2019)」も配信されていますので、無料で見ることができます。

      FODプレミアム ルパンの娘2019

      FODプレミアムはフジテレビ系のコンテンツに強い動画配信サービス。

      そんなFODプレミアムの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      項目 内容
      月額料金 1,000円
      無料お試し期間 2週間
      ポイント特典 100P+8の付く日に400P
      作品数 50,000本以上
      同時視聴 1台
      ダウンロード機能 ×
      FODプレミアムの5つのメリット
      • 2週間の無料トライアル実施中
      • フジテレビ系のバラエティ・ドラマが豊富
      • 毎月最大1,300円分のポイントがもらえる
      • 対象マンガや雑誌100誌以上も読み放題
      • 電子書籍購入で20%ポイント還元
      FODプレミアムの3つのデメリット
      • フジテレビ系作品以外の動画コンテンツが少ない
      • 動画のダウンロードができない
      • 複数端末での同時視聴ができない

      動画のダウンロードができないなど、観るシチュエーションが限られるのが難点です。

      とはいえ、国内ドラマに強いHuluでも見れないフジテレビ系の国内コンテンツが揃っているのが最大の魅力。

      フジテレビ系の国内コンテンツを楽しみたいなら、FODプレミアム一択。でも、意外とフジ系以外のコンテンツも充実してるからチェックしてみて。

       >>FODプレミアムを詳しく見る

      「ルパンの娘1(2019)」の作品紹介

      ここからは、「ルパンの娘1(2019)」を120%楽しむための作品情報についてお伝えしていきます。

      気になる情報を、ぜひチェックしてみてください。

      基本情報

      タイトル ルパンの娘
      原作 ルパンの娘(小説)
      公開 2019年7月11日
      制作会社 フジテレビ 第一制作室
      公式サイト ルパンの娘
      公式SNS TwitterInstagram
      Wikipedia ルパンの娘

      あらすじ・見どころ・感想

      あらすじ・見どころを見る ➡

      原作は横関大さんの累計発行部数17万部突破のロングセラー小説「ルパンの娘」、シリーズ第二弾「ルパンの帰還」のテレビドラマ化ルパンの娘1(2019)』が今作品です。

      泥棒を生業とする一家“Lの一族”の娘・三雲華(みくも・はな)と代々警察一家の息子、警視庁捜査一課の桜庭和馬が、様々な困難に見舞われながら、決して許されない恋愛を描くラブコメディーです。

       

      華の家、三雲家は代々、大泥棒ルパンの頭文字を取った泥棒を生業とする“Lの一族”。

      華は悪者からしか盗みを行わず、盗んだものを世間の弱者に還元しているとはいえ、泥棒家業を嫌悪していました。

      図書館に勤める華は、恋人の桜庭和馬の家族を初めて紹介されて、ガチガチに緊張しています。

      和馬の父、典和の口調は厳しく、母の美佐子も華の勤め先にガッカリした様子です。

      和馬が公務員としか聞いていなかった華でしたが、桜庭家は代々警察官の一族で和馬が警視庁捜査三課と聞いて震え上がります。

      華はロミオとジュリエットのような状況の中で、泥棒修行で得たテクニックを使い、正体を明かさぬまま捜査中にピンチに陥った和馬を助けるようになります。

      一方、和馬は父の典和に、捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われ、Lの一族を追ううち、華にある疑念を抱くようになっていくのでした。

       

      主演の三雲華役は「下妻物語」で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞の深田恭子さん、恋人の桜庭和馬役にはテレビドラマ版「恋空」の瀬戸康史さん。

      大泥棒一家の父・尊役は渡部篤郎さん、母・悦子役は小沢真珠さん、ハッカーの兄・渉役は栗原類さん、鍵師の祖母・マツ役はどんぐりさん、祖父・巌は麿赤兒さん、信太昌之さん、マルシアさん、が脇を固めます。

      原作は「再会」で江戸川乱歩賞を受賞の横関大さん、脚本徳永友一さんが務め、映画「テルマエ・ロマエ」シリーズ、大ヒット映画「翔んで埼玉」に関わったスタッフが今作品を手がけます。

      2020年10月15日からは、フジテレビ系「木曜劇場」で今作の主要キャストが続投する続編が放映されます。

      コメディ要素はもちろん、ハラハラドキドキが満載で序盤はラブコメ色が強く、中盤からは新キャクターも登場、後半は原作の持ち味が効いたラブミステリーに展開されていくストーリーをお楽しみください

      感想を見る ➡

      コミカルな展開に最後まで楽しめる作品

      次へと続く展開へのワクワクが止まらない

      深田恭子さん演じる泥棒一家・Lの一族の娘・華と瀬戸康史さん演じる代々警察官の家系である和馬との許されない恋愛が描かれており、ロミオとジュリエットのように美しく描かれる二人の恋愛模様は見どころでした。また、華の癖が強めな家族たちは見どころで、家にあるものすべては「頂き物」という盗んだ品物ばかりであり、不自由なく生活している姿に泥棒としての凄味を感じさせます。また、泥棒するのは悪事を働く人たちからというポリシーを崩さない姿に気品の高さを感じさせます。自分たちの家系に思い悩みながらも最終的に思いを貫いた二人には心温まります。最終的にLの一族は死んだと思わせて警察の目を逸らしてLの一族の存続を守りつつ、華と和馬のハッピーエンドを感じさせましたが、このままでは終わらないと感じさせるLの一族の姿に続編へ期待が高まりました。コミカルに展開するストーリーと共に読めない展開にワクワクが止まらない作品でした。
      parapi(30代・女性)

      とにかく面白く見れる作品。セクシーな深田恭子さんも見れるし最高の作品

      キャラが立ちすぎて、面白い!

      このドラマは、泥棒一族の娘と警察一家の青年が、禁断の恋をするというストーリーも奇抜で面白いのですが、それ以上にキャラクターの設定とそれを演じるキャストの組み合わせが絶妙で面白いです。泥棒一族の三雲家には、深田恭子さん演じる華のほかに両親と兄と祖父母がいます。小沢真珠さん演じる華の母は、とても美しいのですが突然目を見開いてヒステリックになったり、面白い行動をしてくれます。また、どんぐりさん演じる鍵師でもある祖母は見た目にもクセが強く、笑えるキャラです。一方、警察一家の桜庭家も母を演じるマルシアさんはコミカルなキャラを演じてくれていますし、祖父を演じる藤岡弘さんにいたってはバイクを乗り回してしまうなど、濃いキャストが濃いキャラを演じていて、両家とも面白いです。続編の放送がたのしみです。
      モモカリン(40代・男性)

      恋の結末はどうなるのか気になるドラマです

      スリルあるドラマです

      ルパンの娘は、盗賊の家に生まれた娘と、警察一家に生まれた息子が恋に落ちていくドラマとなっています。はじめはまさか自分の恋人が買え盗賊団なんてまた警察官なんてって言うのを思わずに生活をしていました。しかし現場を重ねるごとにお互いが、敵であることを認識します。エルの一族と世の中では騒がれていますが、実際は悪党ではなく正義なのかもしれないと言う雰囲気も醸し出してくるドラマです。クライマックスに向けてどんどんストーリーが進んでいき、最後まで何が起こるかわからないドキドキがありとても面白いドラマとなっています。全体的なストーリーとして、コメディーの部分も含まれていてとても面白いです。キャラクターがとても個性的です。
      こてつ(20代・女性)

      家族みんなで笑いながら見ることができる!

      意外なキャストとコメディー満載

      普段はドラマをあまり見ないけれど、タイトルとCMで興味を持って録画していたところ、見始めたら止まらず見ハマってしまった。思っていたような展開にはならないし、シリアスなのに爆笑してしまう。個性的なキャストとキャラクターが魅力!泥棒一家に翻弄される警察達や悲しいのになんだかんだと面白い展開になって毎回、楽しい気持ちで見ることができる。突然始まる踊って歌うキャラクターや、この人も歌う!?とストーリーではない部分でも意外な展開になって、とってもエンターテイメントとして楽しむことができる。一緒に見ていた子供たちが大好きなシーンがあって、何度も見たり、見ていて思ったことをドラマの中で言うところなど、子供も気まずくなるものを吹き飛ばす勢いがとっても楽しいドラマです。
      ちり(30代・女性)

      大切な人を大事にしようと思える作品

      笑いあり涙あり

      最初は非現実的な作品なので観ようか迷っていたんですが、大好きな深きょんが出るのでとりあえず視聴してみました。思っていたストーリーとは違っていてそれぞれの人物の個性、面白さに魅了されいつの間にかストーリーに引き込まれていきました。また別に深きょんと瀬戸康史くんの純愛ぶりや一緒になりたいのに、「警察と泥棒」という関係性でスムーズな恋愛が出来ず・・でもお互いが好き合っているのが見てて分かるし切ないけど、キュンとします。深きょんと瀬戸康史くんが演じることで二人のほっこり感みたいなものが出ててすごく幸せな気持ちになれます。家族ぐるみの付き合いの部分に関してはまさかのそこに共通が!とビックリする内容で目が離せませんでした。
      ちま(20代・女性)

      笑いあり、ドキドキあり、アクションあり!最後まで見逃せないドラマ!

      許されざる恋の行方は?!

      ルパンの娘は、泥棒一家Lの一族の娘である深田恭子さん演じる三雲華と、警察一家の息子である瀬戸康史さん演じる桜庭和馬が恋に落ちるというストーリーです。桜庭和馬が警察一家の息子だと知った三雲華は、泥棒一家の娘ということがバレないように、でも素直に言えないことにも苦しみつつストーリーが展開していきます。許されない2人の恋はどうなっていくのか…これから結婚を考えている人、2人で乗り越えたいことがあるカップルにはおすすめのドラマです!2人の恋にも注目ですが、他の登場人物も豪華で、個性的なのも見どころです。三雲華の家族も桜庭和馬の家族もそれぞれキャラが濃く、笑える場面がたくさんあります。笑いあり、ドキドキハラハラあり、かっこいいアクションありのドラマの中で、2人はどんな道を選択していくのか…注目です!
      ぽん(20代・女性)

      悲しい、かっこいい作品

      かっこいいアクション

      このご時世に職業が結婚の邪魔をするなんてありえないような話だけどこの作品の状況だけは絶対に結婚は無理だろうなと思いました。正反対の職業で一触即発の関係性はみていて面白かったけど結婚できないってなったら好き同士だからかわいそうだなと思いました。正体が分かっていない状態で恋人同士で戦うシーンはすごくかっこよくて2人とも見とれてしまいました。特に深田恭子さんはあんなぴっちりした服を着て華麗に技をこなしていく姿には、今までのおっとりしたイメージからは全く想像がつかなかったので驚きましたが最高にかっこよかったです。瀬戸康二さんも可愛い顔をしているのに警察役をしたらかっこよくてずっと目の保養だなと思っていました。
      すず(20代・女性)

      笑いあり、悲しさあり、見るとハマるドラマ

      深田恭子がかわいい!

      タイトル通り、深田恭子がほんとにかわいい。ファンでも何でもないのですが、深田恭子にあった役どころです。深田恭子以外にも、瀬戸康史の少しポンコツな感じや、渡部篤郎のダンディな役どころ、小沢真珠の怖いけど可愛らしい女性らしさ、どんぐりのすっとぼけてるが肝心なところでは本領を発揮するところも見どころだと思います。ルパンの娘というコメディ的要素が強いドラマだと思っていたら、ミュージカルのようなものもあり、悲しい部分も笑える場面、ツッコミどころもあり、と偏見から見てるのに、久しぶりにどハマリしたドラマです。なにも思わずにとりあえず録画だけしておこう!と思った自分を褒めておきます。今月の2020年バージョンもとても楽しみにしてます。
      るるる(20代・女性)

      どろぼうと警察のラブコメディ

      どろぼう一家と警察一家の恋の行方

      屈指のどろぼう一家の娘が恋に落ちた相手は、なんと代々警察の家族というとんでもない展開が待ち受け、二人の恋の行方が見どころのドラマです。どろぼうをして生活をしている家族は一見ごく平凡な家に住んでいると見せかけ、実はその地下から高級マンションの高層階につながっています。そこでは様々なセレブから盗み出した高級品が部屋のいたるところに並べられ、優雅な暮らしを送っています。そんな中でお互いの素性を知らないまま出会った男女の二人は、まさかのどろぼう一家の娘と警察の卵でした。真剣に交際を始めてしまった二人に待ち受ける様々な試練を、二人は乗り越えることはできるのでしょうか。主人公を演じる深田恭子さんがとても可愛らしく、ぜひ見て欲しいドラマです。
      猫ちゃん(20代・女性)

      恋愛と正義をテーマにしたコメディドラマ

      毎回ハラハラさせられる展開

      このドラマは泥棒一族であるLの一族の娘と警察一家に生まれた青年との許されない恋物語である。泥棒と警察という正反対の立場の2人が出会ってしまうことで運命の歯車は大きく狂ってしまう。2人のピュアな恋愛とは裏腹に泥棒と警察のバトルが繰り広げられる。皮肉にも彼らが愛し合えば愛し合うほどこの運命の壁が高くなってしまうのだ。主人公・華を演じている深田恭子がとても可愛いくこのドラマを見ているだけで癒される。華は普段は優しく思いやりのある女性だがLの一族に変身したときその様子が一気に変化する。彼女は怖気づかず悪者を華麗なアクションで倒していき、オンとオフのギャップがたまらない。こんな男気ある深田恭子が見られるのはこのドラマでしかないのではないだろうか。主人公以外にもLの一族全員が個性的で面白く視聴者をまったく飽きさせない。彼らは良い意味で泥棒らしくない。泥棒は人目につかないようにひっそりと暮らしているイメージだが、彼らは華美な装いで暮らしている。彼らは持ち前の大胆な発想で毎回難解なセキュリティを潜り抜けてしまう。恋愛ドラマの結末はだいたい予想できるにも関わらず毎回このドラマにハラハラさせられてしまった。それは2人の境遇、美しい恋愛模様、予想外の展開などが相重なってできたものだと思う。なんとか困難を乗り越えた2人であるが続編はどんな展開が待っているか楽しみである。
      y094028(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      第1話「泥棒一家の娘が警察一家の息子に禁断の恋!?」

      あらすじ

      図書館に勤める三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を初めて紹介されて、ガチガチに緊張している。和馬の父、典和(信太昌之)の口調は厳しく、母の美佐子(マルシア)も華の勤め先にガッカリした様子。和馬が公務員としか聞いていなかった華だったが、桜庭家は代々警察官の一族だったのだ。それを聞いて震え上がり、さらに和馬が警視庁捜査三課と知った華は・・・。
      その日、和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入って行く。和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。実はここが本当の三雲家。高級な猫を抱いた母の悦子(小沢真珠)、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊(渡部篤郎)、トラフグを調理中の祖母マツ(どんぐり)が華を迎え入れた。だが、猫もキャビアもトラフグも・・・他人様から失敬したものばかり。そう、三雲家は泥棒一家。華は和馬を諦めようと考える。
      一方、和馬は典和に捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われる。和馬が三課の先輩刑事・巻(加藤諒)に相談すると、先祖代々家族全員が盗みの専門家“Lの一族”を捕まえろとアドバイスされる。決して尻尾を出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで“アルセーヌ・ルパン”のような大胆不敵な犯行から“L”がつけられる一家。和馬は彼らを捕まえる決心をするが、その一族こそ、華の家族・三雲家だった。

      第2話「警察が泥棒にご挨拶!?犬猿の対決が幕を上げる!」

      あらすじ

      三雲華(深田恭子)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家の息子だからだ。和馬の家族と自分の家族を会わせるなど、華にとってはもってのほか。そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家にあいさつに来てしまう。玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始め、華は気が気でない。幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)たちの姿がなく華は胸を撫で下ろす。ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。
      図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。
      とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。後日、華は美佐子から和馬と別れて欲しいと言われてしまう。やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、会社社長が所有する秀吉の茶釜を盗む計画をしていた。

      第3話「泥棒の嫁VS鑑識の姑バトル!!秘宝を巡る争奪戦!!」

      あらすじ

      三雲華(深田恭子)は、交際相手の桜庭和馬(瀬戸康史)が警察官であることを祖母、マツ(どんぐり)に知られてしまった。華はマツに尊(渡部篤郎)たちには黙っていて欲しいと頼むのだが、答えは得られず。一方、和馬はアポ電強盗逮捕の手柄を典和(信太昌之)に褒められる。だが、美佐子(マルシア)は華からの連絡が和馬の犯人逮捕のきっかけだと知り疑念が深まる。
      タワーマンションに戻った華は、尊から「“Lの一族”を潰すつもりか」と言われる。マツがバラしたのだと観念する華。しかし、尊が怒っていたのはマツの手刀を浴びた和馬が倒れてしまったこと。そんなことでは泥棒一家に迎え入れることは出来ないと尊と悦子(小沢真珠)。話はズレていたが、どちらにしても華は和馬と別れを決意しなくてはいけない流れになってしまう。そこに渉(栗原類)から、お宝を見つけたと報告が入る。IT会社社長が某王国の秘宝を落札したのだ。社長は脱税した金で購入する悪人。“Lの一族”の次のターゲットが決まった。
      和馬はSNS強盗の担当に。SNSで目をつけた相手の住所や行動を追って、留守中に高級品を奪う手口だ。その頃、華は美佐子に誘われ桜庭家にいた。美佐子は華に料理などを手伝わせ、指紋や血液型などを、身に付けた鑑識能力で探ろうとする。和馬が帰宅すると、美佐子は和一(藤岡弘、)を呼びに行って欲しいと華に頼む。華が部屋に入ると、瞑想(めいそう)中の和一が真剣をふりかざして・・・。

      第4話「裏切りのお見合い!?恋敵出現 愛と哀しみの泥棒!!」

      あらすじ

      三雲華(深田恭子)は、桜庭和馬(瀬戸康史)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が見合い話を持って来た。相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)。華を気に入った美佐子は反対するが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、華との結婚も無くなると言う。途方に暮れる和馬に美佐子は見合いをするよう勧める。見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。だが見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。
      華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、和馬とエミリのデート現場へ潜入。円城寺が仕掛けた盗聴器で2人の会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。
      傷心の華が家に帰ると尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心。そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。この男が女性たちからだまし取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

      第5話「女泥棒ドロンジョ対決!仮面の素顔と愛の終わり」

      あらすじ

      金塊を盗み出した時、三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)と顔を合わせた。ついに自分が“Lの一族”だとバレてしまったのではないかと不安な華は、和馬に呼び出される。正体を偽っていたことを謝ろうとする華だが、先に頭を下げたのは和馬。和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)とお見合いしたことを正直に話し、華にわびる。断ったと聞いてホッとする華だが、和馬は昨日の18時ごろにどこにいたのか尋ねて来た。それは華が和馬と顔を合わせた時間。華は明日、結婚記念日を迎える両親への動画を撮影していたと和馬に見せる。撮影時間を見た和馬は華を抱きしめた。和馬の胸の中で華はまたウソを重ねたことを嘆く。
      華が帰ると、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)は次のターゲットを決めていた。世界各国の男にすり寄り金品を奪う女泥棒(田中みな実)から、200億円はするという伝説のダイヤモンドを奪う計画。しかし、まだ女泥棒のアジトがつかめていない。渉(栗原類)はタブレットから、女泥棒には男2人のこわもての手下がいると警告。華はもう泥棒はしないと断った。マツは和馬と何かあったのかと華に聞く。アリバイ動画はマツと作ったものだった。その時、和馬からメッセージが。和馬の両親の結婚記念日も明日なので、合同結婚記念パーティーを桜庭家でやろうとの誘いだ。マツがうっかりメッセージを読み上げると尊たちに聞かれ、桜庭家へ出向くことに・・・。

      第6話「別れる宿命の二人!華を襲う命の危機に和馬は・・・」

      あらすじ

      三雲華(深田恭子)は自身が“Lの一族”であることを桜庭和馬(瀬戸康史)に知られてしまった。もはや警察官の和馬との結婚などあり得ないと嘆き悲しむ華。そんな時、渉(栗原類)が新たな獲物を発見。政務活動費を使い込んで辞職した悪徳政治家が所有する名画が都内の美術館に無償で貸し出されたのだ。だがこの名画は“ブラックマンバ”という史上屈指の国際窃盗団にも目をつけられている代物。しかし尊(渡部篤郎)と悦子(小沢真珠)、マツ(どんぐり)は気にもせず、盗み甲斐があるとさっそく下見に行くことに。するといつもは乗り気でない華が同行すると申し出た。
      美術館で客を装ってセキュリティーなどを調べる華たち。だが華は和馬のことが気になりミスをしてしまいそうに。尊はそんな華に任務を外れるよう言い渡した。心のやり場を失う華に円城寺輝(大貫勇輔)が、和馬と別れたのかと尋ねる。“Lの一族”だと和馬にバレたと話す華に、円城寺はすぐに逃げるよう促す。しかし華は、和馬は他の警官には話さないと告げる。もし和馬が話していればとっくに逮捕されているからだ。
      和馬は華の正体を知ってしまったことに悩んでいる。そんな和馬に橋元エミリ(岸井ゆきの)が再び接近。一方、華は尊に和馬と別れたことを打ち明け任務を続けさせて欲しいと頼む。“Lの一族”としての運命を受け入れて生きる覚悟をしようとする華。しかし“Lの一族”逮捕に警察も威信を賭けて動き出す。

      第7話「泥棒娘と警察官が結婚!?波乱の結納&温泉旅行!!」

      あらすじ

      三雲華(深田恭子)は桜庭和馬(瀬戸康史)から正式なプロポーズを受ける。和馬は華が“Lの一族”と知った上で、ともに運命を乗り越える決心をした。華から話を聞いた尊(渡部篤郎)は折を見て自分たちが“Lの一族”だと伝えると言い出す。しかし華は反対。まだマツ(どんぐり)以外で桜庭家が警察一家と知っている家族はいない。
      一方、和馬も典和(信太昌之)たちに華へのプロポーズを報告。だが典和や美佐子(マルシア)が喜んだのは、和馬の捜査一課への異動だった。典和は、結婚には和一(藤岡弘、)への報告も必要と和馬を促す。和一は、覚悟は出来ているかと和馬に尋ね、滝に打たれに出かけてしまった。
      和馬が三雲家にあいさつに来ると、尊と悦子(小沢真珠)は泥棒への勧誘を始める始末。見送りに出た華は和馬に謝る。和馬は、これからはお互いにうそをつかないこと、華は泥棒をもう二度としないことを約束しようと話す。華は和馬に真実を伝えようと、尊たちの留守に本当の住まいであるタワーマンションへ案内する。渉(栗原類)は自室で爆睡。数々の盗品に和馬が目を丸くしているとマツが現れ、2人を応援すると言う。そこに尊と悦子が帰って来た。華は和馬を渉の部屋に隠し、マツの協力で何とか乗り切ろうとする。
      和馬が家に帰ると、典和が結納を行うと言う。しかも桜庭家が代々結納を行って来た旅館に泊まりがけ。華と和馬はお互いの両親に職業がバレないよう作戦を練るが・・・。

      第8話「一家の離散と逃避行!愛する男に追われる泥棒娘」

      あらすじ

      三雲華(深田恭子)の家族が“Lの一族”だということが警察に知られてしまう。指名手配された華たち家族は落ち合う場所を決めて逃げていた。一方、華と交際していた桜庭和馬(瀬戸康史)は針のむしろ状態。典和(信太昌之)から“Lの一族”とは知らずに交際していたことを証明しろと言われてしまった。
      警察の捜査をかいくぐり、華たちは集合場所へ。そこで、尊(渡部篤郎)は華、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)にそれぞれ一万円と偽造免許証を渡し、新しい戸籍で生きるよう告げ、何十年先になるかわからないが必ず迎えに行くと三雲家の解散を宣言する。一方、和馬や巻栄一(加藤諒)たち捜査三課は、三雲家が身を隠しそうな都内の宿泊施設をしらみつぶしに調べていた。
      華は漫画喫茶に隠れていたが、尊からもらったなけなしの金を奪われてしまい出て行くことになる。華と入れ違いに、和馬が聞き込みに来たが二人が会うことはなかった。
      途方に暮れた華は、満足に食事も出来ずに街をさ迷ううちに倒れてしまった。華は場末のスナックのソファで目を覚ます。声をかけたのは店のママ、薄井佐知。華を救った佐知は食事を与え、事情も聞かずに店で働かないかと雇ってくれた。和馬はなぜ警察の上層部が執拗に“Lの一族”を追うのかを元警視総監の孫、橋元エミリ(岸井ゆきの)に尋ねるのだが・・・。

      第9話「最終章スタート!舞台は一年後―悲しき再会と衝撃のラスト!!」

      あらすじ

      三雲華(深田恭子)は、よりにもよって愛する桜庭和馬(瀬戸康史)に手錠をかけられ逮捕されてしまった。護送されるパトカーの中、華は和馬と愛を重ねた日々に思いをはせる。
      和馬は無事に捜査一課への異動が決まる。だが和馬はこの異動に疑問を持っていた。そこで和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)と会う。そして元警視総監のエミリの祖父に今回の人事の裏に何かあるか聞き出してほしいと頼んだ。エミリは祖父と話などできないと和馬の依頼を断る。エミリは、交際してほしいと言う自分の願いに対する和馬の答えを聞くが、和馬は誰かを好きになることは二度とないと告げる。
      1年後、三雲家のタワーマンションに、尊(渡部篤郎)、悦子(小沢真珠)、渉(栗原類)、マツ(どんぐり)が戻って来る。相変わらず同じマンションの住人たちから高級食材を盗む泥棒三昧の家族たちだ。1年経てば“Lの一族”など世間は忘れてしまっていると、尊たちは余裕を持っている。
      一方、1年前は華への思いから恋をあきらめようとしていた和馬は、なんとエミリと婚約し結婚式への準備を進めていた。また和馬は捜査一課で新たな事件捜査に乗り出す。飲食店で働く女性が2人連続で、3人組の男たちに連れ去られるという事件だった。捜査会議後、和馬は久しぶりに巻栄一(加藤諒)と会う。エミリと婚約したことに巻も驚きを隠せない。和馬は、なぜ自分がエミリに心を開くことになったのかを、巻に話し始める。

      第10話「60年前の封印された恋物語と祖父を殺した真犯人」

      あらすじ

      “Lの一族”に衝撃が走る。三雲華(深田恭子)の祖父、巌(麿赤兒)が死んだのだ。ニュースで伝えられた河川敷で発見された焼死体の“立嶋雅夫”は、尊(渡部篤郎)によると巌の偽装IDの名前だと言う。ショックを受ける華、そして信じようとしない悦子(小沢真珠)。マツ(どんぐり)も巌は簡単には死なないと言う・・・。
      桜庭和馬(瀬戸康史)は焼死体事件の捜査に着手。すると死体について新たな報告が入る。立嶋の直接の死因は鈍器のようなもので殴られたことで、焼かれたのはその後だった。つまり立嶋は何者かに殺害されたことになる。和馬は鈴木花という偽名をたどった必死の捜査で、華と再会することができた。そして河川敷の事件現場の近くに落ちていたと、1枚の写真を渡す。写っていたのは巌が身に着けていた錠前ネックレス。華は和馬に礼を言い、これ以上自分たちに関わらない方がいいと立ち去った。
      マンションに帰った華は、尊たちに写真を見せる。すると尊とマツはネックレスが本物かどうか確かめると言い出した。巌の錠前はマツが同じくネックレスとして身に着けている鍵で開くのだ。“Lの一族”は、錠前ネックレスを盗むため警視庁へと侵入。警察官に変装した華たちは渉(栗原類)のてんとう虫3号、円城寺輝(大貫勇輔)の力も借り、遺留品保管室に潜入してネックレスを盗むことに成功。マンションに戻った華たちが、マツの鍵で錠前が開くか試してみることに・・・。

      第11話「花婿が盗まれた!?泥棒娘と警察官の恋、完結!!」

      あらすじ

      三雲華(深田恭子)は“Lの一族”の力を借りて、橋元エミリ(岸井ゆきの)との結婚式最中の桜庭和馬(瀬戸康史)を奪い返した。隠れ家のタワーマンションで、尊(渡部篤郎)が和馬に事の経緯を話していると、エミリの祖父、英輔(浜田晃)が部下たちとともに踏み込んで来る。英輔は和馬に結婚式場へ戻るよう命令。逆らおうとする和馬だが、英輔の部下たちに強引に連れて行かれてしまい、華たち“Lの一族”は拘束されてしまった。
      結婚式場に和馬が戻されると、そこは報道陣であふれていた。後ほど詳細を説明すると報道陣をチャペルの中へ誘導した和馬は、典和(信太昌之)から頼んでいた資料を受け取り控え室にいるエミリの元へ向かう。エミリには、美佐子(マルシア)と巻栄一(加藤諒)が付き添っていた。
      その頃、拘束された華たちは、英輔にマツ(どんぐり)との過去の因縁から巌(麿赤兒)を殺したことは許せないと責めていた。しかし、身動きできない華たちには、英輔の部下たちの銃口が向けられている。すると、悦子は命乞いを始め、尊に英輔の過去について知っていることを全て話すよう懇願する。尊はなぜ英輔が巌を殺害するに至ったか、その経緯を話し出す。

      キャスト

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      登場キャラクター名 キャスト名
      三雲 華 深田恭子
      桜庭 和馬 瀬戸康史
      三雲 悦子 小沢真珠
      三雲 渉 栗原類
      三雲 マツ どんぐり
      桜庭 和一 藤岡弘、
      巻 栄一 加藤諒
      円城寺 輝 大貫勇輔
      桜庭 典和 信太昌之
      桜庭 美沙子 マルシア
      三雲 巌 麿赤兒
      三雲 尊 渡部篤郎
      キャストの詳細を見る ➔

      三雲 華(深田恭子)

      本作の主人公。Lのいち族・三雲家の娘。

      泥棒の才能を持っており、おじいちゃんに仕込まれたスリ能力はピカイチ。しかし根は真面目で盗みは良くないと思っており、警察である和馬と結婚を控えている為つねに引退し、普通に生活することを望んでいます。

      桜庭 和馬(瀬戸康史)

      華の恋人で婚約者。警視庁捜査三課の刑事。

      刑事としてとても優秀で、その洞察力は代々警察一家からのサラブレッドと言われています。華と結婚を控えていますが華がLの一族とは知らず、仕事でLの一族を捜査するようになります。

      三雲 悦子(小沢真珠)

      華の母親。Lの一族。

      美意識がとても高く、宝石などキラキラした宝飾専門の泥棒。美しいものに目がなく、何か欲しいモノができれば盗めばいいと考えています。辞めたいと言っている華をなんだかんだ引き止めています。

      三雲 渉(栗原類)

      華の兄。Lの一族。

      普段は自分の部屋に引きこもって一切家族とも顔を合わせないように生活しているコミュ障。しかし何かあった時は自身の持っている高いハッキング技術で家族を逃亡へ導きます。

      三雲 マツ(どんぐり)

      華のおばあちゃん。Lの一族。

      伝説の鍵師と言われており、マツにかかれば開かない鍵はりません。また、気配を消すことも得意としており、音一つ立てずに現れることができます。唯一華を理解してくれ、寄り添ってくれます。

       

      桜庭 和一(藤岡弘、)

      和馬の祖父。元警視庁捜査三課課長。

      鬼の桜庭として警察内では有名であり、瞑想を日課として今でも自ら志を高く持っています。華正体を知っているかは分かりませんが、和馬には華のことは諦めろと話しています。

      巻 栄一(加藤諒)

      警視庁捜査三課所属。

      和馬に対して何かと先輩ヅラしたがり口を出します。しかし和馬は面倒臭がらず信頼おける先輩として接しています。和馬のことを思い捜査一課へ入るために、Lのいち族の逮捕を勧めます。

      円城寺 輝(大貫勇輔)

      華の幼馴染で、華のことを思っています。

      Lの一族同様に泥棒で、突如華の前にあらわれてはミュージカル調の会話で想いを伝えています。しかしなかなか思いが通じないことがわかると、華と和馬のことを応援します。

      桜庭 典和(信太昌之)

      和馬の父親。警視庁警備部SAT隊長。

      華が警察一家でないということで結婚に猛反対していました。しかし、和馬が捜査一課に入るということを条件に結婚を許すようになります。

      桜庭 美沙子(マルシア)

      和馬の母親。

      警視庁鑑識課の非常勤職員。

      夫・典和と同様、華と和馬の結婚・交際を猛反対しています。華と会っても敵意を出すことも。不意に三雲家と顔を合わせることになり、その時から三雲家に怪しい雰囲気を感じています。

      三雲 巌(麿赤兒)※写真左側

      華のおじいちゃん。Lの一族。

      伝説のスリ師と言われており、華に泥棒の心得や技術を叩き込んできました。おばあちゃん・マツからは死んだと言われていましたが実は生きており、家に寄り付いていないだけ。

      三雲 尊(渡部篤郎)

      華のお父さん。Lの一族。

      美術品の窃盗を専門とする品のあるダンディー男。三雲家の中心人物であり、どこに盗みに入るかなど指示を出しています。鋭い洞察力を持っている為、ぬらりくらり警察の目を盗んで捕まったことがありません。

      スタッフ

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      原作 横関大
      脚本 徳永友一
      演出 武内英樹品田俊介洞功二
      スタッフの詳細を見る➡

      原作は「再会」で江戸川乱歩賞を受賞の横関大さんです。

      大学生のときに小説を書き始め、大学卒業後、東京都内でアルバイトをしながら小説家を目指します。

      カルチャースクールの創作教室に通っていたときに、ミステリー系の短編を執筆で評判がよく、純文学からミステリーに転向。

      20代後半で地元に戻り富士宮市職員として働きながら、2002年から8年連続で江戸川乱歩賞に応募し、2006年「ライダーズ・ハイ」、2007年「聖クレーマーの憂鬱」、2008年「ハーネス」で、最終候補作に残ります。

      2010年「再会」で第56回江戸川乱歩賞を受賞し作家デビュー

      代表作は「K2 池袋署刑事課 神崎・黒木」シリーズ、「ルパンの娘」シリーズ、「沈黙のエール」、「仮面の君に告ぐ」、「いのちの人形」、「彼女たちの犯罪」、「アカツキのGメン」、「誘拐屋のエチケット」など多数あります。

      脚本は「電車男」、「ホームレス中学生」の徳永友一さんです。

      (左が徳永友一さん)

      この投稿をInstagramで見る

       

      Re.muse(@re.muse_ordersuits)がシェアした投稿 -

      2001年、獨協大学法学部法律学科卒業後、総合人材サービス会社インテリジェンスに勤務し、ナレッジマネジメントに従事します。

      翌年、オリジナル作品「同棲倶楽部」が第14回フジテレビヤングシナリオ大賞最終選考対象作品に選出され、2005年にテレビドラマ「電車男」第6話の脚本で地上波デビューします。

      2017年、フリーとなった現在は、映画や漫画にも活動の幅を広げ、2019年には「翔んで埼玉」で第43回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞受賞しました。

      代表作は「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」、「嫌われる勇気」、「海月姫」、「グッド・ドクター」、「刑事ゼロ」、「約束のステージ〜時を駆けるふたりの歌〜」、「ストロベリーナイト・サーガ」、「ルパンの娘」シリーズ、映画「翔んで埼玉」、「かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜」、「カイジ ファイナルゲーム」、「ライアー×ライアー」など多数あります。

      [/su_spoiler]

      主題歌:サカナクション「モス」

      主題歌は2019年8月21日にリリースされたサカナクションの「モス」

      1980年代の音楽に影響されて作られた楽曲であり、当時を習って今では珍しい8センチCDでリリースされました。

      ルパンの娘は制作段階から流行りのドラマとは一風変わったドラマにしようとしていました。そのため、個性的で衝撃的なイントロ、高揚感を感じさせてくれる「モス」を主題歌にしたと言われています。

      「ルパンの娘1(2019)」の見逃し無料動画(1話~最終回)を全話視聴するにはTSUTAYAディスカス/TVの無料おためしを利用しよう!

      ここまで、「ルパンの娘1(2019)」の見逃し無料動画(1話~最終回)を全話視聴する方法や、Pandora/Dailymotion/9tsuなどの違法サイトで見れるかについて見てきました。

      最後にもう一度、本記事の内容を振り返ってみます。

      本記事の内容
      • 「ルパンの娘1(2019)」の再放送情報
      •  「ルパンの娘1(2019)」の見逃し無料動画(1話~最終回)を全話視聴する方法を3つ厳選してご紹介
      • 「ルパンの娘1(2019)」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

      1番のおススメは「TSUTAYAディスカス/TV」の30日間無料キャンペーンを利用する方法だったね。

      ただし、いつこのお得なキャンペーンが変更・終了するかわからないので、早めに無料体験するのがおススメです。

      あなたに合った動画配信サービスで、ぜひ素敵な動画ライフを楽しんでね。

      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。
      ※本ページの情報は2021年7月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。