この記事では、「愛の渦」の動画フルを無料視聴する方法についてまとめています。

  • 「愛の渦」を無料で見る方法が知りたい。
  • 無料映画シアター/Pandora/Dailymotionなどの違法サイトでも見れる?
  • 動画配信サービスっていくつかあるけど、どれがおススメ?

    こんな疑問や悩みが解決できる記事になっています。

     

    2006年、第50回岸田國士戯曲賞を受賞した、演劇ユニット「ポツドール」の舞台劇を、その主宰者でもある三浦大輔さん自らが映画用に脚本を書き、監督を務めたR18+指定作品「愛の渦」。

    年齢も肩書もバラバラなごく普通の男女が乱交パーティーを行うためにマンションの一室に集まり、欲望、嫌悪感、劣等感など様々な感情に振り回されながら、人間の本質やせつなさを浮き彫りにしていく物語となっています。

    主人公を演じたのは池松壮亮さん。ヒロインには門脇麦さん。脇を固めるのは、滝藤賢一さん、田中哲司さん、窪塚洋介さんなどベテラン俳優が揃っています。役者さんたちの体当たりな演技に目が離せませんね。

    人間の欲望や、感情がリアルに伝わってくるそんな映画になっています。

     

    本記事の内容

    • 「愛の渦」の動画フルを無料視聴する方法を4つ厳選してご紹介
    • 「愛の渦」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

    この記事を書いているボクは、これまで10社以上の動画配信サービスをタダで利用し、今も複数のサービスを契約しているVODマニア。

    この記事を読めば、「愛の渦」を無料視聴するための、あなたにとって最適な方法がきっと見つかるはず。

    それでは、さっそく見ていきましょう。

    ▼説明抜きで今すぐ見たい方はコチラ▼

    ↓ ↓ ↓

    \30日間無料キャンペーン実施中/
    無料期間中の解約で、0円。

    無料映画シアター/Pandora/Dailymotionで「愛の渦」を見るのは危険!

    違法サイトは危険

    まず、Youtubeや無料映画シアター/Pandora/Dailymotionなどの違法サイトで、「愛の渦」の動画が見れるか確認してみました。

    違法サイト例

    • Pandora(パンドラ)
    • Dailymotion(デイリーモーション)
    • miomio(ミオミオ)
    • 9tsu
    • Kissanime
    • anitube
    • b9

    上記サイトを調査したところ、記事執筆時点では「愛の渦」の動画は見つかりませんでした。

    調査結果を見る →

    愛の渦Pandora

    Pandoraを調査したところ、ヒットした動画はありませんでした。

    愛の渦Dailymotion

    Dailymotionも調査したところ、4件の動画がヒットしました。しかし、予告編や関連動画で本編が見られるものではありませんでした。

    ただし、今後万が一見つかったとしても、これらの無料動画サイトで視聴するのはおススメできません

    理由はつぎのとおり。

    違法サイトをおススメしない理由

    自分では気づかずに違法行為になる可能性も。ホント怖い。

    また、以下はほんの一部ですが、実際に被害にあった事例も多数報告されています。

    違法サイトは主に海外サーバーが使われてる。取り返しがつかなくなることもあるよ。

    公的機関でも、違法動画の処罰について明記されています。

      あくまでも自己責任ですが、これだけのリスクを抱えて違法サイトで見るメリットは全くありません

      つぎに紹介する公式の動画配信サービスを使って、安心・安全に楽しもう。

      「愛の渦」の動画フルを無料視聴できる動画配信サービス一覧

      つぎに、国内の主要動画配信サービスでの、「愛の渦」の配信状況をまとめてみました。

      調査結果を確認する ➡

      〇:無料、△:有料、×:配信なし

      配信サービス 配信状況 無料期間と月額とポイント
      U-NEXT × 31日間無料
      月額2,189円
      600P付与
      TSUTAYAディスカス/TV 30日間無料
      月額2,659円
      1,100P付与
      ディズニープラス × 31日間無料
      月額770円
      ポイントなし
      Hulu × 2週間無料
      月額1,026円
      ポイントなし
      music.jp 30日間無料
      月額1,958円
      1,600P付与
      FODプレミアム 2週間無料
      月額976円
      500~900P付与
      ABEMAプレミアム 2週間無料
      月額960円
      ポイントなし
      dTV × 31日間無料
      月額550円
      ポイントなし
      Paravi 14日間無料
      月額1,017円
      ポイントなし
      Amazonプライム 30日間無料
      月額500円
      ポイントなし
      TELASA 15日間無料
      月額618円
      ポイントなし
      Netflix 無料期間なし
      月額990円
      ポイントなし

       

      調査の結果、TSUTAYAディスカス/TVmusic.jpFODプレミアムABEMAプレミアムParaviTELASAの6つのサービスで無料視聴できることがわかりました。

      今回はこの中から、おススメの次の3つの方法をご紹介します。

      おススメの3つの方法

      1. TSUTAYAディスカス/TVを使う方法 おススメ
      2. music.jpを使う方法
      3. FODプレミアムを使う方法

      ちなみに、ABEMAプレミアム、Paravi、TELASAをおススメから除外する理由は以下の通りです。

      ABEMAプレミアム
      • 無料期間が2週間で短い
      • 作品のラインナップが少ない
      • 映画での英語字幕がつけられない
      Paravi
      • 初回登録時のポイント付与がない
      • ポイント利用作品が多く、見放題作品が少ない
      • TBSやテレ東以外の作品のラインナップが少ない
      TERASA
      • 初回登録時のポイント付与がない
      • ポイント利用作品が多く、見放題作品が少ない
      • テレビ朝日系列以外の作品のラインナップ数が少ない

      それでは、「愛の渦」を無料視聴できる方法をそれぞれ1つずつ解説していきます。

      TSUTAYAディスカス/TVを使って「愛の渦」の動画フルを無料視聴する方法

      TSUTAYAのセットプラン

      TSUTAYAディスカス/TVの概要とメリット・デメリット

      TSUTAYAディスカス/TVは、

      • 動画配信サービス(TSUTAYA TV)
      • 宅配レンタル(TSUTAYAディスカス)

      の2つがセットになったサービス。

      「愛の渦」はTSUTAYA TVを利用して無料で見ることができます。

      TSUTAYATV愛の渦

      そんなTSUTAYAディスカス/TVの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      TSUTAYAディスカス/TVの基本情報

      項目 内容
      月額料金 2,659円
      無料期間 30日間
      ポイント特典 1,100P
      作品数 10,000本以上(TSUTAYA TVのみ)
      同時視聴 1~2台(作品による)
      ダウンロード機能

      TSUTAYAディスカス/TVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカスTVの6つのメリット

      TSUTAYAディスカス/TVの2つのデメリット

      TSUTAYAディスカスTVの2つのデメリット

      正直、TSUTAYA TVはほかの動画配信サービスとの違いはそこまでない。でもTSUTAYAディスカスの品揃えはマジでスゴイ。ここでしか見れない作品も多いので、要チェックだよ。

       >>TSUTAYAディスカス/TVを詳しく見る

      TSUTAYAディスカス/TVで「愛の渦」を見た後におススメの作品

      TSUTAYAディスカス/TVの無料期間は業界トップクラスの30日間。

      なので「愛の渦」が見終わったら、無料で見れるほかの作品もぜひチェックしておきたいですね。

      TSUTAYA TVのおススメ作品

      TSUTAYA TVは見放題作品をたくさん取り揃えているほか、無料お試しでもらえる1,100ポイントを使えば、有料作品も2本ほど無料で見ることができます。

      池松壮亮出演作品

      TSUTAYATV池松壮亮出演作品

      • セトウツミ
      • 海を感じる時
      • デスノート Light up the NEW world
      • 紙の月
      • 宮本から君へ【テレビ東京オンデマンド】
      • 万引き家族
      • 散り椿
      • 他28作品
      門脇麦出演作品

      TSUTAYATV門脇麦出演作品

      • 二重生活(邦画)
      • オオカミ少女と黒王子
      • 止められるか、俺たちを
      • 太陽
      • 世界は今日から君のもの
      • さよならくちびる
      • ナミヤ雑貨店の奇蹟
      • 他15作品
      新井浩文出演作品

      TSUTAYATV新井浩文出演作品

      • 百円の恋
      • 永遠の0
      • 魔女の宅急便
      • HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス
      • 寄生獣 完結編
      • 映画『闇金ウシジマくん』
      • 泣き虫しょったんの奇跡
      • 他35作品

      TSUTAYAディスカスのおススメ作品

      ご紹介する作品は、すべて準新作・旧作に絞っているので、どの作品も無料でレンタル可能です。

      池松壮亮出演作品

      TSUTAYA池松壮亮出演作品

      • WE ARE LITTLE ZOMBIES
      • よこがお
      • 町田くんの世界
      • 斬、
      • 君が君で君だ
      • デザイナー 渋井直人の休日
      • ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project- Vol.1(ファンキー/Our Birthday)
      • 他61作品
      門脇麦出演作品

      TSUTAYA門脇麦出演作品

      • 大河ドラマ 麒麟がくる 総集編
      • 大河ドラマ 麒麟がくる 完全版
      • チワワちゃん
      • ここは退屈迎えに来て
      • 花筐/HANAGATAMI
      • KOKORO
      • サニー/32
      • 他26作品
      新井浩文出演作品

      TSUTAYA新井浩文出演作品

      • 散り椿
      • このマンガがすごい!
      • 連続ドラマW イノセント・デイズ
      • 犬猿
      • 斉木楠雄のΨ難
      • 奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール
      • フランケンシュタインの恋
      • 他79作品

      >>おススメ作品も合わせて楽しむ!

      TSUTAYAディスカス/TVの口コミ・評判

       >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料おためし

      TSUTAYAディスカス/TVの登録・解約方法

      TSUTAYA登録方法は2ステップ

      登録・解約も簡単ですので、この機会にぜひ登録してみてください。

      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの登録手順
      1. TSUTAYAディスカス/TVから「今すぐ30日間無料トライアル」をタップ。
      2. 名前、メールアドレス、クレジットカード情報を入力して、会員登録。
      3. 登録完了メールが届いたら、完了です。
      【簡単3ステップ】TSUTAYAディスカス/TVの解約手順
      1. マイページから「マイメニュー」をタップ。
      2. 「登録情報の確認」から、「サービス解除申請」をタップ。
      3. 「申請を完了する」をタップし、メールが届いたら、完了です。
      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。

      music.jpを使って「愛の渦」の動画フルを無料視聴する方法

      music.jp公式サイト

      2番目は「music.jp」。

      music.jpは、業界トップレベルの30日間の無料期間と、なんといっても業界No1の1,600ポイントが無料でもらえるのが最大の魅力。

      「愛の渦」も、もらったポイントで無料で見ることができます。

      music.jp愛の渦

      そんなmusic.jpの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      music.jpの基本情報

      項目 内容
      月額料金 1,958円
      無料お試し期間 30日間
      ポイント特典 1,600P
      作品数 180,000本以上
      同時視聴 1台
      ダウンロード機能

      music.jpの5つのメリット

      musicの5つのメリット

      music.jpの2つのメリット

      musicの2つのデメリット

      music.jpは、ほとんどがレンタル作品

      なので、いろんな作品を見放題で見たいという人よりも、あらかじめ見たい作品が決まっている人におススメ。

      「最新作のドラマや映画をいち早く見たい!」という人向け。初回登録で1,600ポイントももらえるので、無料期間中にサクッと使って解約しちゃうのもアリだよ。

       >>music.jpを詳しく見る

      FODプレミアムを使って「愛の渦」の動画フルを無料視聴する方法

      FODプレミアム無料登録

      3番目は「FODプレミアム」。

      「愛の渦」も配信されていますので、無料で見ることができます。

      FOD愛の渦

      FODプレミアムはフジテレビ系のコンテンツに強い動画配信サービス。

      そんなFODプレミアムの基本情報やメリット・デメリットをまとめてみました。

      項目 内容
      月額料金 1,000円
      無料お試し期間 2週間
      ポイント特典 100P+8の付く日に400P
      作品数 50,000本以上
      同時視聴 1台
      ダウンロード機能 ×
      FODプレミアムの5つのメリット
      • 2週間の無料トライアル実施中
      • フジテレビ系のバラエティ・ドラマが豊富
      • 毎月最大1,300円分のポイントがもらえる
      • 対象マンガや雑誌100誌以上も読み放題
      • 電子書籍購入で20%ポイント還元
      FODプレミアムの3つのデメリット
      • フジテレビ系作品以外の動画コンテンツが少ない
      • 動画のダウンロードができない
      • 複数端末での同時視聴ができない

      動画のダウンロードができないなど、観るシチュエーションが限られるのが難点です。

      とはいえ、国内ドラマに強いHuluでも見れないフジテレビ系の国内コンテンツが揃っているのが最大の魅力。

      フジテレビ系の国内コンテンツを楽しみたいなら、FODプレミアム一択。でも、意外とフジ系以外のコンテンツも充実してるからチェックしてみて。

       >>FODプレミアムを詳しく見る

      「愛の渦」の作品紹介

      この投稿をInstagramで見る

       

      佐藤望(@ns19610401)がシェアした投稿

      ここからは、「愛の渦」を120%楽しむための作品情報についてお伝えしていきます。

      気になる情報を、ぜひチェックしてみてください。

      基本情報

      タイトル 愛の渦
      原作 愛の渦(舞台劇)
      公開 2014年3月1日
      制作会社 ステアウェイ
      Wikipedia 愛の渦

      あらすじ・見どころ・感想

      あらすじ・見どころを見る ➡

      「愛の渦」は、もともと演劇ユニット「ポツドール」の舞台劇で、2006年岸田國士戯曲賞を受賞した作品です。

      乱交パーティーを目的とし、見ず知らずの男女の本音が交差する性欲がテーマとなった会話劇を、その主宰の劇作家、三浦大輔さんが自ら映画用に脚本を書き、監督を務め、20014年に映画公開となりました。

      性欲がテーマとなっているため、映画でも過激なシーンが多くR18+指定作品となっていますが、ただエロさだけではなく、心に秘めている欲望や、感情、人間の本質を浮き彫りにしていく物語です。

       

      高級マンションの一室に設けられた秘密クラブ、ガンダーラで開かれる乱交パーティーに、ニート、フリーター、サラリーマン、女子大生、保育士、OL、ピアスだらけの女性、この男女8人が、ただセックスがしたいという共通の欲望と目的で集まったのですが、全身バスタオル1枚という姿で気まずい雰囲気が漂い、さらに体を重ねるということに抵抗を感じる相手も出てきてしまいます。

      その中で様々な駆け引きが展開していき、ニートは女子大生に対して特別な感情を抱き始め…。

       

      この主人公のニートの青年を演じたのは「半分の月がのぼる空」や、「セトウツミ」、「MOZU」シリーズなど数々の映画やドラマで活躍している池松壮亮さん。本作の「愛の渦」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

      ヒロインの女子大生を演じたのは、「二重生活」や、「世界は今日から君のもの」などで主演を務めた門脇麦さん。今ではドラマや映画で様々なジャンルの役を演じ、活躍している女優さんなのですが、本作ではオーディションでこの役を勝ち取り、初めての濡れ場やヌードに挑戦し、素晴らしい演技を見せ、話題を集めましたね。

      さらに滝藤賢一さん、田中哲司さん、窪塚洋介さんなど実力と個性を兼ね備えたベテラン俳優陣が脇を固め、この映画を盛り上げています

      役者さんたちの体を張った演技に目が離せません。

      この作品を作り上げた三浦監督は舞台あいさつで「エロでもグロでもないエンタテインメント。人間のスケベ心を直球勝負で書いたので、共感してもらえるはず」と言っているように、刺激的な作品で、見るのに抵抗や勇気がいるかもしれませんが、本当に私たち人間の欲望をリアルに表現してあり、渦巻く感情に納得したり、考えさせられたりと、楽しめる作品になっていると思います。

      感想を見る ➡

      結末がどうなるか面白がって観られるシニカルコメディ

      体当たりの役者魂のぶつかり合い!

      「何者」や「娼年」の三浦大輔監督作品。当時は本当に衝撃でした。これ邦画ですよね?そこそこ有名な俳優さんたち、ずっと裸なんですけど?的な感じです(笑)「MOZU」ではサイコパスな役柄で魅了した池松壮亮が”ニート”役の主人公。お相手は垢抜けず冴えない”女子大生”門脇麦。門脇麦の底力、圧倒的。二人ともずっとコミュ障、無表情。乱交パーティーなので、そりゃ目的はそれなんですけど、はじめまして…でよそよそしさから始まり、徐々に登場人物の仮面がはがれていきます。いろいろなキャラクターが見事にキャラ立ちしていて、罵詈雑言や悪態で醜く形相を変えます。人間の醜さ、要領の良さ、都合主義…体とともに感情もむき出しになり、ありとあらゆる欲望が、「ああ、リアルに見たことあるわ」と共感を得たでしょう。パーティーメンバーのそれぞれも実際のキャラクターに近しいような完璧な配役だったように感じました。カップル役の二人、最高だったな(笑)新井浩文、素っぽいです(笑)最後はもう何だったっけ?くらいの感想しか残らない。この作品にエロを求めても無駄です。もはやスポーツ化されているので!(笑)ニートは”渦”に飲み込まれ、女子大生はつかの間の”渦”を楽しんだのかしら?結末がどうなるか、面白がって観られる作品です!
      Rii(30代・女性)

      声を大にして語ることはできない愛の物語

      門脇麦の脱ぎっぷり・・・

      愛の渦というタイトルから想像したのとは、全く違ったこの映画。一言でまとめると、閑静な住宅街の一室に集まった8人の男女の物語です。彼らは皆、乱行パーティーに参加するため、たまたまその日に集まっただけという始まりですが、その参加者には、門脇麦と池松壮亮が主役として出演しています。物語は、池松壮亮演じるニートが門脇麦演じる大学生に恋をしたところから、空気が変わっていき、変化していく男女の刹那的な感情や、人間模様を描いています。映像のほとんどがセックスをしているシーンですが、人間の欲望を感じることができます。一番驚いたのは、門脇麦の脱ぎっぷりであり、大人しい人見知りでうつむきがちな大学生がセックスを通じてだけ、自分を本能的にさらけ出せるというところに少しばかり共感することができました。池松壮亮もニートを演じていますが、冴えない20代の男性を見事に演じ切っていて、見入ってしまいました。また、脇を固める俳優陣の新井浩文、滝藤賢一も魅力的でした。この映画を通して、自分の知らない世界がまだまだあることに気づいたり、欲望に正直に生きる人たちのカッコよさのようなものも感じました。話題になった映画なので、一度はみることをおすすめします!
      ピッピ(20代・女性)

      エロスだけじゃない!欲望を剥き出しにしたドロドロの人間模様も楽しめる作品

      今をときめく大河女優さんのセクシーな姿にドキドキ

      性欲を満たすために、見ず知らずの男女が密室に集まるところからストーリーがはじまります。作中には、生々しい濡れ場もあるのでR18指定の映画となっています。男女が相手を変えて、何回も情事を行うというストーリーには、現実では味わうことのできないスリルを楽しめます。見どころは何といっても、大河に出演している門脇麦さんのヌードシーンがあるところです。純朴で幼さの残る顔で裸になり、俳優さんとキスをしたり絡み合っている姿は、いけないものを見ている背徳感からエロスを感じます。そして、単に濡れ場の多い映画ではなく、ドロドロとした人間模様がしっかりと描かれているのも魅力です。外見で人を判断して、見下していても、普段はそれを隠して生活している。けど、裸になって欲を満たすために集まった男女は、開放的な雰囲気から、素の自分が隠せなくなります。「デブの男性とはやりたくない」「あの女より自分の方がマシ」など、人間の醜い部分が出てきて、「それ分かるかも。。。」と共感してしまう自分が恥ずかしくなったり。そして、クライマックスが意外な展開でびっくりしました。最後まで気が緩むことなく作りこまれています。飽きることなく観ることができて、満足感のある作品です。
      みかん(20代・女性)

      人間の醜い部分がエロを起点に晒される映画です。

      ラストシーンで男女の違いがむき出しになる。

      この映画は、最後のシーンで、男女の愛とか性の意識の違いがむき出しになるセリフが出ます。そこが一番の見どころです。そこのために積み重ねてきたと言っても過言じゃないのかもしれません。乱交パーティーがテーマ、というとエロ映画のように思われるかもしれませんが、その認識はあってます。間違いなくエロ映画。でも、ただのエロ映画ではなく、人間の醜い部分がむき出しになっているのが特徴です。ただ、不思議なことにポツドールの作品は割とそうなんですが、人間の醜さを描いているのに、どこか楽しんで観れる感覚があります。重くなりすぎず、エンターテイメントとして楽しめる余白を残してくれているんですよね。ストーリーの冒頭、それぞれがよそよそしく当たり障りのない話から探り合っていく様子も面白いです。乱交パーティーなんだから、100%ソレ目的で来ているはずなのに、タオル一枚でみんなが肩を寄せ合って正座して、礼儀正しく話し始めるのはなんとも滑稽。こういうのは日本人ならではなのかもしれません。でも、次第に打ち解けていったと思ったら、さっきまで可愛い可愛い言っていた女の陰口をこっそり言い合っていたり、全く必要のない見栄を張ってみたり、ヒエラルキーがいつの間にかできていて、大して知りもしない他人を見下したり・・・。人間の醜い部分がどんどんむき出しになっていくのが面白かったですね。そういうものを見て、面白いと思う自分も、相当醜い存在なんでしょうが。ポツドールの持ち味がスクリーンでも遺憾無く発揮されていて心地よかったです。
      アルコー(30代・男性)

      恋愛でくよくよしてる暇があったらこれを見てほしい。

      人間て面白い、、、

      愛の渦はとても面白く、愛や性欲、嫉妬について考えさせられる何とも言えない深い作品でした。性欲を満たすためだけに集まった男女がセックスをする。そんな単純な話だと思っていましたが、作品を見終わった時には人っていろんな人がいて一人一人考えていることも違ってそんな人たちがたくさんいるこの世界は面白いし、まだまだ私の知っている世界は狭いなと思いました。この作品からこんなにも沢山のことを学べるとは思っていなかったし、正直ただのエロい映画と思っていたので驚きました。ニートな男がおとなしそうな眼鏡の女子大生とセックスすることになり、はじめは本当にこの二人でセックスするのか、なんかおどおどしてるしなと思っていましたが、いざ始まれば、とても綺麗で愛を確かめ合っているような二人が羨ましかったです。行為が終わり別の人とまた行為をすることになり、ニートは女子大生に嫉妬していて、一度セックスをした相手でも嫉妬心を抱くということに納得してしまいました。二人の行為は愛を確かめるように見えていたからです。他にも登場人物はいて、彼らは朝まで乱交するのですがそれぞれがそれぞれに何かを抱えているように見えて、それでもセックスすることによって何かを発散していたり何かを見つけたりとセックスってこんなにも大切なものなんだと気づかさせられました。評価は5点満点です。エロくてここまで人について考えることのできる作品はこの作品以外他にはないと思うからです。
      ゆきちくん(20代・女性)

      多種多様の人物が描かれていました。

      ただのエロではなく、人間ドラマもあり。

      高級マンションの一室には、性行為を目的とした男女が集まります。それぞれ年齢も職業も性格も異なる、全員が初対面の関係です。知名度もある演技派の役者さん達が、体当たりの演技をしていたのは驚きでした。性行為だけが目的だったとしても、生理的に無理な人も居て…「キツいなぁ」とつい顔を歪めてしまうシーンもありました。間の会話や空気感がリアルで、実際にこういう場があったら、本当にこういう感じなんだろうな…と思えました。上空から行為中のベッドを映していくシーンは、なんだか芸術的だと思ってしまいました。薄暗くて広々とした空間もまた、雰囲気があって良いですね。演出や魅せ方の技術が高かったので、見ごたえはありました。決してコメディ映画ではありませんが、笑えるポイントも多いので、エロ要素だけではないのもこの作品の魅力ではないでしょうか。とは言っても、たとえ欲求を満たすための集まりだったとしても…満たされるのは一時的なものでしょう。寂しがりな女性は特に、虚無感が残ってしまいそうですね。情緒不安定な時に見たら病んでしまう人も居るかもしれないです。あと男性2万円という会費はなかなか高いですね。一度の経験としては良いのかもしれませんが。
      ゆうまる(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      キャスト

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      登場キャラクター名 キャスト名
      ニート 池松壮亮
      女子大生 門脇麦
      サラリーマン 滝藤賢一
      保育士 中村映里子
      フリーター 新井浩文
      OL 三津谷葉子
      工員 駒木根隆介
      常連 赤澤セリ
      カップル(男) 柄本時生
      店員 窪塚洋介
      キャストの詳細を見る →

      ニート(池松壮亮)

      決まりの悪い感じでこの乱交パーティーに参加しました。内気な雰囲気で、他の人間と会話をすることはありません。

      唯一相手になった女子大学生とは、言葉を交わし心を許していきます。

      女子大生(門脇麦)

      この投稿をInstagramで見る

       

      佐藤望(@ns19610401)がシェアした投稿

      自らの意志で乱交パーティーに参加します。しかし、最初は積極的ではありません。

      そうかと思えば、ニート青年には大胆なアプローチを仕掛けるなどつかみどころのない人物です。

      サラリーマン(滝藤賢一)

      この投稿をInstagramで見る

       

      miki komatsu(@mk07777777)がシェアした投稿

      乱交パーティーには、最初は紳士的な振る舞いで参加していました。

      しかし、次第に好色家の醜い人間性をあらわしていきます。

      保育士(中村映里子)

      乱交パーティーがはじまったときには、他の参加者と気軽に明るく会話をしていましたが、時間が経つにつれ、不機嫌な態度をしたり、相手が傷つくような言葉をぶつけます。

      フリーター(新井浩文)

      この投稿をInstagramで見る

       

      佐藤望(@ns19610401)がシェアした投稿

      乱交パーティーの序盤から、欲望を隠すことなく積極的にアプローチをかけていきます。

      しかし、自分の要望が通らないと相手の人格を否定するようなことをいい、周囲の雰囲気をぶち壊す傲慢な人物です。

      OL(三津谷葉子)

      この投稿をInstagramで見る

       

      ゆちゃ(@yuchiya5)がシェアした投稿

      最初は周囲の様子をうかがい、おとなしい印象でしたか、一度タガが外れると積極的に男性を求めていきました。

      しかし、美女でありながらも身体の一部に重大な問題を抱えています。

      工員(駒木根隆介)

      この投稿をInstagramで見る

       

      @nyanko.28がシェアした投稿

      最初から欲望丸出しで参加しました。

      しかし、童貞であり、女性陣からはドン引きされます。

      常連(赤澤セリ)

      乱交パーティーの常連。

      態度はデカいですが、童貞の工員に手ほどきをしてあげるなど、優しい一面ももっています。

      カップル(男)(柄本時生)

      パーティーが佳境に差し掛かった頃、突然カップルで現れます。

      激ぽちゃの彼女がニートと交わっているのを見て、嫉妬で激怒し口喧嘩をはじめました。

      店員(窪塚洋介)

      チンピラ風の店員ですが、パーティーのルールはきちんと守り、従わないものには毅然とした対応をします。

      スタッフ

      ※青色のリンクがあるキャストは、クリックすると関連作品や詳細が確認できます。

      監督 三浦大輔
      原作 三浦大輔
      脚本 三浦大輔
      スタッフの詳細を見る➡

      今回の作品で監督を務めたのは、演劇界の鬼才と呼ばれる三浦大輔さんです。

      劇作家で、演出家、映画監督の三浦大輔さんは、早稲田大学演劇俱楽部10期生を中心に作られた劇団ユニット「ポツドール」の主宰者でもあります。

      ドキュメンタリーや、リアリティーショーの手法を取り入れ、性に関する過激なテーマをリアルな会話劇で描くスタイルを完成させ、「セミドキュメント」と称されています

      映画監督としても活躍しており、2003年自主映画「はつこい」では監督、脚本を手掛け、ぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞。2010「ボーイズ・オン・ザ・ラン」で商業映画監督デビューを果たし、その後本作「愛の渦」では岸田國士戯曲賞を受賞しています。

      その他にも2016年、佐藤健さん有村架純さん出演の映画「何者」や、2018松坂桃李さん主演の話題作「娼年」などで監督、脚本を手掛けています。

      三浦監督は映画ファンからも高く評価されていて、現代の若者の感情などリアルに繊細に引き出すことが出来る素晴らしい監督の一人ですね。

      「愛の渦」以外のおススメ作品

      「愛の渦」の動画フルを無料視聴するにはTSUTAYAディスカス/TVの無料おためしを利用しよう!

      ここまで、「愛の渦」の動画フルを無料視聴する方法や、無料映画シアター/Pandora/Dailymotionなどの違法サイトで見れるかについて見てきました。

      最後にもう一度、本記事の内容を振り返ってみます。

      本記事の内容
      • 「愛の渦」の動画フルを無料視聴する方法を4つ厳選してご紹介
      • 「愛の渦」を120%楽しむためのあらすじ・キャスト・感想などをご紹介

      1番のおススメは「TSUTAYAディスカス/TV」の30日間無料キャンペーンを利用する方法だったね。

      ただし、いつこのお得なキャンペーンが変更・終了するかわからないので、早めに無料体験するのがおススメです。

      あなたに合った動画配信サービスで、ぜひ素敵な動画ライフを楽しんでね。

      \30日間無料キャンペーン実施中/
      無料期間中の解約で、0円。
      ※本ページの情報は2021年6月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。