Loading...
この年、最も忘れられない映画だ!
Observer
この映画は、自己の発見と悟りの瞬間を描く。
ジョエル・エドガートン監督は、その知性と優しさで悲惨な主題でありながらも、希望に満ちた作品へと昇華させた。
ルーカス・ヘッジズの繊細で卓越した演技も素晴らしい!
Moviefone
豊かな人間性に溢れ、観る者の感情を揺さぶる。
記憶に残る物語だ。
Hollywood Reporter
この映画を観れば、LGBTQの子供たちとその両親が、理解し合い一緒に暮らせるかもしれないと思う。
とても価値のある作品だ。
Variety
傑作だ!
Awards Daily
自分自身を発見する旅を描いた原作者の体験は、
映画化されることで、感動的で、より強い説得力を持った。
この映画は結論を押し付けるのではなく、観客に問いを投げかけている。
Deadline
『ある少年の告白』は傑作であり、そして重要な映画だ。主人公と同じような悩みを抱える若者の、命を救うことができるかもしれない。
ありのままでいい。変わらなければならないのは、周りの世界の方なのだと気づかせてくれる。
The WARP
見事な完成度!
この映画は、人生を変える力を持っている。
Gollider
これは、語られるべき物語だ。
Splash Report
ジョエル・エドガートン監督は、この物語を誠実に描いた。
そして、全てのシーンにおいて完璧で洗練された演技を見せるキャスト。
この年、最も心に残る映画のひとつだ。
Observer
★★★★
観る者の心を撃ち抜く!
Rolling Stone
誰かに促がされるではなく、能動的に「自分について明らかにする」ことを選択した10代の若者。
ルーカス・ヘッジズは驚くべき知性で、この難役を見事に演じきった。
Vulture